ブラジル・スナイプワールド初日、日本善戦。井上/小島が2位に

  • 09
  • Oct

 10月8日、ブラジルで開催されている「スナイプ世界選手権」初日。レース海面はイリャベラ島と南アメリカ大陸間幅約4キロの水路の様な地形で行われます。潮の早い時間帯は瀬戸内海のように流れますが、今日は潮の流れは弱く影響は少なかったようです。(レポート/高木克也 BEST WIND)


スナイプワールド初日は風弱く1レース成立。photo by Matias Capizzano / SCIRA

 どこから吹いても陸風になり、周囲の地形によって有利海面が偏ります。今日のコンディションは10ノット程度の軽風で、日本チームがよく走りました。

 オープニングレース第1上マークで井上/小島組(湘南サニーサイドマリーナ)がトップ回航、2位に松崎/服部組(豊田自動織機)が続き、日本がワンツーでフリートをリードします。他に森谷/山本組(GOOD HOLDINGS)、山下/山田組(湘南サニーサイドマリーナ)も上位回航し日本チームが善戦しました。

 初日はこの1レースのみ。5ノット以下ではスタートしないというスナイプクラスルールに則り、第2レースは行われませんでした。大会は12日まで、全9レースが予定されています。


8位フィニッシュした松崎/服部。photo by Matias Capizzano / SCIRA

2019スナイプ世界選手権 参加70艇
1位 Asher/Watt(USA)
2位 井上/小島 (JPN)
3位 Rafael/Henrique(BRA)
8位 松崎/服部
12位 森谷/山本
26位 山田/山下
40位 高木/高木
42位 中島/伊藤
48位 橋下/室田

SNIPE WORLD CHAMPIONSHIP 2019
https://2019.snipeworlds.org/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ