Loading

伝説のアメリカズカップ、2013年大会全レースを再放送

 2013年9月、米サンフランシスコで開催された第34回アメリカズカップは、大会史上最大の改革であり、劇的な幕切れとなった大会でした。全長72フィート(22m)フォイリング・カタマランの新採用により戦いはスピート対決となり、各チームはフォイル(水中翼)の開発に力を注ぎました。(BHM編集部)

テレビ放映された第34回アメリカズカップ・サンフランシスコ大会がYouTubeチャンネルで視聴できます

 同時にスピードに対応したセーラーが求められ、ベン・エインズリー(GBR)、トム・スリングスビー(AUS)、イアン・パーシー(GBR)、ネイサン・アウタリッジ(AUS)といった現役オリンピックのスター選手が加入することになりました。

 しかし、残念なできごともおこりました。アルテミス・レーシング(SWE)が練習中に転覆し、船の下敷きになったオリンピック金メダリストのアンドリュー・シンプソン(GBR)が亡くなる事故があったのです。その後、フォイリングボートの安全性が問われ、セーリングウエアの開発も進み、大きく進歩することになります。

 また、世界中のセーリングファンを釘付けにしたのは、アメリカズカップマッチ(決勝戦)でした。戦いがはじまってみるとエミレーツ・チームニュージーランドが、勝ち星を重ね圧勝で幕を閉じると思われましたが。。。防衛艇のオラクルチームUSAは後半で8連勝し、奇跡の大逆転を飾ったのです。

 劇的な勝利をおさめたオラクルチームUSAヘルムスマンのジミー・スピットヒル(AUS)は英雄となり、エミレーツ・チームニュージーランドのディーン・バーカー(NZL)は、その後、チームを離れることになり、2017年第35回アメリカズカップではソフトバンク・チームジャパンのリーダーとして活躍することになります。

 アメリカズカップのYouTubeチャンネルでは、第34回大会第7日目までを公開。今後、全レースを公開する予定です。

2013年9月7日、アメリカズカップ初日。スタートマニューバ、タッキングマッチなど接近戦。USAは一度NZLの前を走りますが逆転され、NZLが2連勝
9月8日、アメリカズカップ2日目。15ノットの絶好のレースコンディション。第3レースではタッキングマッチによりNZLが勝利。第4レースでUSAが初勝利をおさめます
9月10日、アメリカズカップ3日目。第5レースでNZLが1分5秒の差をつけてUSAに勝利。第6レースはUSAが延期カードを使ってレースがキャンセルされました
9月12日、アメリカズカップ4日目。USAはタクティシャンをジョン・コステキからベン・エインズリーに変更。しかし、NZLが2連勝します
9月14日、アメリカズカップ5日目。強風戦となりNZLがキャプサイズ寸前でUSAが勝利。第9レースは風が上がったためレースはキャンセルに
9月15日、アメリカズカップ6日目。第9レースでUSAが勝利。第10レースではNZLが勝利し、カップ奪還が近づいてきました
9月17日、アメリカズカップ7日目。強風によりレース延期
9月18日アメリカズカップ8日目。第11レースでNZLが勝利しカップに王手を掛けますが。。。8日目の動画は7月2日に公開されます
CATEGORY:  Americas cupFOILINGINSHORE

INFORMATION