大雨から晴天、微風から強風。境港ラジアル世界選手権3日目

  • 21
  • Jul

 7月21日、レーザーラジアル世界選手権3日目は、微風から強風まで不安定な風でレースがおこなわれました。女子は3レースおこない予選終了。明日22日から上位、下位フリートに分かれる決勝シリーズがはじまります。(BHM編集部)


絶好調の成績(1-2-3-(5)-2)で首位を走るスウェーデンOlsson Josefin


吹き上がった風で大きく順位を上げたRailey Paige(USA)


(37)-32-10-6-5の順位で予選終了。24位で決勝へ進む土居愛実


ペットボトルを使わず、水をボトルに入れて海に出ます


働き者が揃うレーザーカフェのみなさん。選手たちへのフードサービスを担当しています


土日のヨットハーバーはイベントがいっぱい。ゆかたの子どもたちも参加してくれました


雨のあとは急に雲が晴れて大山も見える中でレースがおこなわれました

レーザーラジアル女子世界選手権 参加111艇 5レース終了時
1. SWE Olsson Josefin 8p
2. USA Railey Paige 14p
3. NED Bouwmeester Marit 22p
4. FRA Bolou Marie 24p
5. FIN Tenkanen Tuula 24p
6. USA Rose Charlotte 25p
24. 土居愛実 53p
61. 冨部柚三子 103p
73. 多田桃子 116p
92. 三浦凪砂 168p
96. 丸田杏 177p
98. 太田七海 179p
101. 柿元麻衣 186p
103. 荒井かおる 190p
107. 大村杏奈 199p
109. 須永笑顔 200p
110. 鈴木萌風 204p
111. 見目なお子 206p

レーザーラジアル男子世界選手権 参加32艇 6レース終了時
1. AUS West Zac 13p
2. BEL de Gendt Simon 28p
3. BRA Perez Guilherme 29p

◎2019境港レーザーラジアル世界選手権
https://2019worlds.laserjapan.org/radial/
◎レーザーラジアル世界選手権・フォトギャラリー
レース前日
開会式
レース初日
レース2日目
レース3日目

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ