【スピードコンテスト】スナイプ堀井/米田、470池淵/木下がスピードスターに!

  • 05
  • Nov

 11月4日まで開催された全日本インカレ・スピードコンテストの結果です。レースは初日と最終日におこなわれ、2日間合計4レースを計測。もっとも風があがった第3レースの結果が、上位にランクインしました。(BHM編集部)


2019年度の学生スピードスターは堀井/米田(スナイプ級。写真)、池淵/木下(470)に決定しました!photo by Junichi Hirai

 470級は池淵砂紀/木下雅崇(関西学院大)の14.1ノット、スナイプ級は堀井純太/米田智樹(北海道大)の10.7ノットが最高記録となり優勝を手にしました。

 成績は下記のとおりです。トップ10に入ったみなさん、おめでとうございます。セーリングデータはTracTracによるトラッキングデータで詳細がみられます。自分のスピードを確認してください。

 スピードコンテストの表彰セレモニーは、大会閉会式前におこなわれ、TracTrac社よりオリジナル・ポロシャツ、SAILFAST社よりSailGPキャップが贈られました。また、後日バルクヘッドマガジン編集部から大会中に撮影した写真をパネルにして贈呈します。

 みなさん、バルクヘッドマガジンで初めて企画したスピードコンテストはいかがでしたか? コンディションにより内容と結果は大きく変わりますが、ベタ凪でも強風でも選手全員に平等なコンテストだと思います。トップで走る選手が決してナンバーワンのスピードを出していないことも興味深い結果でした。

 スピードコンテストは全日本インカレの種目ではなく、バルクヘッドマガジン独自で開催した特別イベントです。インカレの醍醐味は学校対抗の団体戦ですが、肩の力を抜いて、インカレを楽しむちょっとしたエッセンスになってくれればうれしいです。

◎バルクヘッドマガジン主催「スピードコンテスト」最終結果
470級 トップ10
1. 14.1kt 池淵砂紀/木下雅崇(関西学院大)第3レース・レグ2
2. 13.1kt 花井静亜/塩谷善太(明海大)第3レース・レグ2
2. 13.1kt 平井徳輝/東大雅(同志社大)第3レース・レグ2
4. 12.6kt 藤野流星/藤原雄斗(同志社大)第3レース・レグ2
5. 12.5kt 高山大智/濱野舜斗(日本大)第3レース・レグ2
6. 12.4kt 小木曽涼/樫本達真(慶應大)第3レース・レグ6
7. 12.2kt 松島賢典/渡辺力(京都大)第3レース・レグ2
8. 12.1kt 本多佑基/中村大陽(日本大)第3レース・レグ2
9. 12.0kt 小村凜平/木原寛太(福岡大)第3レース・レグ3
9. 12.0kt 池淵砂紀/木下雅崇(関西学院大)第3レース・レグ6

スナイプ級 トップ10
1. 10.7kt 堀井純太/米田智樹(北海道大)第3レース・レグ6
2. 10.4kt 飯島爽太/金岩佑門 (京都大)第3レース・レグ6
3. 10.1kt 西島 孝/鹿野千尋(九州大)第3レース・レグ4
3. 10.1kt 三浦凪砂/黒田誉(同志社大)第3レース・レグ4
3. 10.1kt 吉安慶佑 上木進太郎(立命館大)第4レース・レグ4
6. 10.0kt 池﨑遼/加藤優汰(神戸大)第3レース・レグ6
6. 10.0kt 大平京ノ介/與那嶺佑樹(明海大)第3レース・レグ6
6. 10.0kt 近藤 大輝/長野 真歩(福岡大)第3レース・レグ5
9. 9.9kt 竹中 修平/西山 彰(九州大)第3レース・レグ5
9. 9.9kt 北島優/志水哲也(東北大)第3レース・レグ4
9. 9.9kt 玉山裕登/曽我駿亮(慶應大)第4レース・レグ4


470優勝の池淵砂紀/木下雅崇。photo by Junichi Hirai


スナイプ優勝の堀井純太/米田智樹。photo by Junichi Hirai

第84回全日本学生ヨット選手権 公式ウエブサイト
TracTrac(ライブトラッキング)
バルクヘッドマガジン・全日本インカレフォトギャラリー

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ