微風から強風へ!和歌山「第14回島精機カップ」レポート&写真集

  • 09
  • Nov

 11月5、6日、関西の秋のクルーザーシーンの1ページとして定着した「SHIMA SEIKI CUP」が、和歌山の海を舞台に、IRCクラス24艇、オープンクラス32艇、合計56艇を集めて開催されました。(レポート/島精機カップ実行委員会)

shima-seiki-06-_329
島精機カップ2日目は強風コースタルレースでしたが、安全を考えノーレースになりました。photo by T.Yamazaki

 初日は行楽日和。風が吹かず昼過ぎまで風待ちをしてレースが始まりました。IRCクラスの第1レース、6ノット前後の軽風の中、24艇が1回でスタートしました。

 島精機製作所の〈バフィー〉(J/V35)を始め、地元艇が右側海面に展開する一方、パフを拾いながら中央から左側に展開する集団に分かれ、各艇とも苦心のコース選択で上マークを目指しました。風は強弱を繰り返しながら南へとシフトし、2上を短縮してフィニッシュとなりました。

 その後、風は吹かず、SHIMA SEIKI CUPの大きな魅力のウェルカムパーティへと舞台を移しました。和歌山マリーナシティホテルの宴会場はロビーも使うほどの大パーティで、今年もマグロの解体ショーも行われ、解体されたマグロは、にぎり寿司で振る舞われました。

 2日目は、島精機カップ恒例の往復28マイルの白崎レースです。予報通り強めの北東風が吹き抜けている中、IRCクラスに加えて和歌浦セーリングフェスティバル艇の一斉スタートは、4回のゼネリコを経てスタートしました。

 ウェザーマークを回る頃にはますます風が吹きあがり、沖ノ島に向けたランニングレグでは、スピンやジェネカーを上げた艇が各所でブローチングを繰り広げながら、ハイスピードで豪快なセーリングを楽しんでいました。

 フェスティバルクラスは沖ノ島ゲートで1回目のフィニッシュを取り、引き続き白崎へと南下を始めました。風は北西へと振れながら、ますます風速が上がり。40ノットの風もあったとの報告を受ける中、ジブとメインだけで15ノット以上を記録する艇もある一方、リタイアを決める艇も出始めたこともあり、レース委員会は安全を考え、レースの継続は難しいと判断しレースを打ち切りました。

 この結果、IRCクラスは初日の第1レースの結果で、フェスティバルは沖ノ島までの第1レースの結果でSHIMA SEIKI CUPが授与されました。

shima-seiki-05-_85
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-05-_26
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_47
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_65
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_68
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_92
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_96
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_99
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_123
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_158
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_189
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_216
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_268
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_287
photo by T.Yamazaki

shima-seiki-06-_388
photo by T.Yamazaki

irc%e7%b7%8f%e5%90%882016shima_seiki_cup_result-1
IRC総合成績

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%ab2016shima_seiki_cup_result-3
和歌浦セーリングフェスティバル総合成績

middle2016shima
2016ミドルボートIRC成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ