Makamaka優勝!全日本ブラインドセーリング

  • 29
  • May

 5月25〜27日、神奈川県シーボニアマリーナで第11回全日本ブラインドセーリング選手権が、9チームの参加で開催されました。この大会は2013年にシーボニアマリーナで開催されるIFDSブラインドセーリング世界選手権の日本代表3チームを選考する大会でもあります。(文/JBSA・荒木裕実、写真/リビエラリソート・大平玲子)


9チームを集めて開催された全日本ブラインドセーリング。来年シーボニアで開催されるワールドの選考を兼ねます

 26日レース初日、北東の風が残っているうちにレーススタート。第一1レースはリコール2艇、〈makamaka〉は再スタート、フィニッシュは〈kiki〉がトップ、〈Pineapple Princess〉が2位、リコール解消のため遅れた〈makamaka〉が2回目のクローズで強烈に追い上げ3位に。

 続く第2レース、〈makamaka〉がリコールでOCS、〈kiki〉はこのレースもトップ。2位にチャレンジ227、3位に〈Pineapple Princess〉。 第3レースは南風にかわり、風速も強くなってきました。このレースは、〈makamaka〉が1位、〈kiki〉が2位、3位には浜名湖から遠征の〈うみまる〉。第4レースは風速が増し、ジブトリマーはハイクアウト。第3レースで3位の〈うみまる〉がトップ。3位には〈Pineapple Princess〉で初日終了しました。

 27日レース2日目、朝からまったく風がなく陸上待機。5レース以上でカットレースができるため、初日5位の〈makamaka〉の逆転があるか、後半調子をあげた〈うみまる〉と、〈Pineapple Princess〉がどこまで 〈kiki〉に追いつけるか期待が高まります。

 やがて南がはいってきて微風のなかをスタート。第5、第6レースは〈makamaka〉が連続トップ、連続2位の〈kiki〉との得点差が1点差となり、最終レース次第で逆転もあります。最終スタートは12時55分。〈kiki〉は1上マークでトップ。〈makamaka〉は中位の集団の中、途中〈Pineapple Princess〉がトップに立ち、最終レースはトップフィニッシュで総合3位確定。

 〈makamaka〉は〈kiki〉を抜き2位。〈kiki〉が3位でフィニッシュ。これで同点となりましたが、3回1位を取った〈makamaka〉が優勝。優勝チームは女性チーム、上位3チームは全員女性ヘルムスという結果でした。

 日本代表は障害クラス毎に3チームとなります。最終決定はJBSAの選考委員会で決定となります。

 今回の全日本選手権は、2013IFDS ブラインドセーリング世界選手権の主催クラブをお引き受けいただしたシーボニアヨットクラブ、シーボニアマリーナの運営会社で特別協賛をしていただいた株式会社リビエラリゾート、レース艇をご提供いただきました関東J/24協会、その他多くの支援者によって開催されました。ジャパンワールドは2013年5月に開催されます。みなさまのご支援・ご協力をお願いいたします。


チーム〈makamaka〉(川添・青木・前田・亀山組。写真左)が〈kiki〉(横倉・瀬川・秋山・安西組。写真右) をかわし逆転優勝、3位に〈Pineapple Princess〉(小倉・金輪・堀江・竹下組)


全日本ブラインドセーリング選手権成績表

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ