Loading

GW恒例KYCコモドアーズ、サマガ連覇!

 関西ヨットクラブで毎年5月のゴールデンウィークに開催されるKYCコモドアーズカップ。今年は天候にも恵まれ、IRCクラス7艇(X35オープンクラス併設4艇参加)で行われました。(文/関西ヨットクラブ、写真/中嶋一成)


連覇を決めたサマーガール。関西水域で敵なしか?

 大会は5月3〜5日の3日間。毎日、昼前からのシーブリーズが吹き始めるのを待ち、スタート時間が遅れながらも、軽風シリーズで全6レースを消化しました。

 初日は上下(4レグ)コースを3レース。第1レースは〈WAILEA〉(X35OD)が強豪を抑え幸先良くトップを取り、大会は始まりました。

 第2、3レースは〈SUMMER GIRL〉(FIRST40.7)が終始安定した走りでトップを取りIRCクラス初日首位で終えました。X35オープンクラスは、X35同士の激しいバトルを繰り広げながら〈CHOVE CHUVA〉(X35OD)が安定して上位に入り、初日首位となりました。

 2日目は、西宮沖から神戸空港沖のマークブイをまわる22マイルのショートインショアコースです。しかし、風待ちで1時間25分遅れでスタートしたレースは、14マイルのコースに短縮されました。


今年から関西ミドルの雄〈デッセ〉が加わり、混戦のX35フリート

 このレースでは〈SUMMER GIRL〉が追いすがる〈WAILEA〉を振りきってトップとなり、IRCクラス首位をキープしました。X35オープンクラスは、修正でIRCクラスのトップ〈SUMMER GIRL〉まで12秒差とした〈WAILEA〉が逆転で首位に立ちました。

 最終日は上下(4レグ)コースを2レース。随所で〈SUMMER GIRL〉を苦しめた〈WAILEA〉は、最終2位(X35オープンクラス優勝)となりました。そしてIRCクラスは、全6レース中5レースでトップと圧倒的な強さを見せた〈SUMMER GIRL〉が昨年に続く連覇を勝ち取りました。〈SUMMER GIRL〉の皆さん、おめでとうございます。

 今回の大会は〈SUMMER GIRL〉の圧勝となりましたが、レース展開としては激しい攻防戦もあり非常に見応えのある大会となりました。

 次回のレースは、5月12日ホワイトセールクラス「ティンバーランドカップ」です。


優勝のサマーガールチーム


IRCクラス2位、X35オープンクラス優勝の〈ワイレア〉


2013KYCコモドアーズカップ成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  INSHORENEWS

INFORMATION