強風荒天、関東スナイプ。児玉/田中優勝!

  • 20
  • Jul

 2012年の関東スナイプは7月14、15日に江の島ヨットハーバーにて行われた。本大会には全日本女子スナイプも同時開催され、関東スナイプ72艇、女子8艇の総勢80艇が江の島ヨットハーバーに集結した。(文/内田伸一・関東スナイプフリート、写真/庄崎賀絵)

 7月14日。開会式前より南西11〜12メートルの風が吹き、波高も高かったことから陸上待機をする。午後にかけて風が強まる予報もあったため11時にAP+Aを掲揚し、この日のレースをキャンセルする(この後12時頃より風が8m程度に2時間ほど落ち着き、レース委員長として決定を後悔。)。
 陸上では、株式会社川島製麺様ご協賛の全日本女子スナイプのレセプションを開催した。事前準備からパーティー開催まで協力していただいた関東フリートメンバーの奥様方ありがとうございました。

 7月15日。この日も朝から南西の風11〜12mが吹いている。臨時のスキッパーズミーティングを開き、レスキュー体制、安全については自己責任であることを説明する。本部船は8時50分に出港。レース海面に到着したところで12mオーバーのブローが入ってきたためAP+Hを掲揚し一旦レース艇をハーバーに戻す。本部船はその後40分ほどレース海面で待機。平均風速が8〜10mに落ち着いてきたので、再びレース艇を出艇させる。

 11時5分、1回のゼネラルリコールの後、風向200度、風速10mで第1レーススタート。このレースは上〜サイド、サイド〜下のリーチングで素晴らしいボートスピードを発揮し、後続を引き離した児玉/田中(豊田自動織機)が圧勝。

 12時5分、オールフェアで第2レーススタート。このレースは白石/上田(ノースセールジャパン)が安定したレース運びで全てのマークをトップで回航、そのままフィニッシュ。

 このレースでもう1つの見せ場は、ラインクローズギリギリの3分50秒遅れでスタートした近藤/石川(AI☆STARS)。最初の1ラップで集団に追い付き、フィニッシュは19位まで挽回するレースを見せ、無駄のないコースとボートスピードの違いを見せつけた。13時第3レースの準備を始めたものの、再び11〜12mのブローとうねりが入ってきたため、やむなくレガッタ終了。


関東スナイプ入賞者一同


素晴らしいヒールバランスです

 シリーズ全般を通じて、やはり強風域では社会人チームが学生を圧倒していた。経験の差はあっても、ガッツと体力は学生の方があるはず。上位フリートを走ると見える景色も違ってくるので、ぜひ次回のレガッタでは強風レースで社会人に一矢報いる走りを期待している。

 また、この日のレースでは強風のため29艇が出艇を見合わせたが、勇気あるリタイアにも敬意を表したい。つらい決断だったとは思うが、みなさんの協力とレースや安全に対する真摯な態度があって安全に2レースを実施することができた(沈艇は少数)。十分練習して次回は是非レースに参加してほしい。

 表彰式では全日本女子に続いて関東スナイプの表彰が行われ、関東シリーズ全レガッタに協賛いただいている株式会社ノースセール・ジャパン様から両レガッタの入賞者全員に豪華副賞が贈られた。

 最後に私自身の反省を少々。
・初日のAP+Aの判断が早すぎた。
・2日目は先に本部船が出港して様子を見てからレース艇出港の判断をするべきだった。
・レース海面を岸よりに設定したのは良かったが、上マークまでの距離が若干短かった。
 他にも色々ありますが、この反省を活かし判断力や風を見通す能力の向上を図りたい。ご協力いただきました関東フリートメンバー、学生アルバイトのみなさま、本当にありがとう。

 私にとっては、自分がレースに参加すること、人にセーリングを教える事、レースを運営すること、それら全てが大切で楽しいヨット活動です。このような活動を通じてセーリングを愛好する人が増えたら本当に幸せなことだと思います。そしてそのステージは、やっぱりスナイプがいいなぁ。

 それではまたどこかのレース海面でお会いしましょう!


2012関東スナイプ成績表

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ