Loading

軽風スピードを武器に。カウントダウン、リオ・オリンピック(4)RS:X級女子

 ウインドサーフィン種目のRS:X級女子には26カ国(26選手)が出場します。五輪選手のプロ化(企業をスポンサーに複数回の五輪に出場する)により継続活動するトップ選手が多い中で、リオ五輪RS:X級女子は「新旧選手の入れ替え期」になっています。(BHM編集部)

2016Hyeres_7Z7A8420
伊勢田 愛(いせだ めぐみ)。昭和62年6月30日生まれ(29歳)、滋賀県出身、私立履正社豊中中学校(大阪府)→私立履正社高校(大阪府)→同志社大学。福井県体育協会所属、157cm、56kg。オリンピック初出場

 現在の五輪セーリング種目では、上位選手が優遇される傾向にあり(例えば、ランキング上位選手だけが出場できるワールドカップ等)、トップ(ベテラン)と新人(若手)の実力差がはっきり分かれるという特長があります。経験値を高められる継続組は有利な部分が多いとも言えます。

 こうしたなかでRS:X級女子は、スペインのマリナ・アラバウ(ロンドン五輪金メダル)が、子育てしながら選手を継続していますが、ロンドンのトップ10に入った選手が消えて、全体的に初出場選手が多いという特長があります。イギリス、フランスは、ロンドンの代表選手ですが、当時よりも格段に成長しています。また、超激戦国であるウインドサーフィン強国のポーランドもメダル候補に入るでしょう。

 日本からは伊勢田愛が初出場します。日本RS:X女子は選考大会となったオマーン世界選手権で3選手がゴールド(決勝)フリートに残る大健闘を見せました。伊勢田は後半のレースで逆転して、日本代表になった経緯があります。このオマーン世界選手権はシリーズを通して軽風が主体でした。

 編集長が、伊勢田の走りを国際大会の現場で初めて見たのは、2013年サンタンデールISAFワールドでした。微風のパンピング・コンディションで素晴らしい走りを見せた反面、強風では海外勢に敵わなかったという印象があります。

 また、今年、編集長が取材をした今春のプリンセス・ソフィア杯(スペイン)、ワールドカップ・イエール大会(フランス)でも伊勢田は軽風レースで上位を走っています。伊勢田が実力を発揮できるのは、軽風のパンピング・コンディションといえるでしょう。また、5月からリオ現地で取り組んだ長期合宿の成果も期待したいと思います。

伊勢田愛 2013〜2016年までの戦歴
29位 16年4月 Sailing World Cup Hyeres, FRA
54位 14年3月 Trofeo SAR Princesa Sofia, ESP
25位 16年1月Sailing World Cup Miami, USA
21位 15年10月 RS:X World Championships, OMA
4位 15年9月 RS:X Asian Windsurfing Championships, JPN
48位 15年6月 RS:X European Championship, ITA
15位 15位6月 ISAF Sailing World Cup Weymouth & Portland, GBR
27位 15年5月 Delta Lloyd Regatta, NED
41位 14年9月 ISAF Sailing World Championships, ESP
40位 14年4月 ISAF Sailing World Cup Hyeres, FRA
12位 13年9月 ISAF Sailing World Championships Test Event, ESP


RS:X級女子リオ五輪プロモーション動画

RS:X級女子エントリー選手一覧(ランキング順)
1. Bryony Shaw(Great Britain)
2. Lilian De geus(Netherlands)
3. Peina Chen(China, PR)
4. Flavia Tartaglini(Italy)
5. Malgorzata Bialecka(Poland)
6. Stefania Elfutina(Russia)
7. Marina Alabau neira(Spain)
9. Charline Picon(France)
10. Patricia Freitas(Brazil)
11. Tuuli Petaja-siren(Finland)
12. Sonia Lo(Hong Kong)
14. Demita Vega de lille(Mexico)
15. Ingrid Puusta(Estonia)
23. Maayan Davidovich(Israel)
24. Maria aadland Mollestad(Norway)
25. Marion Lepert(USA)
31. Laerke Buhl-hansen(Denmark)
35. Megumi Iseda(Japan)
45. Angeliki Skarlatou(Greece)
47. Audrey Yong(Singapore)
60. Maria Tejerina(Argentina)
66. Dilara Uralp(Turkey)
76. Sara Cholnoky(Hungary)
101. Ketija Birzule(Latvia)
104. Siripon Kaewduang-ngam(Thailand)
162. Katia Belabbas(Algeria)

◎World Sailing Rio 2016
http://www.sailing.org/olympics/rio2016

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSSPECIAL

INFORMATION