スナイプマスターズ、西居杉浦8位踏ん張る

  • 16
  • Sep

 スペインで開催されているスナイプマスターズ世界選手権3日目。本日も2レース行われました。本日も朝ハーバーに行くまでは無風でしたが、スタート予定時刻の12時に近づくにつれて風が入りだしてきました。1レース目のコースはソーセージで、マーク設定210度、風速5〜8ノットでのスタート。初めての風向でのレースとなりましたが、風の触れ幅はさほどなかったものの、風の入り始めだったため、どちらのサイドを使うか頭を悩ませる展開でした。(文・写真/前田弘樹 エス・ピー・ネットワーク)


マスターズ首位のスペインチーム

 レース中、風軸が振れるものの、振れて行く側が伸びるとはかぎりませんでした。このレースでは、渡部組と西居組が良いスタートをして1上をシングル回航。順位をキープし最後のフィニッシュまでどっちが勝つか判らない争いをしていました。

 最後のフニッシュではバウ先の差で渡部組が5位、西居組が6位とがんばりました。大津組と増田組は良いスタートをしているものの風を上手く捕まえる事ができていなくて、苦しい展開となっていました。


西居組と渡部組の回航

 続く2レース目は、コースはソーセージ、マーク設定190度、風速15〜20ノットでのスタートとなりました。風向は1レース目よりも左に振れ、170度からも入るようになっていましたが、マーク設定に傾きがあり、1上はポートロングのコース。風下目からスタートした集団はタックを返す事ができずに苦労していました。

 西居組、大津組、増田組は風下側からスタートしてその艇団に飲み込まれてしまい、1上を30番前後で回航。渡部組は真中からのスタートで1上を10番前後と良いポジションにつけていました。

 その後もマーク変更をなかなかする事はなく、やっと2下でマーク変更を行なったもののポートロングが解消される事はなく、1上から順位を上げる事が困難な展開となりました。

 渡部組は11位でフィニッシュしたものの、リコールで総合成績を上げる事はできず。西居組は30番でのフィニッシュ。大津組、増田組は両レースともに苦戦を強いられていました。本日で5レース消化する事でカットレースができたので、日本チームはカットレースを作ってしまいました。

 明日が最終日です。日本のOJISANパワーを明日も発揮したいと思います!

◎2012 SNIPE MASTAR WORLDS 大会3日目成績
8位 西居/杉浦 17-5-7-6-(30)
13位 渡部/前田 6-18-20-5-(OCS)
21位 大津/植田 27-13-12-26-(62)
54位 増田/谷口 58-35-33-62-(65)
スナイプマスターズ3日目成績(PDF)

◎2012 SNIPE MASTAR WORLDS
http://www.snipespain.es/portal/index.php?option=com_content&task=view&id=191&Itemid=127

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ