Loading

トランスパック表彰式。みんなおめでとう!


トランスパックヨットレースが終わりました。最後は表彰式です。最近は屋外のワイキキシェルでしたが、今回はホテルで開催されました。

ベンガル・デリバリーレポート(42)
ホノルル

7月25日『トランスパック表彰式』


最後のフィニッシュ艇〈Kahuna〉のフィニッシュをFollow Me Boatで見に行って来ました。朝4時だったのでほとんど見えませんでしたが。。。。レース艇との無線のやりとりを聞けたのは貴重な体験でした。(文/寺尾まゆこ、写真/チーム・ベンガル)


これにてトランスパック2013レース終了です!


今日は表彰式。各種トロフィーが壇上に並べられてます。歴史あるレースならでは。


ディビジョン7 クラス2位の貴帆


ディビジョン7 クラス1位のテンクォーター


舞台の真ん前に陣取り過ぎて、カメラに収まりきりませんでした。。。ので2枚。


ディビジョン5 クラス2位のクレセント3


ディビジョン2 クラス2位のビーコム


総合1位の〈Dorade〉。この銀製のヨットのトロフィーは〈Dorade〉が1936年に優勝した時に獲得したものだそうです!なんと77年前。


テンクォーターの高橋オーナー。おめでとうございます。他のチームはつかまえられませんでした。。。。


いつものことながら多くの人々にお世話になりました。写真はトランスパックヨットクラブ・コモドアのデーブさんと奥さんのキャロルさん(と私)

トランスパックのボランディアは、600人以上いるといわれています。私はフィニッシュ前から本部の手伝いをしているので、本当にたくさんの人が睡眠不足になりながらレース運営に走り回っているのを見ました。トランスパックならではのあたたかいウェルカムはボランティアの力あってこそ!


というわけで毎回一番功績のあるボランティアが表彰されます。今回は私もとってもお世話になっているLinellさんが表彰されました(写真ぼけちゃった。。。)

そんなこんな、トランスパックが終盤を迎える中。


オーナー含めた4人の2013年トランスパック戦士たちは、昨日楽園を後にし、家に帰ることなく五ヶ所湾に飛んで行きました。〈HORIZON〉でパールレースに出場します。「ほんとに好きだね。。。。」と色んな人にいわれています。

◎ベンガル・デリバリーレポート
(41)ベンガル、ホノルルにフィニッシュです!
(40)続々フィニッシュ!ホノルル24時間体制です
(39)ベンガルスタート、いってらっしゃーい!
(38)ベンガル、焼肉と日本料理を堪能しました
(37)みんながんばろう!センドオフパーティー
(36)ONとOFF。トランスパックの準備は続く!
(35)ベンガル。スタート準備が着々と進んでます
(34)任務完了!マリナデルレイに到着しました
(33)やった!ロサンゼルスまで残り720マイル
(32)本格的な寒さ到来。便座が冷たいのです
(31)太平洋上で「太平洋ひとりぼっち」を読む
(30)太平洋の船の上で天気の勉強しています
(29)ベンガル、ただいまハワイから北上してます
(28)太平洋横断中!ベンガルレポート再開です
(27)知ってる?ハワイのラビットアイランドレース
(26)ベンガル回航チーム任務完了!一旦解散です
(25)ハワイはいいわー。到着した時の写真を紹介
(24)アロ〜ハ!ワイキキヨットクラブに到着!
(23)ハワイ沖、野生の鳥がヨットにぶつかるなんて
(22)到着は16日? ハワイまで1000マイルです!
(21)恐怖! 飛んできたイカが目に突き刺さる?
(20)赤道通過直前、カツオを釣り上げた!
(19)ベンガル、晴れ空の下、水虫の薬を研究する
(18)タヒチ出港。2400マイル先のハワイへGO!
(17)入国手続に手間取り…。パペーテのベンガル
(16)楽園タヒチ、18日ぶりの上陸を満喫します!
(15)ついに到着目前、タヒチが見えてきたぜっ!
(14)ベンガル南太平洋北上。キャビンがムシムシ
(13)バンザイ!タヒチまで1000マイル切りました
(12)南太平洋上、雨水を貯めてシャワーを浴びる
(11)夜空の星座を眺めながら今の自分を考えた
(10)マグロを釣る夢を見て、よだれを垂らす
(9)ヨットの上で、地球って不思議だなぁと思う
(8)イルカの群れと走り、満点の星空を眺める
(7)次はタヒチへ。ベンガル、再び出港準備です
(6)ニュージーランドで温泉を探す旅に出る
(5)ウェリントンのチャファーズマリーナ
(4)1200マイル走破!ウェリントン到着しました
(3)シドニー沖。荒れた海でクジラと接近遭遇
(2)シドニー最後の夕日は、きれいでした
(1)出港直前。ベンガル回航一座、出港準備です
(0)南太平洋デリバリーレポートはじまります!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION