VOR第7レグ、ブルネル勝利!ヴェスタスウインドはリスボンより復帰

  • 29
  • May

 5月27日、ボルボオーシャン世界一周レース第7レグ(アメリカ・ニューポート〜ポルトガル・リスボン)がフィニッシュ。バウワー・ベッキン率いる〈ブルネル〉(NED)が二度目のトップフィニッシュで優勝しました。総合成績は、第7レグで〈東風〉が4位、〈アブダビ〉が5位となったため、トップは依然として〈アブダビ〉です。〈ブルネル〉と〈東風〉が1ポイント差で2位争いを演じています。(BHM編集部)

Volvo Ocean Race 2014-15 - Lisbon Stopover
リスボンにフィニッシュしたブルネル。photo by Ricardo Pinto / Volvo Ocean Race

 〈ブルネル〉は第7レグで、元マッチレースチャンピオンで、前回VOR〈カンペール〉で活躍したアダム・ミノプリオ(NZL。30歳)を投入し、クルーを増強して挑みました。ちなみにミノプリオは、アメリカズカップ・ルナロッサチームにヘルムスマン候補として所属していました(現在ルナロッサチームは、アメリカズカップ脱退を発表しています)。

 また、第2レグのインド洋で座礁した〈ヴェスタスウインド〉が、リスボンより復帰します。ヴェスタスウインドは修理を断念し、新艇を建造するという荒業プロジェクトを計画。当初よりリスボンより復帰したい旨を発表していましたが、これが現実となりました。ヴェスタスウインドは、日本チームにも関わりがあるクリス・ニコルソン(NZL)がスキッパーを務めています。ニコルソンは、元49er級ワールドチャンピオンでもあり、シドニー、アテネ五輪にニュージーランド代表選手として出場しています。

 ヴェスタスウインドの復帰で、リスボンより全8艇揃って戦うことになります。全員集合です。

◎ボルボ・オーシャンレース第7レグまでの総合成績
1. Abu Dhabi Ocean Racing 16(5)
2. Dongfeng Race Team 21(4)
3. Team Brunel 22(1)
4. MAPFRE 26(2)
5. Team Alvimedica 27(3)
6. Team SCA 41(6)
7. Team Vestas Wind 52(8)
カッコ内は第7レグの順位・得点

◎Volvo Ocean Race
http://www.volvooceanrace.com/

Volvo Ocean Race 2014-15 - Lisbon Stopover
フィニッシュ直後のインタビューに応じるオランダを代表するスキッパー、バウワー・ベッキン。photo by Ricardo Pinto / Volvo Ocean Race

Volvo Ocean Race 2014-15 - Lisbon Stopover
リスボンに到着したヴェスタスウインド。ブルーハルカラーが復活します。photo by Ricardo Pinto / Volvo Ocean Race


ヴェスタスウインド運搬の様子

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ