SailGP初日、日本は2勝で総合2位。決勝マッチレース進出を決める

  • 21
  • Sep

 9月20日、SailGP最終戦マルセイユ大会初日。地中海に面した港町、マルセイユ沖で始まったシーズン1グランドファイナルは、風向や風速が不規則に変わる難しいコンディションでのレースとなりました。(レポート/SailGP JAPAN)


初日3レース中、2回トップを取った日本。Bob Martin for SailGP

 第1レース。日本は得意のスリングショットでスタートダッシュを決めると、上手く風をつかみ危なげなくトップフィニッシュ。しかしライバルのオーストラリアもピタリと後ろにつけ2位。大会初日の最初のレースから火花散る接戦が繰り広げられました。

 このレース中、アメリカのダガーボードに不具合が発生します。次のレースまでに修復を試みますが間に合わず、第2レースは棄権となりました。

 5艇でスタートした第2レース。日本はスタートで少し出遅れ、その後コース選択でミスをしたことで、中盤大きく順位を落としてしまいます。結局、このレースは4位。総合首位のオーストラリアが1位でフィニッシュしリードをじわりと広げました。


最終戦の会場はフランス・マルセイユです。Jon Buckle for SailGP

 アメリカが復帰し6チーム揃った第3レースは、日本とオーストラリアが互いに相手をマークする緊迫した展開となりました。トップスピードでスタートラインを切る2チーム。

 航路権のある内側に位置した日本が僅かにリードし風下マークへと向かいます。続く風上に向かうレグでオーストラリアに逆転をされてしまいますが、第3マーク回航で再逆転に成功。

 その後はオーストラリアをきっちりカバーする走りで1位フィニッシュ。日本はこの日2勝目をあげました。

 大会初日、日本は3レース中2レースで1位となり27ポイントで暫定2位に。オーストラリアは2位-1位-2位とまとめて28ポイントを獲得し暫定トップに立っています。

 マルセイユ大会は全3日間の予定で開催されます。21日のマルセイユは非常に強い風が吹く予報です。

【マルセイユ大会成績】(3レース終了時点)
1 位:オーストラリア
2 位:日本
3 位:イギリス
4 位:中国
5 位:アメリカ
6 位:アメリカ

Japan SailGP Team(FACEBOOK)
https://www.facebook.com/SAILGPJPN/
SailGP
https://sailgp.com/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ