Loading

世界のナクラ17級の現状。リオ五輪テストイベント5日目。

 8月19日、ブラジル・リオデジャネイロで開催されているリオ五輪テストイベント5日目。ワールドカップならメダルレースを含めて5日間と決まっていますが、本大会ではクラスごとにスタート日、終了日が異なり合計8日間おこなわれます。来年のリオ五輪本番は11日予定されているので、さらに長い期間になります。(BHM編集部)

7Z7A4155
リオに期待された風は吹かず。大会5日目まで軽風シリーズになっています。写真は外海に出て最も遠いエリアでおこなわれた470級。photo by Junichi Hirai

 5日目のリオも前日同様に風弱く、全種目のレースが予定されていましたが、ナクラ17級、RS:X級男女以外は陸上待機ではじまりました。ナクラ17級は弱い風で2レースおこなわれ、オーストラリアが連続トップで首位へ。オランダ、ドイツと僅差で並びます。

 カタマランのナクラ17級は昨日紹介した49er級FXと同じく、リオ五輪から採用される新種目です。北京五輪でマルチハル種目のトーネード級が消え、女子マッチレースに変わりましたが、マッチレースはロンドン五輪1度だけでなくなり、五輪のために開発されたナクラ17級が採用されました。

 ナクラ17級の特長は五輪セーリング種目で唯一の男女混合種目であること。スキッパーが女子のチームもあれば、その逆もあり。首位のオーストラリアチームは男子スキッパーですが、2位のオランダは女子スキッパー、ドイツは男子、ニュージーランドは女子…とチームによってまちまち。お互いの個性を活かしたチームが組まれています。

 カタマランは日本では馴染みのない種目ですが、ISAFユースワールド種目やアジア大会でも採用されいていることからも世界で普及するカテゴリーといえます。日本はこのテストイベントに出場していませんが、後藤浩紀/田畑和歌子(チームアビーム)が活動していて、9月中国で開催されるアジア大陸枠選考(ISAFワールドカップ青島大会)で五輪出場を狙います。

 いくつかの国際大会や世界選手権でこのクラスを見てきた感想は、まずカタマランというスピードボートの特性から独特のヨットレースがおこなわれるということ。このテストイベントのコースは上・下のマークを周回。上マークにはヒッチマークが設けられ、下マークはゲート、フィニッシュは風下へ流し込みとなります。1年半前にはじめてナクラを見た時は、特に風が吹き上がると他国の選手たちは船に乗るだけで精一杯、という印象でした。昨年の世界選手権でも、風が上がると上マークからヒッチマークまでバウダウンできない選手が続出していたのを覚えています。

 しかし、今春に見たISAFワールドカップ・イエール大会のメダルレースは、選手のセーリング技術が飛躍的に進化していました。強風のボートハンドリング性能があがり、ポートアプローチから上マーク回航する華麗な姿はまさに芸術的で、トップ選手の技量が一段と上がっているのが分かりました。船の性能を知るため試行錯誤を繰り返し、セッティング方法も安定してきたのだろうと感じています。

 いまナクラの世界でいちばん速い選手は、まぎれもなくフランスのビリー・ベッソン/マリエ・リオウです。このチームはナクラ17級がはじまってから三連続で世界選手権を制している怪物チームです。しかし、本大会では現在5位。軽風シリーズとなっているリオの風と強い潮に翻弄されています。

 大会5日目はナクラ17級とフィン級のみ2レースを実施。その他のクラスは1レースで終えました。RS:X級男女は全レースを実施できずに予選終了となり、富澤 慎は20位、須長由季は16位となりました。明日のRS:Xは上位10艇によるメダルレースがおこなわれます。また、その他のクラスもスタート時刻を早めておこなわれる予定です。

4J5A3868
マリーナ・デ・グロリアの東端にある470級のバース。photo by Junichi Hirai

7Z7A3969
ジュリーは五輪を模して各国1名と決まっています。日本からはJSAFルール委員会の増田開さんが参加しています。photo by Junichi Hirai

4J5A3891
ナクラ17級のスタートではISAFワールドカップ・ウエイマス大会でおこなわれた旗によるカウントダウンが採用されました。5分前から時間を知らせる数字の旗が合図になります。今後、ISAFの主流になるのかはまだ分かりませんが、オリンピック本番を意識したスタート方式です。photo by Junichi Hirai

4J5A3903
ナクラ17級のスタート。中央のスペインはボルボオーシャン世界一周レースで〈Mapfre〉のスキッパーを務めたイケール・マルティネス。いま、世界のトップセーラーは、オリンピックとアメリカズカップ、ボルボオーシャンレースを重複して活動しています。ものすごいエネルギーです。photo by Junichi Hirai

4J5A3933
軽風で強い首位のオーストラリア(ジェイソン・ウォーターハウス/リサ・ダーマニン)。これまで同国のライバルであり、前回アメリカズカップでオラクルチームに所属していたダレン・バンドックは出場していません。photo by Junichi Hirai

4J5A4037
富澤 慎は最終レースを5位を獲得。軽風のパンピング・コンディションは得意な風域です。今回は首の故障もあり大会を20位で終えました。photo by Junichi Hirai

4J5A4483
470級は最も遠いエリアで1レースだけ実施しました。土居一斗/今村公彦は14位で10位に後退。photo by Junichi Hirai

4J5A4780
470級女子の吉田 愛/吉岡美帆は14位を取って総合10位へ。外海でおこなわれた470級は波が高いが風は弱い、というハンドリングのむずかしい海面でした。photo by Junichi Hirai

7Z7A4415
夕方、帰着する時間には空に厚い雲がたちこめ、壮観な景色があらわれました。手前はシュガーローフで遠くにキリスト像が見えます。photo by Junichi Hirai

◎ISAF Aquece Rio International Sailing Regatta 2015
http://www.sailing.org/olympics/rio2016/home
◎Aquece Rio
http://www.aquecerio.com/

470級男子 参加22艇
1. CRO Sime Fantela / Igor Marenic 3-(7)-7-1-1 12.0p
2. USA Stuart Mcnay / David Hughes 6-2-1-(9)-5 14.0p
3. FRA Sofian Bouvet / Jeremie Mion 5-3-(6)-3-6 17.0p
10. JPN 土居一斗/今村公彦 11-5-5-(23)-14 35.0p

470級女子 参加18艇
1. USA Anne Haeger / Briana Provancha 2-2-3-(6)-2 9.0p
2. GBR Hannah Mills / Saskia Clark 6-1-(11)-1-3 11.0p
3. CHN Shasha Chen / Haiyan Gao 1-3-2-13-(16) 19.0p
10. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 (19)-10-6-4-14 34.0p

49er級男子 参加20艇
1. NZL Peter Burling / Blair Tuke 2-6-1-(12)-1-1 11.0p
2. AUT Nico Delle Karth / Nikolaus Resch 5-2-7-2-4-(11) 20.0p
3. ESP Diego Botin / Iago Lopez Marra 1-4-8-5-(10)-4 22.0p
13. JPN 牧野幸雄/高橋賢次 12-12-11-(14)-8-13 56.0p

49er級FX女子 参加19艇
1. ITA Giulia Conti / Francesca Clapcich 1-2-3-(10)-4-2-6 18.0p
2. BRA Martine Soffiatti Grael / Kahena Kunze (20)-3-2-2-3-1-14 25.0p
3. ARG Victoria Travascio / Maria Sol Branz 2-7-4-1-5-6-(17) 25.0p
17. JPN 松苗幸希/原田小夜子 17-(19)-16-17-11-13-7 81.0p

レーザーラジアル級女子 参加28艇
1. LTU Gintare Volungeviciute Scheidt (10)-3-8-1-7-1-9 29.0p
2. USA Paige Railey 13-1-(29)-2-8-3-6 33.0p
3. BEL Evi Van Acker 15-13-4-4-4-(22)-2 42.0p
15. JPN 土居愛実 1-(21)-16-16-13-17-17 80.0p

RS:X級男子 参加28艇
1. CHN Aichen Wang 4-1-1-1-2-(5)-1-1-4 15.0p
2. FRA Pierre Le Coq 1-6-5-3-3-(9)-5-8-1 32.0p
3. GRE Byron Kokkalanis 7-(17)-6-2-6-1-10-4-2 38.0p
20. JPN 富澤 慎 20-19-19-(25)-20-25-15-16-5 139.0p

RS:X級女子 参加20艇
1. FRA Charline Picon 1-7-6-2-11-1-(13)-1 29.0p
2. POL Malgorzata Bialecka 3-2-3-5-4-8-4-(9) 29.0p
3. ESP Blanca Manchon 4-4-5-7-2-6-(21)-3 31.0p
16. JPN 須長由季 17-(20)-10-8-18-15-14-16 96.0p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWSSPECIAL

INFORMATION