Loading

和歌山で開幕!18回目を迎えるSHIMA SEIKI CUP

 11月7日、和歌山セーリングセンターで「第18回 SHIMA SEIKI CUP」が開幕しました。2003年にラッセル・クーツ(アメリカズカップ三連覇スキッパー、現SailGP CEO)を迎えて始まったSHIMA SEIKI CUPも秋におこなわれる主要レガッタとして定着して18年。今年はコロナの影響で人気のパーティはできませんが、それでもIRCクラス17艇、オープンクラス33艇(和歌浦セーリングフェスティバル)が集まりました。(BHM編集部)

和歌山で開幕したSHIMA SEIKI CUP。関西圏の水域から集まる名物レガッタです

 大会初日は、IRCクラスによるインショアレースがおこなわれました。朝から小雨混じりの和歌山は風が安定しません。風がだんだん弱くなる中、かろうじて成立した第1レース以降、和歌山沖は無風に。午後3時半まで風を待ちましたが、期待の風は吹かず、初日は1レースだけで終了しました。

 本大会の注目艇は、〈侍翔洋〉(Cookson50)や〈T DRACONIS〉(ROGERS IRC 46)といった関東ではなかなか見られなくなった大型レース艇の活躍。また。はじめてK36SAMURAIで出場する〈LUCKY LADY X〉、数々の全日本タイトルを獲得してきた〈SUMMER GIRL〉、(SWAN42 NY/CLUB)、実力派選手が乗り込む〈BAFFI〉(JUDEL/VROLIJK 35 CR Fin6)等など。

 また、本大会は関西ミドルボートシリーズにも組み込まれ、熱い戦いを続けるミドルボート勢にも注目です。大会初日はIRC Iクラス〈SUMMERGIRL〉、IIクラス〈GRAN Desse〉(X35)、IRCオープンクラスは〈Air Supply〉(Farr 31)が暫定首位に立ちました。

 大会2日目は、当日だけのオープンクラスが出場する「和歌浦セーリングフェスティバル」も加わり、大三角形のコースタルレースがおこなわれます。

スタート時は北東風で始まった第1レース。ハイクアウトから下デッキ、ダウンビロウと風が落ちていってしまいました。写真左は好スタートを切った〈GRAN Desse〉
初日IRC Iクラスでトップに出た〈SUMMER GIRL〉
オープンクラス暫定1位の〈Air Supply〉
関東の名チーム〈LUCKY LADY〉がK36SAMURAIを購入。本大会が初レースで、大会後に蒲郡を経て関東へ回航する予定です。LUCKY LADYが加わり2021年の関東SAMURAIフリートは盛り上がりそうです
〈侍翔洋〉(Cookson50)
マリーナシティの建物はヨーロッパ風に作られています。選手たちの出港シーンは欧州のよう。写真は〈T DRACONIS〉(ROGERS IRC 46)
IRCクラス成績 1R終了時
IRCクラス成績 1R終了時
CATEGORY:  INSHOREKEELBOATNEWS

INFORMATION