Loading

微風に翻弄される和歌山。JOCジュニアオリンピックカップ2日目

 8月15日、和歌山セーリングセンターで開催されている「JOCジュニアオリンピックカップ 兼 JSAFジュニアユースセーリングチャンピオンシップ」 2日目。高気圧が広がる和歌山沖は風弱く、6ノット程度の風でレース開始。レース途中で風が弱くなり、コース短縮されました。(BHM編集部)

和歌山で開催されているJOCジュニアオリンピックカップ。本来ならインターハイの時期ですが、中止になってしまいました。この大会を最後に部活動を引退する3年生も出場しています

 その後、ハーバーに戻って風待ち。午後から再度海に出ましたが 期待の風は吹かず。大会2日目は、風に翻弄される1日になりました。

 合計3レースおこなわれた途中成績は、420級 池田海人/重松 駿(霞ヶ浦高)、420級女子 小菅 楓/後藤すず(広島県セーリング連盟)、レーザーラジアル男子 服部陸太(鎌倉学園高)、ラジアル女子 須永笑顔(横須賀学院高)が首位に立ちました。

 JOCジュニアオリンピックカップは明日最終日。合計4レース以上の成立で最も悪い1レースの成績がカットされます。

大会会場に入るには全員が入場ゲートで検温。首から下げたIDカードに検温済のシールを貼り、安全であることを確認してから入場します
朝から灼熱のヨットハーバー。陸上では可能な限りマスクを着用します
セーリングセンター2階のテラスに立ち、マイクを使って艇長会議をおこなう岩出レース委員長
北西の軽風で始まった第3レース。しかしその後風がなくなりコース短縮に。420、ラジアルともフィニッシュできないDNF艇が出ました
420女子トップに出た小菅 楓/後藤すず
3位の青山知央/桑野明日佳と同点。420オープン2位につけた 嶋倉照晃/ 鈴木海翔(霞ヶ浦高)
第3レースで4位でフィニッシュした岩手・宮古高校の佐香遼河/ 舩越七海
第1マークをトップ回航。総合4位の黒田浩渡(三重県ヨット連盟)
黒田とほぼ同時にフィニッシュ。トップで入りガッツポーズする前田大介( 和歌山工業高 )
ラジアル男子総合2位、岡田爽良(藤沢総合高)
 中学生3年生も元気に出場しています。 OP級からステップアップした下石雅楽(中3・右)/市橋愛生(高1)
風待ちになるとショップに選手たちが集まってきます
大会2日目420オープン成績
大会2日目420女子成績
大会2日目レーザーラジアル男子成績
大会2日目レーザーラジアル女子成績
CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSYOUTH

INFORMATION