Loading

後藤浩紀三連覇達成!ワールドを視野に葉山モス全日本開催

 葉山で開催されたモス全日本選手権のレポートです。合計7レースおこなわれ、1位と2位のスコアを並べた後藤浩紀選手が優勝を飾りました。ナクラ17の五輪活動を並行する後藤選手は、モス全日本三連覇です。本大会は、来年5月に開催されるモスワールドの予行練習も兼ねていて、レース運営や施設の利用方法などワールドを意識したレガッタとなりました。また、モスでは大会期間中の余興として抽選をおこない番号(順位)を決め、最終成績の該当順位の人がバルクヘッドマガジン用のレポートを提出することになっています(素晴らしいアイデアです。ほかの大会でも真似てみては?)。今回は見事にレポート提出権利を勝ち取った5位の鷲山真一選手がレポートします。(BHM編集部)

15.05.17_7Z7A0533
三連覇を達成した後藤浩紀(SAILFAST)。今週からナクラ17の五輪出場権利獲得へ向けて約2カ月の海外遠征が始まります。photo by Junichi Hirai

上達している手応えを感じたモス全日本

 5月15〜17日の3日間、来年モスワールドが決まっていることもあり、葉山沖で第48回全日本モス選手権が開催されました。大会前の台風6号の進路次第では「今回ももしかしたら駄目か?」(※編注:昨年の全日本は一度不成立になりました)と思われましたが、無事成立しました。(文/鷲山真一)

 大会初日は、南風11〜20ノットのラフな海面で3レース行いました。普通に走るのも大変な状況なのに大量の藻を避けながら走らなければいけないとても大変なレースでした。

 自分は、何回沈させたか分からないくらい藻を取り、去年はとても走れませんでしたが、ゴールデンウィーク中葉山に練習しに来たおかげで、ノーズダイブもかなり減り、周回遅れは逃れました。やっぱり練習は必要だなと痛感しました。上位陣はさすがに上手でしっかり藻を避けて走っていました(中には藻に本気で怒っていた方がいたそうです)。

 大会2日目は、軽風予想の中、朝から北風12ノット。初日の藻もかなりなくなり、だいぶ走らせやすいかと思いきや、うねりがまだ残り、初日よりもひどいコンディションの中レーススタート。

 また吹っ飛ばされることを覚悟して望みましたが、途中で風がなくなりノーレースでハーバーバック。1時間ぐらいしたらまた飛べそうな風が入り、また出艇しましたが、結局数分しかその風吹かずノーレースとなりました。

 夕方からのレセプションでは、今回も大西さんから大量にお酒を提供していただき、鈴木夫妻が用意してくれたお料理で大変盛大に執り行いました。本当にありがとうございました。

 大会最終日。今日も軽風予想のため1時間早めて北風12〜16ノットの波の無い海面での中でレースをおこないました。レース数重ねたおかげで今回は前のほう走れてますが、しかしタックが下手なので順位を落としてしまいます。あぁもったいない。

15.05.17_7Z7A0284
レポートを担当してくれた鷲山真一。photo by Junichi Hirai

 続けて2レース目。東の風、8〜14ノットの中スタートしました。今回もまた前にいるじゃないですか! 今度こそはと思っても、また抜かれてしまった。あぁ悔しい。

 続けて3レース目。だいぶ風が弱くなりましたが、まだぎりぎり飛べる風の中スタート。やはり風が無くなりノーレースでハーバーバック。本日はもう無いかと思ったら1時間足らずで南風が入ってきて、また出艇。8〜14ノットの中レーススタート。今回もまたいい感じで前のほう走ってます。しかし、またタックミスで順位落としてしまいました。

 まだぎりぎり飛べる風で最終レーススタート。数艇しか飛べない風の中、飛んでスタートしたおかげでまたも上位陣と絡める位置にいましたが、上マーク付近でそんな神風も配給終了。下マークまで汗かきながらローライドでコース短縮、レース終了となりました。

 今回レースを通じて学んだ事が沢山ありました。今までこんなに絡めなかった選手達と一緒に走れたことが、とてもいい勉強になりました。来年のワールドにも参加する予定なのでさらに練習を積んで挑みたいと思います。いろいろ大変で痛い思いもしたけどみんなと走れて楽しかった。これを見て興味がわいた方は、ぜひモスに乗りましょう!

15.05.17_15.05.17_4J5A1197
2位の高橋洸志。ワールドへ向けてもっとトレーニングしなければ、とコメント。photo by Junichi Hirai


大会最終日ダイジェスト。後藤選手、高橋選手、梶本選手のインタビューあります。制作:デイリーセーリング


バウ・アウタリッジ制作、モス全日本最終日ダイジェスト映像

15.05.17_7Z7A9984
3位、鈴木晶友。大会実行委員長としても大忙しでした。photo by Junichi Hirai

15.05.17_7Z7A3076
多くの参加を集めて開催された全日本。2016葉山ワールドが近づいてきたのを感じます。photo by Junichi Hirai

15.05.17_moth
2015モス全日本選手権成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION