【全日本女子】最終レースはキャンセル。総合優勝は日本大が二連覇を飾る!

  • 17
  • Sep

 9月17日、葉山で開催された「第26回全日本学生女子ヨット選手権」最終日は、降りしきる雨の中で出艇を待ちましたが、海上は強雨のため視界不良。最終レースはキャンセルされ、前日までの成績が最終成績となります。470級は慶応大、スナイプ級、総合優勝は日本大が獲得しました。(BHM編集部)

20170917-CH6I8015
昨年に続いて総合優勝を獲得した日本大。両クラスとも3年スキッパーだけに同校の女子パワーは来年も継続されそうです。photo by Junichi Hirai

20170917-CH6I8012
470級優勝の村瀬海里/皆川綾菜(慶応大)。村瀬は全日本女子インカレ初出場。苦楽をともにした同学年(4年)コンビだけに優勝のよろこびも倍増です。「わたしたちは軽量コンビなので、軽風のスピードで前に出られたのが良かった。(初日3連続トップは)運も味方してくれたと思います。優勝は本当にうれしいです。大学にも良い報告ができます」(村瀬)

20170917-CH6I8026
二年連続スナイプ級優勝、池田紅葉/林佳奈(日本大)。大会2日目に4連続トップを取り圧倒的な勝利を決めました。「去年優勝した時と同じペアです。はじめから優勝を狙っていました。自分たちの思い通りのコースを引けたのが良かったです。来年も優勝を狙います!」(池田)

20170917-CH6I8009
審査員により選考される最優秀選手賞は、大学からセーリングを始め、1年生クルーと出場して総合7位と健闘した中村 葵(大阪大)が選ばれました。photo by Junichi Hirai

2017-09-17_470
第26回全日本女子インカレ470級成績

2017-09-17_snipe
スナイプ級成績

2017-09-17_result
総合成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ