【インカレ】アップダウンのブロー対応に実力差が出た蒲郡全日本初日

  • 01
  • Nov

 11月1日、愛知県蒲郡で開幕した「第83回全日本学生ヨット選手権」初日は、7〜13ノットの北風で3レース実施。“風の通り道”に設定されたレース海面で、選手たちは強弱のあるブローに悩まされるなか、470級は日本経済大、スナイプ級は日本大が好スコアをまとめ、クラス首位に立ちました。(BHM編集部)


インカレ個人戦優勝スキッパーの平野(写真)をはじめ4名の4年生が牽引する日本経済大。470級3チームがぼぼ10位以内に入る好成績で他大学を圧倒しました。photo by Junichi Hirai


蒲郡ではじまった第83回全日本インカレ。山頂に立つ金剛寺・子安弘法大師がレースを見守ります。photo by Junichi Hirai


出艇申告をする選手たち。朝7時30分前から豊田自動織機 海陽ヨットハーバーはにぎやかです。photo by Junichi Hirai


総合3連覇達成後、昨年同志社大に連覇を阻まれた早稲田大。今年のスローガンは「逆襲」です。photo by Junichi Hirai


近年、国公立大ヨット部の隆盛はインカレファンならよく知るところです。写真はいつも元気な大阪大メンバー。photo by Junichi Hirai


どの大学よりも早く蒲郡入りして、現地練習を積んだという京都大。70名近くの部員を抱える大所帯です。photo by Junichi Hirai


日本経済大4年のスーパークルー高柳 彬は、今年デンマーク470級世界選手権銀メダル、インドネシア・アジア大会金メダルを獲得し、オリンピック出場を目指して活動しています。「今年のインカレは絶対に勝ちたい」と気合十分。photo by Junichi Hirai


同じく東京五輪を目指す高山大智(日本大3年)も出場しています。普段はオリンピック活動を優先しているため、なかなか大学ヨット部に合流できませんが、実力は折り紙付き。初日は2-2-3位の成績で貢献しました。photo by Junichi Hirai


スナイプ1位の日本大。強弱のあるブローをよく見極め、成績をまとめました。photo by Junichi Hirai


大会初日ダイジェスト。映像:デイリーセーリング

◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
11月1日 大会初日写真
◎愛知県ヨット連盟(大会公式成績速報等)
http://www.ayf.jp/


2018全日本インカレ 470級初日成績(3R終了時)


2018全日本インカレ スナイプ級初日成績(3R終了時)

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ