Loading

全日本実業団ヨット選手権に参加しませんか?

 社会人主体でおこなわれている全日本実業団ヨット連盟より、全日本実業団ヨット選手権の案内が届きました。今年は9月に若洲で開催されます。特に470に乗るみなさん、ぜひご参加ください。(BHM編集部)

全日本実業団ヨット選手権に参加しませんか?

 全日本実業団ヨット連盟では、470級とスナイプ級の2クラスで、毎年「全日本実業団ヨット選手権大会」を実施しています。本大会は、今年で58回目を迎える歴史ある大会です。ここ数年は、国体の予行演習であるリハーサル大会の一部として行われており、昨年は、愛知県蒲群市の蒲群ヨットハーバーにて開催され、今年は、東京都江東区(新木場)の若洲海浜公園ヨット訓練所で、9月14日から17日にかけて開催致します。

 毎年多くのセーラーが集まり、盛り上がるスナイプ級に対して、470級は、10艇満たないさびしい大会となっています。この現状を解決するべく、大会への参加資格を改定いたしました。

 従来は単一企業・事業所(系列会社等も含む)に所属するメンバーでチーム編成することを要件としておりましたが、第54回大会より470級につきましてはその要件を緩和しております。経済環境が大きく変化する中で実業団チームが減少しており、個人所有あるいはクラブチーム等でヨットを続けている社会人セーラーの方々も参加できるよう参加要件を緩和することが、社会人セーラー全体の活性化になるのではないか、と考えた次第です。

 また、国体を目指す470セーラーにとっては、そのレース海面の様子を知る意味で非常に有意義な大会であると思います。学生セーラーや社会人・学生の混成チームも「オープン参加枠(表彰対象外)」ということではありますが、参加いただけます。特に学生セーラーは、社会人のトップセーラーの走りを間近で見て研究できる大会だと思います。

 470級は、技を競い合い、スナイプ級は、技とチームワークを競い合い、夜のレセプションでは、自社の人材を競い合うといった、和気藹々としたフレンドリーな大会です。ヨットを楽しみたい、ヨットを通じて世界を広げたいという470セーラーのみなさま、ぜひ参加してみてください。

 もうシーズンは始まっておりますが、参加ご検討いただければと存じます。

 本件に関するご質問、参加に対するお問い合わせについては、お気軽に以下アドレスまでご連絡ください。輸送や現地での艇の手配など協力させていただければと思います。

渡邊哲雄(470担当理事) te-watanabe※sp-network.co.jp
栗原義則 kurihara.y※kxf.biglobe.ne.jp
(メールする場合は※を@に変えてください)

 また、ささやかですが、全日本実業団ヨット連盟のホームページを作りましたので、ご覧ください。
http://jitsugyodanyacht.jimdo.com

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
CATEGORY:  DINGHYINSHORENEWS

INFORMATION