Loading

ヤンマー・モスワールド開幕!記者会見にラッセル・クーツ氏が出席

 5月23〜29日に行われる「ヤンマー国際モス級世界選手権大会2016」が、神奈川県葉山町で開幕しました。日本で同種目の世界大会が開催されるのは15年ぶりで、葉山の開催は初めてとなります。(レポート/西朝子 モスワールド実行委員会)

逗子マリーナでおこなわれたオープニングセレモニーでは全日本選手権の表彰がおこなわれました。写真は全日本優勝の梶本恆平。photo by Junichi Hirai

 モス級はハイドロフォイル(水中翼)を装備した一人乗りのハイテクヨットで、最高時速は時速65kmにも達します。その独特のスピード感は一度体験すると忘れられず、最年少は16歳の山崎あんな選手、最高齢は72歳の古谷元洋選手と若手からベテラン、性別に限らず、多くセーラーを虜にする人気種目です。今大会には11カ国68名が参加しています。

 大会前日は公式記者会見、練習レース、そして開会式が行われました。公式記者会見には、タイトルスポンサーのヤンマー株式会社から執行役員の荒木 健 氏、国際モス級世界協会のスコット・バベッジ会長、そしてアメリカズカップ防衛チーム、オラクルチームUSAのCEOであるラッセル・クーツ氏も出席しました。

 レジェンドセーラーのクーツ氏は、「モスは近代アメリカズカップと親和性の高い種目です。どちらも水中翼を装備し船体を海面に浮かせて高速で走り、また速い展開のレースはとても見応えがあります。モスセーラーの中から有望な選手がいたら、ぜひオラクルチームUSAにスカウトしたいものですね」と話しました。

 記者会見の後は観戦ボートで海上に移動し、練習レースを見学。さらに葉山港で選手たちとも交流しました。レジェンドセーラーの登場に、モスセーラーはもちろん、葉山港にいた一般セーラーや、ジュニアセーラーも沸き立ち、サインをもらって喜ぶ姿があちこちで見かけられました。

 リビエラ逗子マリーナで行われたオープニングセレモニーは、迫力ある和太鼓でスタートし、前日に終了した全日本選手権の表彰も行われました。女性陣はゆかたにドレスアップ。始めてゆかたを着た外国選手はとても嬉しそうでした。

 15年ぶりに日本で開催されるモスワールドは、明日から本戦が始まります。今大会はイギリス勢とオーストラリア勢のライバル対決に注目。また、地元の利を活かした日本選手の活躍も期待されます。また、公式ウェブサイトでは、全選手に搭載したGPSの位置情報を元にトラッキング情報を配信しています。

ワールドタイトルを狙う選手たちはフォイルのシェイプに余念がありません。photo by Junichi Hirai
逗子マリーナでおこなわれた記者会見。ラッセル・クーツ氏が出席しました。photo by Junichi Hirai
プラクティスレースは残念ながら風なし。photo by Junichi Hirai
ラッセル・クーツ氏はプラクティスレース観戦後、葉山港で選手たちと話をしました。photo by Junichi Hirai
6時からおこなわれたセレモニーは逗子開成高校生徒の和太鼓で始まりました。photo by Junichi Hirai
オープニングセレモニー。ついに明日24日から一週間の世界選手権が始まります。photo by Junichi Hirai


世界選手権前日ダイジェスト映像

◎YANMAR Moth World Championship 2016
http://www.mothworlds.org/hayama/
◎Moth World FACEBOOK
https://www.facebook.com/mothworlds/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
海快晴
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYFOILINGINSHORENEWSSPECIAL

INFORMATION