強風、デンマーク大会。レッドブル・フォイリングジェネレーション

  • 08
  • Sep

 9月4〜6日まで、デンマーク・オーフスで「レッドブル・フォイリングジェネレーション」が開催されました。世界7カ国を転戦する、この次世代セーラー発掘プログラムも後半戦へ。2015年度の残りの開催地はデンマーク、イタリア、フランスの3カ国で、各国の優勝チームは2016年に開催されるワールドファイナルへ進みます。(BHM編集部)

P-20150906-00918_News
迫力ある強風シリーズとなったレッドブル・フォイリングジェネレーション・デンマーク大会。photo by Esben Zøllner Olesen / Red Bull Content Pool

 オーフスという町は、コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市として知られています。大学があるため町に学生が多く、新しいカルチャーの発信地であり、またスポーツイベントの国際大会も数多く開催されています。セーリング競技では、2018年ISAFセーリングワールド(五輪全種目の合同世界選手権。東京五輪の出場国枠選考となる予定です)の開催が決定したことで、ハーバー施設の開発が進んでいて、これからさまざまなクラスの世界選手権、欧州選手権などビッグレガッタが予定されています。

 レッドブル・フォイリングジェネレーションは日本大会(和歌山)をスタートに世界7カ国を転戦しています。出場資格は16〜20歳まで。レースには最高速度35ノットで走るフォイリング・カタマラン、フライングファントムを使って戦います。

 世界的に見て一般的ではないフォイリングカタマランが採用されるのは、ユースアメリカズカップ、アメリカズカップに出てみたいと願う選手に「挑戦するチャンス」を与えることが第一の理由です。大きさは違いますが、アメリカズカップと同じシステムのボートを使い、世界のユース世代のなかから将来のセーリングヒーローを見つけ出すことが、プロジェクトの根底にあります。

 デンマーク大会には16チームが参加しました。レース前の練習日から強風コンディションで、風がおさまるのを待ちながら進行しました。デンマーク大会の出場選手は、29er級や49er級、カタマランの経験者が多く、出場する選手の顔ぶれは国によって大きく異なるようです。

 例えば、日本なら高校ヨット(FJ級、420級)の経験者が多く、スウエーデンならシングルハンド(レーザー級)経験者が多く集まる、というそれぞれの国で特長があります。ただし、全世界で共通しているのは、「フライングファントムに触ったこともない選手が集まり、未体験のスピードでレースする」こと。その点、平等なヨットレースであり、だれにでもチャンスがあるといえるでしょう。

 レースは他国のフォーマットと同様にノックアウト方式で進みました。最終日となった日曜も強風となり、風が収まるのを待って昼前から3レースを実施。敗者復活戦から上がってきたフレデリック・ジャスト・メルセン/マークス・ニールセンが優勝しました。

「デンマーク代表でワールドファイナルに出られることは楽しみだし、とてつもなく大きなチャンスをもらいました。これで一歩、夢に近づきました」(フレデリック・ジャスト・メルセン)

 次回のレッドブル・フォイリングジェネレーションは、9月25〜27日にロシア・サンクトペテルブルクで開催されます。

P-20150906-00930_News
フランイングファントムに乗った感想を「フォイリングが成功した時、“魔法のじゅうたん”に乗って水の上を走っているようだ」と優勝したマークス・ニールセン。photo by Esben Zøllner Olesen / Red Bull Content Pool

P-20150906-00922_News
デンマーク大会には16チームが出場しました。10メートルの風では陸上待機に。風が落ちるのを待ってレースがおこなわれました。photo by Esben Zøllner Olesen / Red Bull Content Pool

P-20150906-00916_News
オーフスは7月に470級ヨーロッパ選手権、レーザー級ヨーロッパ選手権が開催された場所。これからも大規模なレースが計画されています。photo by Esben Zøllner Olesen / Red Bull Content Pool


フォイリングジェネレーション・デンマーク大会ダイジェスト映像

◎レッドブル・フォイリングジェネレーション デンマーク大会成績
1. Frederik Just Melson and Markus Nielsen
2. Niklas Heide and Oliver Bloch
3. Carl Emil Baad Nielsen and Jakob Jensen
4. Daniel Nyborg and Sebastian Olsen

◎レッドブル・フォイリングジェネレーション代表選手
第1回 日本代表:矢野伸一郎/藤木一誓
第2回 イギリス代表:オーウェン・ボワーマン/モーガン・ピーチ
第3回 イタリア代表:マッテオ・ピラティ/フランチェスコ・ルバゴッティ
第4回 スウェーデン代表:セリナ・バーリン/オスカー・ベングトソン
第5回 デンマーク代表:フレデリック・ジャスト・メルセン/マークス・ニールセン

◎RedBull
http://www.redbull.com/jp

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ