〈グランデッセ〉が逃げ切り優勝!和歌山で開催、SHIMA SEIKI CUP

  • 09
  • Nov

 11月2日、3日、和歌山和歌浦で17回目となる「SHIMA SEIKI CUP」が、53艇の参加で盛大に開催されました。今年も自然災害が各地を襲いヨットレースにも影響を受けましたが、幸いにも秋晴れの下、2日間の日程が予定通り実施できました。(レポート/島精機カップ実行委員会、写真提供/山崎武敏)


軽風ながら秋空のクルーザーレースを満喫した第17回島精機カップ。photo by T.Yamazaki

 11月2日レース初日、IRC16艇の第1レースのスタートは湾内軽風です。マーク1からの情報で沖出しすると北寄りの風7~8ノットが入るとのことで全艇スタートしました。16艇は一部の大型艇を除けば関西キールボートサーキットやミドルボートの猛者ばかりで、ワンミスで敗北につながるハイレベルのレースとなりました。

 初日は予定通り3レースを実施し、クラス2は〈Gran Desse〉(X-35OD)1-2-1位で完勝。クラス1では〈AOBA〉(Club Swan42)が4-2-2位と手堅く帆走。赤いキャツプが目立っていました。特記すべきは〈NOFUZO〉(X-41OD)で、1-1位を取った後、3レース目で6位に落としアンラッキー。翌日の最終レースに懸けます。

 翌11月3日はオープンクラスの「和歌浦セーリングフェスティバル」の37艇も加わり、53艇が和歌浦湾とその沖に設置されたマークを回るコースでおこなわれました。スタート時は微風だったものの徐々に風速も上がり、全艇フィニッシュしレースが終了しました。

 IRCのクラス1は〈AOBA〉が勝利。クラス2の〈Gran Desse〉は最終もトップで堂々の優勝です。オープンのクラス1は〈CAMARADES〉(SALONA44)が、クラス2は地元の〈Marine Coral〉(YOKOYAMA30N)が優勝しました。

 53艇の参加、天気にも恵まれた本大会。特別協賛をいただいている株式会社島精機製作所の皆様、そして諸団体・行政官庁の後援による支えによって17回を終了できました事を深く感謝します。


IRC総合、クラス2優勝の〈Gran Desse〉(X-35OD)。photo by T.Yamazaki


3日は和歌浦セーリングフェスティバル艇が加わり合計53艇が出場しました。photo by T.Yamazaki


クラス1優勝、総合2位の〈AOBA〉(Club Swan42)。photo by T.Yamazaki


和歌浦セーリングフェスティバル オープンクラス総合優勝〈CAMARADES〉(SALONA44)。photo by T.Yamazaki


〈Gran Desse〉チーム。photo by T.Yamazaki


SHIMA SEIKI CUP恒例のマグロ解体ショー 。photo by T.Yamazaki


第17回 SHIMA SEIKI CUP IRC総合


IRCクラス1成績


IRCクラス2成績


秋の関西ミドルボート選手権成績


和歌浦セーリングフェスティバル 総合成績

◎第17回 SHIMA SEIKI CUP
http://www.wakayama-sailing.org/newsailingclub/newshimaseikicup/index.html

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ