新生・高松市ヨット競技場で開催。満開の桜を背景にレーザー四国選手権

  • 10
  • Apr

 3月31日から4月1日、高松市ヨット競技場で「レーザー四国選手権」を開催しました。東は道東フリート、南は福岡フリートからエントリーいただき、なんと58艇もお迎えすることとなりました。(レポート・写真提供/レーザー高松フリート 山田佳明)

2018-04-10_01
桜満開の屋島を背景にダウンウインドレグを走る艇団。レーザー四国選手権は春らしい陽気のなかでおこなわれました

 建て替え工事中の高松市ヨット競技場は2017年10月に新艇庫棟が完成し、現在最終工期で駐車場等の工事を実施中です。新艇庫になってから、県外からのお客様をお迎えするのは初めてのことです。

 レース初日は予報を裏切り、20度方向から10ノットの風が入り、なんと奇跡的に、午後からの半日で3レースを実施できました。

 2日目はベタ凪の予報。予報通りではあったものの、40度から不安定ながらも4ノット程度のブローが入り、思い切って出艇しました。

 なんとかブローが海面に広がり、奇跡的にスタンダードクラスをスタート。しかしながら、3マーク回航後ブローが徐々に弱くなり、そのままノーレースとなりました。

 大潮の強烈な潮流と微風に悩まされる、瀬戸内海特有のレースを制したのは、レーザークラス・藤井章一郎選手、ラジアルクラス・丸田杏選手、4.7クラス・花田馨選手でした。

 帰着後は、2019にマスターズ選手権開催予定の小豆島名物そうめんでお迎えしました。最後に、記念品のうどんを手に記念撮影。レセプションも、賞品も、記念品もすべてが「うどんづくし」の四国選手権となりました。

2018-04-10_04
改築された高松市ヨット競技場・新艇庫で開会式

2018-04-10_05
レセプションでは、讃岐うどん80玉を準備してほぼ完売!

2018-04-10_03
記念品のうどんを手に集合写真

2018-04-10_result
レーザー級成績

2018-04-10_radial
ラジアル級成績

2018-04-10_4.7
レーザー4,.7級成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボート・オーナーズクラブ
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ