ニューポートに来て一週間。毎日の仕事など

  • 28
  • Sep

 アメリカ・ニューポートに来て一週間が過ぎ、生活やクルマの運転にも慣れてきました。編集部は毎朝8時にチームメンバーを乗せて車で5分ほどのニューポートシップヤードへ。その後、一旦ハウスに戻ってカメラ機材の荷物を整理して、ニューヨークヨットクラブのメディアルームへ向かいます。(BHM編集部)

 10時までの空き時間にメール仕事。カメラマンが集合したらメディアボートに乗って出港です。海から見えるマンション(豪華な別荘)を眺めながら、また、取材陣ととりとめのない話をしながら、レース海面へ。「(レース前日におこなわれた)Robertissimaのプライベートパーティーは1日で2500万円使ったんだって!」とか、今回の取材陣は女性が多いのでとってもにぎやかです。レース海面は意外にも遠いので約30分のクルージング。そのあとは、レースを観戦しながら撮影開始です。

 メルジェスのようなハイスピードボートは、撮影にもコツがあります。49erを撮影するときにも似ていて、470やスナイプ、J/24を撮影する感覚でカメラをかまえて待っていると、だいたい失敗します。また、ジャイブポイントとアングルを読んで、その先で待ち構えていたり、そこそこのセーリングの知識を持っていないと、これまた失敗。この辺は撮影慣れするしかないところでしょうか。

 撮影中は、メディアボートの種類にもよりますが、バウマンと同じぐらいずぶ濡れ状態になることも。レースが終わるとヨットクラブへバック。わたくしは、日本チームが係留しているニューポートシップヤードへクルマを走らせ、インタビュー取材とチームメンバーを迎えに。17時か18時頃にハウスへ戻るといった流れです。

 実は、ここからが編集部の本当の仕事がはじまります。数千枚の写真を整理して、1日のデータをまとめて、原稿を書いて…。だいたい深夜12時〜1時ぐらいまで作業しています。毎日、原稿締切に追われているようなものでしょうか。翌日になったら、意味をなさない内容もあるので、いかに情報を早く公開するかがポイント。時間との勝負です。

 そのため、レース期間中は睡眠不足になりがちなので、「早く寝たい、早く原稿を仕上げたい」ということしか頭の中になかったりします。これは、海外だからというわけではなく、国内レースでもまったく同じような流れです。

 と、バルクヘッドマガジン編集部は、こういったおもしろい仕事をしています。どなたか興味ある方はいませんか? 自分でも「不思議な仕事をしている」と、よく思います。


ニューヨークヨットクラブのメディアルーム。重厚な建物で暗いです。静かです。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ