夏の猪苗代湖でキャンプ&ヨットレース!テーザーミッドサマーレガッタ・レポート

  • 06
  • Sep

 8月27〜28日、「テーザーミッドサマーレガッタ」が福島県猪苗代湖で開催されました。このレースは志田浜オープンヨットレース(主催:郡山ヨットクラブ、福島ヨットクラブ)に参加する形で行われ、関東・関西・中部の各フリートから7艇が参加しました。(レポート・写真提供/日本テーザー協会)

16.09.06_DSC09741
猪苗代湖・志田浜オープンヨットにジョイントして開催されたテーザーミッドサマーレガッタ

 大会会場の志田浜はキャンプ場で、テント持参で湖岸泊のチームもありました。期間中は地元ヨットクラブメンバーによるおもてなしで、朝ごはん、お昼にはカレーライス、おにぎり、フルーツなどがふるまわれました。

 初日は雨交じりの北西の微軽風で3レースが実施されました。初日トップは1-1-2とまとめた池田・秋吉組(大阪北港F)。大阪から約700kmのカートップ&ドライブでの参加です。フレの幅が大きく、右から、左からと先読みが難しいブローに対し、見事なコース取りでスコアをまとめました。

 2日目は天候は回復し、磐梯山も姿をあらわしました。朝の出艇から第4レース途中まで、強いガストは20ノットあり、国内では久々の強風レースとなりました。強風〜順風の2レースは池田・須山組(稲毛F)が1-1をとり、ミッドサマー2連覇を達成しました。

 浜名湖からは長谷川親子が3人乗りで参加し、初めて“沈”を経験した長谷川大智君と長谷川帆風君に“ヤングクルー賞”として賞状とレトルトカレーが贈られました。

 次のレースは、9月25日に稲毛ヨットハーバーで開催されるオータムレガッタです。また、10月8〜10日には和歌山セーリングセンターで「全日本選手権」を開催します。各レースともレース公示を日本テーザー協会のホームページ(http://tasarjapan.org/)に掲載しています。

 日本テーザー協会では、テーザー級世界選手権(2017年7月30日〜8月6日、愛知県・豊田自動織機 海陽ヨットハーバー)を目指してテーザーを始めようという方、一時セーリングから離れていたがテーザーに戻ってこようという方の参加をサポートする、“ウェルカム・キャンペーン”を行っています。テーザーに関心のある方は(publicity※tasarjapan.org。※を@に代えて)までご連絡ください。

16.09,06_04
優勝の池田・須山組(稲毛フリート)

16.09,06_02
総合2位の池田・秋吉組(大阪北港フリート)

16.09,06_03
浜名湖から参加した長谷川親子チーム。3人乗り!

16.09.06_2016TasarMidsummerRegattaResult
2016テーザーミッドサマーレガッタ成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ