Loading

渡邊/齋藤が暫定トップへ。和歌山スナイプ全日本2日目

 11月14日、和歌山で開催されている「第73回全日本スナイプ級ヨット選手権」2日目の成績です。大会2日目は3レース実施され、渡邊哲雄/齋藤浩二がトップに立ちました。スナイプ全日本は明日15日最終日です。(BHM編集部)

第2レースでトップフィニッシュ。最終日を前に首位に立った渡邊哲雄/齋藤浩二

 微風に終始した昨日とは打って変わり、11月14日の和歌山は朝から北寄りの風が吹く絶好のコンディション。予定どおり11時に第2レースがスタートすると、順調に第3・4レースも成立した。(レポート・写真提供/日本スナイプ協会)

 風速こそそこそこあるものの、強弱が激しく、エリアによってブローの強さが大きく異なるガスティなコンディションは相変わらず。各選手ともコース取りには頭を悩ませていたようだ。

 そんな中、最終日を前に首位に立ったのが渡邊哲雄/齋藤浩二。第2レースでトップフィニッシュを果たすと、続く第3レースを6位、第4レースこそ15位となりカット対象レースとなったものの、カットポイントが15点というのは今シリーズダントツで、圧倒的に優位な立場で明日を迎えることになった。

 2位には第3レースでトップフィニッシュを決めた内田伸一/入江裕太の師弟コンビ。悲願の初優勝に向けて、今夜は眠れるのか!?


 3位には北京五輪470級日本代表ヘルムスマンの松永鉄也/西島孝がつけた。不規則なシフトを掴むのが得意な選手だけに、今シリーズの台風の目的存在になってきた。

 最終日の明日は微風の予報。フィナーレはどんなサプライズで幕を閉じるのか。刮目して待て!

逗子開成高校の師弟コンビ、内田伸一/入江裕太は第3レースでトップフィニッシュを決めて暫定2位
470級のオリンピアン、松永鉄也/西島孝がヒタヒタと上位に忍び寄り現在3位
第73回全日本スナイプ 2日目成績
CATEGORY:  COLLEGEDINGHYNEWS

INFORMATION