Loading

太平洋の船の上で天気の勉強しています

ベンガル・デリバリーレポート(30)
ハワイ〜ロサンゼルス

6月6日『コリオリとは…、そういうものなんだ』

 予報通り北緯30度を越えたら風が南に回り始めました。ログが思うように稼げません。ちなみに、計器の風向は190度だけど、偏差の関係で実際はもっと西よりです。このあたりは偏差が10度くらいあるそう。のんびりセーリングには気持ちいいのですが、陸に着いてレース準備のために「あれやってこれやって」と頭の中にあるからか、今回のレグは早く陸に着きたくてたまりません。(文/寺尾まゆこ、写真/チーム・ベンガル)

 でも時間もあって海況が穏やかなので、食事はちゃんとしたものを作れてます。昨日の昼は、野菜たっぷりアサリ入りちゃんぽん。夜はしいたけ、にんじん、れんこん、たけのこの筑前煮。そして今日の朝はハムエッグとサラダ、昨日の筑前に残りの変形お味噌汁、切り干し大根入り。陸上にいる時よりもバランスのとれた食事してると思います、はい。

 今回のレグは、せっかく、もりもりさん乗船なので、最大限に利用させてもらおうと思ってます。今はわれらがお告げの主、馬場さんの著書を読みながらわからないところをもりもりさんに質問する、というスタイルで海の天気の勉強中(編注:森さんは気象予報士のセーラーです)。またコリオリでつまづきましたが、森大先生が、深く考えないでコリオリとはそういうもの! と思えばいい、とアドバイスくれたのでそう思うことにしました。

 それから、延ばし延ばしにしていた星座の勉強も、もりもりさんの助けの下、ぼちぼちと始めました。昨日は獅子座を覚えました。南太平洋回航中とは違い、雲が多く、くっきり星が見えないのが残念です。

 そして、もりもりさんは先生だけでなく、私のメンターにも早変わりです。「この太平洋周遊航海で成長した点は?と質問されたらどう答える?」との課題を投げかけられました。一応答えてはみたもののまだまだです。ぼーっとしながらもりもりさんとの日々を大切に過ごそうと思います。「せっかくだから」笑。

 ちなみに、ほっかむりしてグデーッとしてたら「安来節の認定受けられるんじゃない? どじょうすくいで世界に羽ばたいてる人まだいないと思うよ?」と言われました。そうかな、いけそうなのかな?

6月7日『風がないので食べてます』

 昨日の夕方から風が落ち、さらにかなり西寄りになってきたのでジブダウンして、座長十八番のプロペラ回し開始。今は風向は東寄りにもどりつつありますが、いかんせん風がよわーい。15日着の夢は崩れ始めました。

 風がないとやることと言ったら食べること。今回は14日+予備で、20日×3食×5人の食料を計算して積んでいます。でもカップラーメンは食当の私が用意する3食には含まれず夜食としてカウントして積んでいます。朝食はだいたい7〜8時、昼12時、夜19〜20時に取るので、夜中に必ずお腹が空きます。でも昨日は日中あまりにもヒマ過ぎたのか、昼間からじんさんがUFOに手を出し、もりもりさんもぺヤングに。

 「ヒマヒマ」といいながらも食べること以外にも色々やってます。筋トレしたり、ヨガしたり、本読んだり、人生相談したり、レースのためのインスペクションの準備したり。さらにはレース前、どの日に、恒例の焼肉屋に行くか、ということまで考え始めてます。

 食料の話に戻りますが、安藤座長がずっと忙しくて手をつけられなかった、造水機の修理が完了しました! 座長が日本で一旦海水を溜めるためのお手製タンクを作ってきたので、それを追加することによりスムーズに動くようになりました。これでレースもバッチリです。


風がないとヒマでよく食べるのです。写真は日陰スペースを選んでペヤングを食べる森さん。絶妙なポジションですね


ほっかむりしてお天気の勉強しています

◎ベンガル・デリバリーレポート
(29)ベンガル、ただいまハワイから北上してます
(28)太平洋横断中!ベンガルレポート再開です
(27)知ってる?ハワイのラビットアイランドレース
(26)ベンガル回航チーム任務完了!一旦解散です
(25)ハワイはいいわー。到着した時の写真を紹介
(24)アロ〜ハ!ワイキキヨットクラブに到着!
(23)ハワイ沖、野生の鳥がヨットにぶつかるなんて
(22)到着は16日? ハワイまで1000マイルです!
(21)恐怖! 飛んできたイカが目に突き刺さる?
(20)赤道通過直前、カツオを釣り上げた!
(19)ベンガル、晴れ空の下、水虫の薬を研究する
(18)タヒチ出港。2400マイル先のハワイへGO!
(17)入国手続に手間取り…。パペーテのベンガル
(16)楽園タヒチ、18日ぶりの上陸を満喫します!
(15)ついに到着目前、タヒチが見えてきたぜっ!
(14)ベンガル南太平洋北上。キャビンがムシムシ
(13)バンザイ!タヒチまで1000マイル切りました
(12)南太平洋上、雨水を貯めてシャワーを浴びる
(11)夜空の星座を眺めながら今の自分を考えた
(10)マグロを釣る夢を見て、よだれを垂らす
(9)ヨットの上で、地球って不思議だなぁと思う
(8)イルカの群れと走り、満点の星空を眺める
(7)次はタヒチへ。ベンガル、再び出港準備です
(6)ニュージーランドで温泉を探す旅に出る
(5)ウェリントンのチャファーズマリーナ
(4)1200マイル走破!ウェリントン到着しました
(3)シドニー沖。荒れた海でクジラと接近遭遇
(2)シドニー最後の夕日は、きれいでした
(1)出港直前。ベンガル回航一座、出港準備です
(0)南太平洋デリバリーレポートはじまります!

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  NEWSOFFSHORESPECIAL

INFORMATION