Loading

シンガポール大勝!OP級アジア選手権最終日

 8月29日、葉山オプティミスト級アジア選手権最終日は、午前中から南西の風が定期的に入り、海上はこれまでにないグッド・コンディションに。最終は20ノット近くまであがる最高の風のなか3レースをおこないました。(BHM編集部)


ようやく風が吹き出した最終日。前半はレースがおこなえず心配でしたが、最終的には9レースの満足の内容となりました。photo by Junichi Hirai

 シンガポール対タイの戦いに注目が集まりましたが、世界王者シンガポールは一枚上手です。なんと1〜5位までを同国で占める横綱相撲をみせました。優勝はTEO RYAN選手。また、ワールドチャンピオンのLOH JIA YI選手は最終日3レースをすべてトップ。昨日の14位から一気に総合5位まであがる躍進をみせました。

 24艇出場している日本チームの最高順位は、小柳倫太郎(B&G福岡)の21位。大会成績は、下記のとおりです。レース後、閉会式、パーティーは、今回のメイン会場となった逗子マリーナに移動しておこなわれました。


優勝のシンガポール、TEO RYAN選手。photo by Junichi Hirai


OP級アジア選手権最終成績


葉山港の防波堤脇でシンガポールがパフォーマンス。コーチが「1〜5位まで並べ〜」と号令をかけると、素早く船を操作してピッタリとくっつきました(こう見えても風は強いです)。選手たちが相当操船に慣れている証拠です。彼らの将来が楽しみです。photo by Junichi Hirai

◎OP級アジア選手権(公式)
https://sites.google.com/site/iodaasian2013/
◎アジア選手権・日本チーム応援ページ
https://sites.google.com/site/asianoptimistteamjapan2013/home

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION