【アジア大会】ジャカルタ前半戦でセーリング日本が4種目で首位に立つ

  • 27
  • Aug

 インドネシア・ジャカルタで開催されている「第18回アジア大会」。8月24日に始まったセーリング競技は、これまで3日間の前半戦を終えて、日本チームが470級男女、49er級、レーザーラジアル級でトップに立ちました。(BHM編集部)


セーリング会場は海岸線で目立ちにくい場所にありますが、ジャカルタの町中はアジア大会一色。スタジアム周辺はスポーツ以外のイベントも催されフェスティバル感満載です。photo by Junichi Hirai

 バルクヘッドマガジン編集長は、江の島から飛んで、日中の気温が33度、34度まであがるジャカルタへやってきました。たった1日過ごしただけですが、江の島のほうが暑く思えます。

 さあ、8月28日はレイデイで日本選手のレースはおこなわれず。大会は明日より後半戦となり、30日に再びレイデイを挟んで31日が最終日となります。

 4年に一度開催されるアジア大会は45カ国40競技462種目がおこなわれるアジア最大規模のスポーツの祭典。日本からは約760名が出場し、セーリング競技には9種目12選手が出場します。

 日本のメダルラッシュにわくアジア大会ですが、セーリング日本チームはいくつのメダルを獲得できるのでしょうか? みなさん、ご注目ください。

ジャカルタ第18回アジア大会 成績
49er 参加9艇 8R終了時
1. 古谷信玄/八山慎司(SPN) 13.0p
2. KOR CHAE BONJIN / KIM DONGWOK 19.5p
3. IND KELAPANDA CHENGAPPA GANAPATHY / ASHOK THAKKAR VARUN 21.0p

Laser 4.7 Open 参加23艇 7R終了時
1. KAMAN SHAH MUHAMMAD FAUZI 13.0p
2. CHN WANG JIANXIONG 14.0p
3. IND BAIRAGI GOVIND 14.0p
4. 前田海陽(広島県立広島高) 30.0p
15. 抜井理紗(大阪教育大学付属高校池田校舎) 84.0p

Laser Radial 参加10艇 7R終了時
1. 土居愛実(チームアビーム) 7.0p
2. CHN ZHANG DONGSHUANG 14.0p
3. THA CHANYIM KAMOLWAN 19.0p

Laser Standard 参加16艇 7R終了時
1. KOR HA JEEMIN 10.8p
2. MAS MOHD AFENDY KHAIRULNIZAM 11.0p
3. SGP LO JUN HAN RYAN 12.0p
4. 瀬川和正(米子産業体育館) 26.0p

470 Men 参加11艇 7R終了時
1. 磯崎哲也/高柳 彬(SPN/日本経済大) 7.0p
2. CHN WANG CHAO / XU ZANGJUN 12.0p
3. KOR KIM CHANJU / KIM JIHOON 15.0p

470 Women 参加7艇 7R終了時
1. 吉田 愛/吉岡美帆(ベネッセ) 6.0p
2. CHN WEI MENXI / GAO HAIYAN 12.0p
3. MAS JAMIL NURAISYAH / MOHAMAD SAYED NORASHIKIN 22.0p

RS:X Men 参加10艇 8R終了時
1. CHN BI KUN 8.0p
2. HKG CHENG CHUN LEUNG MICHAEL 17.0p
3. KOR LEE TAEHOON 17.0p
4. 富澤 慎(トヨタ自動車東日本) 22.0p

RS:X Women 参加6艇 8R終了時
1. HKG CHAN HEI MAN HAYLEY VICTORIA 10.0p
2. CHN CHEN PEINA 10.0p
3. THA KAEWDUANG NGAM SIRIPON 22.0p
5. 小嶺恵美(愛媛県競技力向上対策本部・ジェイウィルコーポレーション) 34.0p

49erFX 参加5艇
RS:One Men 参加8艇
RS:One Women 参加8艇
※日本不参加

Asian Games 2018 Sailing(成績等)
https://www.indonesiansailing.org/asian-games-2018


アジア版オリンピックと言われるだけあって、ホスト国の資金投入と各国の気合の入れようは五輪に勝るとも劣らず。巨大なメディアセンター(メインプレスセンター)もオリンピックを思わせます。photo by Junichi Hirai


町中は異常なまでの交通渋滞。クルマの運転は荒く、クラクションが常に鳴り響いています。クルマだけではなくバイクもたくさん。馬車や荷車もいます。photo by Junichi Hirai


インドネシアではUBERのようなスマホを使ったタクシーサービス「GRAB」が一般的だそう。編集長も使ってみましたが安くて便利です。日本もできればいいのにな。photo by Junichi Hirai

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ