【スナイプ】葉山沖、強風吹き荒れる!全日本スナイプ3日目レポート

  • 18
  • Nov

 11月18日、葉山で開催されている「全日本スナイプ選手権」3日目。朝から南西風が吹く葉山沖は、スナイプ級クラスルールの風域上限となる23ノットに達するかどうかの強風コンディションです。大会3日目は、セーリングできるかどうか、ギリギリの風域で1レースを実施しました。(BHM編集部)

00291118-7Z7A1538
大会3日目はスナイプが飛びそうなほどハードなコンディションになりました。photo by Junichi Hirai

 強風、さらに大きな波が入るハードなレースになりました。この強風レースでトップを取ったのは、今年の全日本インカレで総合優勝を手にした同志社大の杉山航一朗(4年)/小林侑矢(2年)です。ベテラン勢をおさえ、艇のトラブルなく、逃げ切り勝利しました。

 レースコースはサイドマークを設置したトライアングルコース2周。風は二度目のアップウインドに入ると徐々に上がり、フィニッシュする頃には風域上限を越えたためハーバーバックに。

 フィニッシュ後は、沈艇、マストトラブル、ラダー・センタートラブルが出て、運営はレスキュー活動に追われることになりました。風はおさまることなく、大会3日目は1レースで終了となりました。

 成績は次のとおりです。7レースを終えて近藤/鈴木が首位を保守。2位に大井/酒井、3位に永松/神宮があがってきました。

 本大会のレースフォーマットは8レース以上で2レース分の得点が除外されます。明日の最終日に1レース以上おこなわれれば、2つめの得点カットが入るので順位変動がでてきます。カットレースを加味すると優勝戦線、そして3位争いも熾烈。おもしろい展開になってきました。

 明日19日、2017年度のスナイプ王者が決定します。おたのしみに。

◎第70回全日本スナイプ選手権
http://www.kanagawa-sailing.org/snipe-jpn-nationals2017

00291118-7Z7A1781
2度のゼネリコ後にスタート。この後、どんどん風があがってきます。photo by Junichi Hirai

00291118-CH6I5985
強風ながらも安定セーリングでトップを取った学生チーム、同志社大の杉山/小林。photo by Junichi Hirai

00291118-7Z7A1862
サイドマーク付近では沈艇もみられました。photo by Junichi Hirai

00291118-CH6I6841
フィニッシュ艇にAPHがあがりハーバーバックに。photo by Junichi Hirai

00291118-7Z7A2163
レース終了後、海はサバイバルコンディションとなりました。photo by Junichi Hirai

00291118-374A6273
トップを取った杉山航一朗(右)/小林侑矢。photo by Junichi Hirai

2017-11-18_result
2017年スナイプ全日本3日目 暫定成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ