【SWC】日本470新時代へ!吉田・吉岡、金メダル、磯崎・高柳、銀メダル獲得

  • 10
  • Aug

 8月10日、デンマーク・オーフスで開催された「セーリング・ワールド・チャンピオンシップ」で、470級女子の吉田 愛/吉岡美帆(ベネッセ)が金メダル、470級男子の磯崎哲也/高柳 彬(エスピーネットワーク)が銀メダルを獲得しました。(BHM編集部)


日本470史上初となる男女同時世界選手権メダル獲得です。おめでとう!photo by Junichi Hirai

 先におこなわれた470男子の磯崎/高柳は好スタートを決めて、上位のポジションをキープ。同点3位のフランスが先行。1位のスウェーデンが落ちたことで、フランスを追い抜くことを意識した攻める走りを見せます。

 しかし、先行するフランスには追いつけず5位フィニッシュ、銀メダルを獲得しました。近年の日本男子のメダルでは、2009年の原田龍之介/吉田雄悟の銅メダルに次ぐメダル獲得となります。

 続いておこなわれた470級女子は吉田 愛/吉岡美帆がスタート後、右展開からフランスを抑える形でトップマークへ。得点差を考えた頭脳レースとなり、吉田/吉岡は緊張を保ったまま5位でフィニッシュして金メダルを獲得しました。

 吉田 愛は2006年中国日照の世界選手権(銀メダル)の自己記録を塗り替える金メダル獲得です。表彰式では国際470協会より世界選手権金メダリストだけに与えられるゴールドの470ステッカーが授与されました。

 日本470男女は世界でも結果を出しました。この大会の結果は、東京五輪、そして日本セーリングが成長する大きなステップアップとなることでしょう。おめでとう、ジャパン!


吉田 愛/吉岡美帆。photo by Junichi Hirai


磯崎哲也/高柳 彬。photo by Junichi Hirai


メダルレース・ライブ中継再放送、表彰セレモニー

セーリング・ワールド・チャンピオンシップ

470女子 参加47艇 最終成績

1. 吉田 愛/吉岡美帆

2. ESP Silvia MAS DEPARES / Patricia CANTERO REINA
3. GBR Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE
4. FRA Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ

5. ESP Bàrbara CORNUDELLA RAVETLLAT / Sara LÓPEZ RAVETLLAT

6. CHN Mengxi WEI / Haiyan GAO
7. ITA Benedetta di SALLE / Alessandra DUBBINI

8. GBR Amy SEABRIGHT / Anna CARPENTER

9. GRE Maria BOZI / Rafailina KLONARIDOU

10. SLO Tina MRAK / Veronika MACAROL
19. 宇田川真乃/工藤彩乃
30. 田中美紗樹/野田乙心
40. 林 優季/西代 周

470男子 参加64艇 最終成績

1. FRA Kevin PEPONNET / Jeremie MION
2. 磯崎哲也/高柳 彬
3. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ
4. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM

5. AUS Mathew BELCHER / William RYAN

6. 岡田奎樹/外薗潤平
7. USA Stuart McNAY / David HUGHES

8. SWE Carl-Fredrik FOCK / Marcus DACKHAMMAR

9. ITA Giacomo FERRARI / Giulio CALABRÒ
10. 土居一斗/木村直矢

22. 神木 聖/疋田大晟

26. 市野直毅/長谷川孝

28. 高山大智/今村公彦

29. 出道耕輔/中川大河

42. 小泉颯作/野田友哉

49. 河合龍太郎/中澤太郎

◎Hempel Sailing World Championships Aarhus 2018
http://www.aarhus2018.com/
◎セーリング・ワールド・チャンピオンシップ 成績
https://aarhus2018.sailing.org/results
◎YOUTUBE ライブ中継
https://www.youtube.com/channel/UCihBCFVwHKZT_jHc3Y3j8YA

フィン級 参加90艇 最終成績
1. HUN Zsombor BERECZ
2. SWE Max SALMINEN
3. NED Pieter-Jan POSTMA
68. 西尾勇輝
83. 國米 創
90. 藤村裕二

レーザーラジアル級 参加119艇 10R終了時
1. BEL Emma PLASSCHAERT 56.0p
2. NED Marit BOUWMEESTER 67.0p
3. DEN Anne-Marie RINDOM 79.0p
22. 土居愛実 154.0p
52. 冨部柚三子 273.0p
66. 多田桃子 214.0p

レーザー級 参加165艇 10R終了時
1. CYP Pavlos KONTIDES 41.0p
2. AUS Matthew WEARN 45.0p
3. GBR Elliot HANSON 60.0p
73. 南里研二 216.0p
74. 瀬川和正 217.0p
142. 樋口 碧 312.0p
163. 宮田一志 439.0p

49erFX級 参加60艇 12R終了時
1. AUT Tanja FRANK / Lorena ABICHT 71.0p
2. GBR Sophie WEGUELIN / Sophie AINSWORTH 82.0p
3. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ 85.0p
18. 波多江慶/板倉広佳 140.0p
38. 原田小夜子/永松瀬羅 135.0p
55. 山崎アンナ/高野芹奈 233.0p

49er級 参加86艇 10R終了時
1. CRO Sime FANTELA / Mihovil FANTELA 48.0p
2. GER Tim FISCHER / Fabian GRAF 48.0p
3. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 60.0p
24. 高橋稜レナード/小泉維吹 106.0p
64. 古谷信玄/八山慎司 145.0p

RS:X級男子 参加85艇 9R終了時
1. NED Dorian van RIJSSELBERGHE 34.0p
2. POL Pawel TARNOWSKI 44.0p
3. Kieran HOLMES MARTIN 45.0p
35. 富澤 慎 148.0p
70. 池田健星 222.0p
76. 倉持大也 249.0p
77. 尾川 潤 254.0p

RS:X級女子 参加62艇 9R終了時
1. NED Lilian de GEUS 30.0p
2. CHN Yunxiu LU 35.0p
3. POL Zofia NOCETI-KLEPACKA 45.2p
34. 小嶺恵美 96.0p
37. 伊勢田 愛 108.0p
40. 須長由季 117.0p
43. 大西富士子 123.0p
49. 新嶋莉奈 156.0p
54. 松浦花咲実 191.0p

ナクラ17級 参加68艇 10R終了時
1. AUS Nathan OUTTERIDGE / Haylee OUTTERIDGE 42.0p
2. DEN Lin Ea CENHOLT / Christian Peter LÜBECK 46.0p
3. ARG Santiago LANGE / Cecilia CARRANZA SAROLI 46.0p
35. 飯束潮吹/畑山絵里 118.0p
42. 梶本和歌子/川田貴章 140.0p
60. 村山仁美/渡部雄貴 194.0p
65. 深沢瑛里/田中航輝 207.0p

カイトボード級男子 参加61艇 19R終了時
1. Nicolas PARLIER 27.0p
2. Guy BRIDGE 31.0p
3. Theo de RAMECOURT 40.0p
48. 唐門 紘 208.0p

カイトボード級女子 参加11艇 15R終了時
1. D. MOROZ 12.0p
2. E. KALININA 23.0p
3. A. FANCELLI 38.0p
9. 平田恵美 119.0p

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ