【W杯江の島】最終日、470級男女が金メダルを掛けてメダルレース進出!

  • 15
  • Sep

 9月15日、セーリングワールドカップシリーズ江の島も終盤。大会5日目はRS:X級男子・女子、ナクラ17級、49er級、そして49erFX級の決勝レースが行われました。(文/西 朝子 セーリングワールドカップシリーズ江の島実行委員会)


メダルレース初日。49er級は強豪国イギリスが金メダルを獲得しました。photo by Junichi Hirai

 ワールドカップシリーズで初めて決勝に進出した49er級の高橋稜/小泉維吹組は、絶好のスタートを決め一時トップに立つ走りを見せましたが、最終レグで逆転され5位フィニッシュ。総合10位で大会を終えました。

「メダルレースに出られたのは良かったけれど、最終レグで抜かれてしまいちょっと悔しいです。今日は風があるところとないところの差が激しく、最終レグは少し守りに入ってしまったのかもしれません」(高橋/小泉)。

 16日最終日はレーザー級、レーザーラジアル級、フィン級、470級男子・女子の決勝が行われます。470級男子は岡田奎樹/外薗潤平組(予選トップ)、高山大智/今村公彦組(同3位)、土居一斗/木村直矢組(同4位)、磯崎哲也/高柳彬組(同7位)と日本勢が4チーム出場します。上位3艇は誰が優勝してもおかしくない僅差です。

 女子は吉田愛/吉岡美帆がトップと4ポイント差の2位で決勝へ。決勝は得点が倍になるため逆転の可能性は十分にあります。メダルレースの日本選手に注目です。


チーム初のW杯メダルレース進出、総合10位で大会を終えた高橋/小泉。photo by Junichi Hirai


帰着後、取材を受ける高橋/小泉。江の島には、これまでのセーリング大会では見られないほどの取材陣がきています。photo by Junichi Hirai


470男女は2レース実施。女子の吉田/吉岡が総合2位に浮上しました。photo by Junichi Hirai


大会5日目ハイライト映像

セーリングワールドカップシリーズ江の島 フォトギャラリー
9月9日 大会 練習・開会式
9月10日 大会 前日
9月11日 レース初日
9月12日 レース2日目
9月13日 レース3日目
9月14日 レース4日目
9月15日 レース5日目

【470級男子】(8レース終了)
日本チーム参加8艇(18カ国・32艇)
1位:岡田奎樹/外薗潤平
2位:Mathew BELCHER/William RYAN(オーストラリア)
3位:高山 大智/今村 公彦
4位:土居 一斗/木村 直矢
7位:磯崎哲也/高柳 彬
13位:市野直毅/長谷川孝
25位:出道 耕輔/中川 大河
27位:河合 龍太郎/中澤 太郎
32位:小泉 颯作/松尾 虎太郎

【470 級女子】(8レース終了)
日本チーム参加 4 艇(15 カ国・23 艇)
1位:Afrodite KYRANAKOU / Anneloes van VEEN(オランダ)
2位:吉田 愛/吉岡 美帆
3位:Nenedetta de SALLE / Alessandra DUBBINI(イタリア)
16位:宇田川 真乃/工藤 彩乃
19位:林 優季/西代 周
20位:田中 美紗樹/野田 乙心

【フィン級男子】(9レース終了)
日本チーム参加 3 艇(13 カ国・21 艇)
1位:Nicholas HEINER(オランダ)
2位:Giles SCOTT(イギリス)
3位:Edward WRIGH(イギリス)
19位 藤村 裕二
20位 國米 創
21位 西尾 勇輝

【レーザー級】(9レース終了)
日本チーム参加4艇(33 カ国・59 艇)
1位:Elliot HANSON(イギリス)
2位:Thomas SAUNDERS(ニュージーランド)
3位:Matthew WEARN(オーストラリア)
40位 瀬川 和正
47位 南里 研二
50位 北村 勇一朗
56位 樋口 碧

【レーザーラジアル級】(7レース終了)
日本チーム参加 3 艇(30 カ国・53 艇)
1位:Marit BOUWMEESTER(オランダ)
2位:Josefin OLSSON(スウェーデン)
3位:Emma PLASSCHAERT(ベルギー)
19位 土居 愛実
43位 冨部 柚三子
50位 多田 桃子

【49er 級】最終成績
日本チーム参加 2 艇(16 カ国・27 艇)
1位:James PETERS / Fynn STERRITT(イギリス)
2位:Logan DUNNING BECK / Oscar GUNN(ニュージーランド)
3位:Lukaz PRZYBYTEK / Pawel KOLODZINSKI(ポーランド)
10位 高橋 稜/小泉 維吹
22位 古谷 信玄/八山 慎司

【49erFX 級】最終成績
日本チーム参加 3 艇(15 カ国・24 艇)
1位:Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE(ブラジル)
2位:Alexandra MALONEY / Molly MEECH(ニュージーランド)
3位:Klara WESTER / Rebecca NETZLER(スウェーデン)
13位 波多江 慶/板倉 広佳
20位 山崎 アンナ/高野 芹奈
23位 原田 小夜子/永松 瀬羅

【ナクラ 17 級】最終成績
日本チーム参加 4 艇(15 カ国・25 艇)
1位:Jason WATERHOUSE/Lisa DARMAIN(オーストラリア)
2位:Ruggero TITA/Caterina Marianna BANTI(イタリア)
3位:Vittorio BISSARO/Maelle FRASCARI(イタリア)
16位 梶本和歌子/川田貴章
17位 村山仁美/渡部雄輝
18位 飯束潮吹/畑山絵里
23位 深沢瑛理/田中航輝

【RS:X 級男子】最終成績
日本チーム参加 4 艇(16 カ国・40 艇)
1位:Kiran BADLOE(オランダ)
2位:Mateo SANZ LANZ(スイス)
3位:Pierre le COQ(フランス)
28位 富澤 慎
32位 池田 健星
39位 尾川 潤
40位 倉持 大也

【RS:X 級女子】最終成績
日本チーム参加 9 艇(11 カ国・30 艇)
1位:Peina CHEN(中国)
2位:Lilian de GEUS(オランダ)
3位:Yunxiu Lu(中国)
15位 伊勢田 愛
16位 須長 由季
18位 大西 富士子
21位 小嶺 恵美
23位 新嶋 莉奈
26位 松浦 花咲実
28位 原 百花
29位 渡辺 純菜
30位 山辺 美希

◎セーリングワールドカップシリーズ江の島
https://wcs-enoshima.jp/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ