これからはじまるリオ五輪日本代表選考と出場国枠獲得戦

  • 24
  • Jun

 6月梅雨本番。この時期は夏に開催されるヨットレースの予選がおこなわれることが多く、先週は相模湾で関東インカレ個人戦、大阪湾では関西女子インカレ、国体予選、また全国的にインターハイ予選などが開催されていました。バルクヘッドマガジン編集長は風邪を引いて寝込んだり、冴えない週末に。季節の変わり目です。みなさんお気をつけ下さい。(BHM編集部)

4J5A5678
リオ五輪オリンピック代表選考が佳境を迎えようとしています。6月27日〜7月4日(レース開始は29日)まで開催されるヨーロッパ選手権で470級日本代表が決まります。photo by Junichi Hirai

 実は、編集部(の頭ん中)がパンクしはじめるのも毎年この時期で、知っているヨットレース全てに行って取材したい気持ちはあるのですが、残念ながらそうもいきません。バルクヘッドマガジンへ記事を掲載してほしい方は、結果、レポート、写真を編集部(editor@bulkhead.jp)まで送ってください。全国のヨットレース情報をみんなで共有しましょう。

 さて来週は、ヨット馬鹿=バルクヘッドマガジン読者の興味が最高に高まる一週間になります。2016年8月に開催されるリオ五輪セーリング。前年となる2015年は世界中の選手の競争がもっとも激化する年で、各国でオリンピック代表選考がおこなわれます。

 日本も同じように今年と来年初頭に開催される下記の大会が「代表選考大会」になっています。日本セーリングの代表は、RS:X級男子だけが決定していて、そのほかの種目はこれから開催されるそれぞれの大会で決まっていきます。

 また、出場国枠をすでに獲得している470級男女は、代表選考の結果から日本代表が即決定することになり、ほかの種目は「まだリオ五輪へ出場する国枠を獲得していない」ため、まずは選考大会で国枠を取るのが必須条件となります。

◎リオ五輪セーリング・日本代表選考となる国際大会
470級男子・女子
第1次 3月28〜4月3日 プリンセスソフィア杯(スペイン)
第2次 6月27〜7月4日 470ヨーロッパ選手権(デンマーク)

レーザー級
6月29〜7月8日 世界選手権(カナダ)
2016年3月15〜20日 ASAFカップ(アブダビ)

ナクラ17級
7月3〜11日 世界選手権(デンマーク)
9月14〜20日 ISAFワールドカップ・青島大会(中国)

RS:X級女子
10月17〜24日 世界選手権(オマーン)
2016年3月15〜20日 ASAFカップ(アブダビ)

49er級
11月17〜22日 世界選手権(アルゼンチン)
2016年3月15〜20日 ASAFカップ(アブダビ)

49er級FX女子
11月17〜22日 世界選手権(アルゼンチン)
2016年3月15〜20日 ASAFカップ(アブダビ)

レーザーラジアル級
11月19〜28日 世界選手権(オマーン)
2016年3月15〜20日 ASAFカップ(アブダビ)

フィン級
9月14〜20日 ISAFワールドカップ・青島大会(中国)
11月 世界選手権(ニュージーランド)

RS:X級男子
第1次 1月25〜30日 ISAFワールドカップ・マイアミ大会(アメリカ)
第2次 3月28〜4月3日 プリンセスソフィア杯(スペイン)
※富澤 慎が日本代表に決定

6月27日から始まるヨーロッパ選手権で470日本代表が決定!

 このなかでも来週はじまる「470級ヨーロッパ選手権」は、日本がもっともメダルに近いとされる470級男女の代表が決まることもあって、読者のみなさんも注目していることでしょう。

 470級は第一次選考であるプリンセスソフィア杯とデンマークで開催されるヨーロッパ選手権が選考大会です。当初、イスラエル世界選手権を第二次選考に計画されていましたが、世界選手権の開催日時の変更があり、ヨーロッパ選手権が選ばれました。ヨーロッパ選手権のエントリーは、男子59艇、女子48艇。地位域大会とはいえ、出場選手は世界選手権とほぼ変わらないメンバーが顔を揃えます。

 日本から出場するのは男子4チーム、女子2チーム。このなかから2016年8月にブラジル・リオで開催される夏季オリンピック代表が決まります。各チームの得点は、プリンセスソフィア杯の結果からJSAFオリンピック強化委員会が設定した係数により導き出されたポイントで、ヨーロッパ選手権が終わった後の合計得点により、日本代表が選出されることになります。

 470級のリオ五輪代表選考(ヨーロッパ選手権)の様子は、バルクヘッドマガジンで特集して紹介していきます。選手たちはすでに現地入りして事前調整をおこなっています。みなさん、おたのしみに!

◎JSAFオリンピック強化委員会発表・470級日本代表第1回選考の獲得得点
470級男子
松永鉄也・吉田雄悟 102点
土居一斗・今村公彦 97点
飯束潮吹・八山慎司 52点
市野直毅/長谷川孝 無得点

※市野/長谷川はクルー変更があり、3月時点で正式なナショナルチームには認められなかったため(大会に出場していましたが)第一次代表選考のポイントを獲得できず。6月に入りJSAFオリンピック強化委員会より正式なナショナルチームに認められました。

470級女子
吉田 愛・吉岡美帆 95点
山口祥世・畑山絵里 63点

 470級の第一次選考「プリンセスソフィア杯」の様子はバルクヘッドマガジン過去記事を御覧ください。
◎バルクヘッドマガジン特集記事「プリンセスソフィア杯」

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ