Loading

南里研二がリード、代表対決は最終日へ。レーザースタンダード世界選手権5日目

 2月15日、オーストラリア・サンドリンガムで開催されている「レーザースタンダード世界選手権」5日目の成績です。決勝シリーズが始まり、本日は3レースを実施。日本代表選考は、シルバーフリートで戦う南里研二が鈴木義弘をリードしました。明日16日は最終日。レーザー男子の日本代表が決定します。(BHM編集部)


最終レースで3位を取りシルバーフリート22位へあがった南里研二


おこなわれた3レースで順位を落としてしまった鈴木義弘

レーザースタンダード世界選手権 参加124艇 5日目 9レース終了時
1. GER Philipp BUHL 15p
2. FRA Jean Baptiste BERNAZ 19p
3. AUS Matt WEARN 30p
シルバーフリート
22. 南里研二 159p
34. 鈴木義弘 183p
ブロンズフリート
5. 北村勇一朗 158p
6. 瀬川和正 162p
23. 樋口 碧 232p
37. 藤本 拳 298p

※日本代表は、最終成績で国枠(国別35カ国以内)に入って獲得できるポイントで決定します。前大会まで南里が3点を所持しているので、鈴木は3点以上の得点獲得で代表。南里は鈴木を逆転、もしくは3点以内の得点差に収めることが条件となります。
※ポイント計算の方法はJSAFオリンピック強化委員会のサイト(4.選考得点の換算)を御覧ください。

◎2020 ILCA Laser Standard World Championships 成績
http://sailingresults.net/?ID=80326

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSOLYMPICSPECIAL

INFORMATION