Loading

アメリカズカップ艇AC75のフォイリング&タック集

 今年12月〜2021年3月(決勝)に予定されている第36回アメリカズカップは、全長75フィート(約22.8メートル)のモノハル・フォイル艇AC75で戦うことが決定しています。スター&ストライプス以外は、昨年に1号艇を進水させ、現在トレーニングと2号艇の開発を進めている段階です。(BHM編集部)

ニューヨークヨットクラブから出場するアメリカンマジックの1号艇〈DEFIANT〉

 次回アメリカズカップにエントリーしているのは、防衛艇のエミレーツ・チームニュージーランド(NZL)と、挑戦艇のアメリカンマジック(USA)、ルナロッサ(ITA)、イネオス・チームUK(GBR)、スター&ストライプス(USA)です。

 今回は、SNSで公開されている各チームのフォイリングシーンを集めてみました。フラット海面ではフォイリングの安定性が分かります。レースがおこなわれるオークランド・ハウラキ湾は半島や島に囲まれているので、場所によっては波の影響は少なくフォイリング性能を十分に発揮できそうです。

◎第36回アメリカズカップイベント
ワールドシリーズ(前哨戦)
 2020年4月23〜26日 イタリア・カリアリ大会 ── 中止
 6月4〜7日 イギリス・ポーツマス大会 ── 中止
 12月17〜20日 ニュージーランド・オークランド大会

プラダカップ(予選・挑戦艇決定)
 2021年1〜2月 ニュージーランド・オークランド

アメリカズカップ・マッチ(決勝・防衛艇対挑戦艇)
 2021年3月 ニュージーランド・オークランド

ルナロッサのフォイリングタック
ルナロッサのフォイリングシーン
View this post on Instagram

Breeze up, pedal down. 🇺🇸 @americascup

A post shared by NYYC American Magic (@nyycamericanmagic) on

アメリカンマジックのフォイリングタック
アメリカンマジックのフォイリング・アクション
ETNZのフォイリング
ETNZの海上トレーニング
ETNZのフォイリング
イネオス・チームUKのフォイリングタック
イネオス・チームUKの フォイリング
CATEGORY:  Americas cupFOILINGINSHORE

INFORMATION