【ユースAC】劇的な幕切れ。イギリスが第2回ユースアメリカズカップ優勝を飾る

  • 22
  • Jun

 6月21日、「レッドブル・ユースアメリカズカップ」最終日は、バミューダらしい軽風下で3レースおこなれました。レースはスタートからニュージーランドが先行し、3レースすべてのマークをトップ回航、トップフィニッシュするという完璧なレースを見せました。(BHM編集部)

2017-06-22_02
優勝のLand Rover BAR Academy(GBR)。GC32によるエクストリームセーリングシリーズに出場するなどで練習を積みました。photo by ACEA 2017 / Photo Gilles Martin-Raget

 優勝は、最終レース最終マークの混戦から抜け出したイギリスが、わずか2点差で逃げ切りました。イギリスの先方を走っていたスイスがマークに衝突、スウェーデン、僅差で競っていたスイスがペナルティが与えられるなど、最終最後でイギリスに追い風が吹く、ドラマティックな結果になりました。

 驚くべきはニュージーランドの3連続トップで、好スタートを切ったこと、安定してフォイリングできたことが勝因となり、他チームを圧倒しました。第2レースはリコールに泣きましたが、シリーズを通じてボートコントロールに長けていたのはニュージーランドだったといえます。

 ユースアメリカズカップをプロデュースするローマン・ハガラ(スポーツディレクター)は、「前回大会に出場した選手のなかから、ピーター・バーリング(第1回ユースAC優勝)をはじめ、9名がアメリカズカップ上位チームに加わりました。今回出場したユース選手のなかからも、次回アメリカカップに出場することを期待しています」とコメントしました。

2017-06-22_01
スタート後、1艇だけフォイリングを決めるニュージーランド。低予算の活動に苦しみながらも準優勝。同国のセーリングスキルの高さを見せつけました。photo by ACEA 2017 / Ricardo Pinto

2017-06-22_03

◎The Red Bull Youth America’s Cup
https://www.americascup.com/en/red-bull-youth-ac.html


ユースアメリカズカップ決勝最終日(再放送)

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ