KYCポイント、大阪湾ショートディスタンス

  • 18
  • Apr

 4月13日、曇り空で少し肌寒い天候のこの日、関西ヨットクラブポイントレースIRCクラスとホワイトセールクラスが行われました。IRCクラスは7艇、ホワイトセールクラスは10艇が参加。スタートは北寄りの軽風でダウンウインドスタートとなり、普段なかなか行われないスタートに各艇が苦労していました。(レポート・写真/関西ヨットクラブ

14.04.18_01
西宮一文字防波堤沖をスタートするホワイトセールクラス

 この日のレースコースは、IRCクラスが西宮一文字防波堤沖からスタートして神戸空港沖マークをまわり、再びスタート地点へ、その後+4マイルのコースを走る合計18マイルのショートディスタンス。ホワイトセールは、IRCクラスと同じ神戸空港沖マークをまわる往復14マイルで争われました。

 スタート後は、神戸空港沖マークまで北東の風が残り、IRCクラス、ホワイトセールクラスとも全艇が順調に回航。フィニッシュに向けてアップウインドのセーリングとなりました。

 しかしその後風は一気になくなり、全艇がかなりの時間、四苦八苦していました。それでもIRCクラスはコース短縮で何とか全艇フィニッシュ。ホワイトセールクラスはスピードの速い数艇のみフィニッシュかと思われたその時、南西風が吹き始め、後続艇からスピンを揚げて続々とフィニッシュしました。

 結果、IRCクラスは終始トップを走っていた〈SWING〉(BOTIN40)が修正でも辛うじて2位をかわし1位に。2位には〈IRRESISTIBLE〉(SLY42)、3位には痛恨のスタートミスをしてしまった〈SUMMER GIRL〉(FIRST40.7)が入りました。

 ホワイトセールクラスは、神戸空港沖マークを最後に回航した〈VELA〉(BALTIC35)が、後半にスピンを揚げて後続から飛ばし、見事1位となりました。2位には〈CYGNUS〉(DHL35CWS)、3位には〈T DRACONIS〉(BAVA35MATCH)がそれぞれ入りました。

 年間総合成績IRCクラスは〈SWING〉が他を引き離しトップをキープ。ホワイトセールクラスは〈T DRACONIS〉が〈RISOTADA〉を逆転してトップに立ちました。次回のKYCレースは4月26、27日のコモドアーズカップ(IRCクラス)となります。

14.04.18_03
IRCクラスのスタート

14.04.18_02
レース中、大きな客船とすれ違う場面もありました(出場艇と客船はそれほど近くありません)

14.04.18_05
IRCクラス成績

14.04.18_04
IRCクラス年間成績

14.04.18_07
ホワイトセールクラス成績

14.04.18_06
ホワイトセール年間成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ