Loading

渡邊/齋藤が優勝!第73回全日本スナイプ級ヨット選手権

 11月15日、「第73回全日本スナイプ級ヨット選手権」最終日。この3日間、天気予報は概ね的中し、この日は朝から無風。正午前から西寄りの風が出てきたタイミングでD旗が掲揚され、選手たちは一斉に海面に出て行った。(レポート・写真提供/日本スナイプ協会)

「これをやらなきゃ始まらないでしょ」と優勝のウィットモア杯を高々と掲げた渡邊選手

 これも予想されたことなのだが、運営艇とレース艇が海面に出てからも風速は上がらず、SCIRAによる平均5ノット未満の風ではレースを行わないという規定のためスタートできず。

 タイムリミットの14時まであと20分に迫ったところで、コミッティーボートにN/A旗が掲揚され、この日の全てのレースがキャンセルされ、シリーズがここに終了したことが告げられた。

 優勝は前日まで首位を守っていた渡邊哲雄/齋藤浩二の手に渡った。

「昨年、あと一歩のところで初優勝を逃して悔しい思いをしました。今年は絶対に勝ちたいという気持ちで和歌山に乗り込みました。ボクは以前この和歌山に住んで、和歌山の海に出ていたこともあって、思い出の地でお世話になった皆さんに少しは成長した姿を見せられることができて本当に嬉しい」と優勝ヘルムスマンの渡邊哲雄選手は語った。

 渡邊選手はクルーとしての優勝経験もあり、同一選手でクルー/ヘルムスマンの両ポジションでの優勝は、神作聡選手以来2人目の快挙となった。

2時間近い風待ちの末、全てのレースがキャンセルされたことを告げるN/A旗が掲げられた
長い風待ちの末、レースの全てがキャンセルとなり初優勝が決まった渡邊哲雄/齋藤浩二は、海上で喜びを爆発させた
逗子開成高校ヨット部の教え子とのコンビで、自身にとって初入賞を準優勝という好成績で飾った内田伸一選手。涙ぐみつつ教え子の入江裕太選手と固い握手をかわす
2020全日本スナイプ選手権 最終成績
CATEGORY:  COLLEGEDINGHYNEWS

INFORMATION