オーストラリア優勝!境港レーザースタンダード世界選手権最終日

 7月9日、鳥取県境港で開催された「レーザースタンダード世界選手権」の成績です。大会最終日は、美保湾で朝方まで降っていた雨があがり、梅雨の合間に夏空が広がりました。優勝はオーストラリアのトム・バートンで、はじめてのワールドタイトルを獲得しました。(BHM編集部)


初優勝を決めたトム・バートン(AUS)。photo by Junichi Hirai

 また、東京五輪の日本代表選考第1回大会となったレーザー男子は、南里研二が国別順位で35カ国(五輪出場国数)内となる34位を獲得し、日本レーザー男子の東京五輪出場を決めました。レーザー男子がオリンピックに出場するのは、2008年北京五輪以来となります。

「出場国枠を取って自力で五輪に出れることで、これから自信を持って戦えます。大会期間中、成績は浮き沈みしましたが、追い上げる展開もあり、最終レースで1位を取れたこともよかった。これから秋まで国内大会が続きますが、メルボルン世界選手権(第2回日本代表選考)に向けてしっかり調整していきたいと思います」(南里)

 レーザースタンダード世界選手権は、風に恵まれて全レース実施されました。レース運営は手際よく、また全国のレーザーフリート、地元ボランティアの協力で、ホスピタリティあふれる大会に選手たちは大満足したと思います。

 スタンダード世界選手権はマリーナ内に設置された巨大テントで閉会式がおこなわれ、幕を閉じました。次回は7月19〜24日まで同地でレーザーラジアル世界選手権が開催されます。レーザーワールドシリーズはまだまだ続きます。


3位ジョージ・ゴートレイ(NZL)。南半球勢が上位を占めました。photo by Junichi Hirai


2位、マシュー・ウォーレン(AUS)。photo by Junichi Hirai


1位、トム・バートン(AUS)。photo by Junichi Hirai


五輪出場(国枠)と選考ポイントを獲得した南里研二。日本代表選考は2月オーストラリア・メルボルンで開催される世界選手権です。photo by Junichi Hirai


表彰される上位選手。photo by Junichi Hirai

◎2019境港レーザースタンダード世界選手権
https://2019worlds.laserjapan.org/standard/

レーザースタンダード世界選手権フォトギャラリー
レース前日
オープニングセレモニー
レース初日
レース2日目
レース3日目
レース4日目
レース5日目
レース最終日・閉会式

レーザースタンダード世界選手権 最終成績 参加156艇
1. Tom Burton AUS 59 pts
2. Matthew Wearn AUS 63 pts
3. George Gautrey NZL 68 pts
4. Sam Meech NZL 72 pts
5. Nick Thompson GBR 73 pts
6. Jean-Baptiste Bernaz FRA 78 pts
7. Elliot Hanson GBR 92 pts
8. Lorenzo Chiavarini GBR 92 pts
9. Philip Buhl GER 96 pts
10. Thomas Saunders NZL 96 pts
57. 南里研二
96. 樋口碧
105. 鈴木義弘
113. 瀬川和正
123. 北村勇一朗
136. 児玉洋輝
138. 藤本拳
141. 杉山航一朗
144. 木村俊介
146. 宮田一志
147. 都 茂樹
148. 山下力蔵
149. 大川晃弘
150. 久保雅敬
151. 長義晴
152. 堀田学
154. 福田育弘
156. 櫻井真也

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

ライトウインドで2レース実施。境港レーザースタンダード世界選手権5日目成績

 7月8日、レーザースタンダード世界選手権5日目の成績です。風は落ち、オンデッキのライトウインドで2レースおこなわれました。トップは依然としてオーストラリアのトム・バートン。初の世界タイトルに王手を掛けました。(BHM編集部)


トム・バートン。photo by Junichi Hirai


午前中は風弱く、陸上で風待ち。幼稚園児が応援に駆けつけました。photo by Junichi Hirai


ゴールドフリートではシビアなマーク回航が続きます。photo by Junichi Hirai

◎2019境港レーザースタンダード世界選手権
https://2019worlds.laserjapan.org/standard/

レーザースタンダード世界選手権フォトギャラリー
レース前日
オープニングセレモニー
レース初日
レース2日目
レース3日目
レース4日目
レース5日目

レーザースタンダード世界選手権 5日目成績 参加156艇
1. Tom Burton AUS 32 pts
2. Jean-Baptiste Bernaz FRA 44 pts
3. Matthew Wearn AUS 52 pts
4. Charlie Buckingham USA 53 pts
5. Philipp Buhl GER 54 pts
6. George Gautrey NZL 58 pts
7. Sam Meech NZL 59 pts
8. Thomas Saunders NZL 61 pts
9. Kaarle Tapper FIV 63 pts
10. Nick Thompson GBR 65 pts
65. 南里研二
97. 樋口碧
106. 鈴木義弘
113. 北村勇一朗
117. 瀬川和正
135. 児玉洋輝
138. 藤本拳
139. 杉山航一朗
144. 木村俊介
146. 宮田一志
147. 都 茂樹
148. 山下力蔵
149. 久保雅敬
150. 大川晃弘
151. 堀田学
153. 長義晴
154. 福田育弘
155. 櫻井真也

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

世界選手権に相応しい舞台が整う境港。レーザーワールド3日目予選終了

 7月6日、境港で開催されている「レーザースタンダード世界選手権」3日目。太平洋岸にいる低気圧の影響で日本海沿岸にいい風が吹きました。大会3日目は最大18ノットまであがり、オフショア(北東)からのうねりも入るエキサイティングなレースになりました。(BHM編集部)


予選初日こそ軽風だったものの、2日目、3日目は、梅雨時らしからぬ良風となった境港。明日より決勝シリーズが始まります。photo by Junichi Hirai

 大会3日目を終えて予定通り予選6レースを実施しました。上位陣は成績を見ての通り混戦で、1点差で強豪選手が競い合っています。予選でポイントになったのは、大量ブラック(失格)です。特に大会初日、2日目はBFDで排除される選手が多くレースは混沌としました。三連覇を狙うパブロス・コンティデス(キプロス)もそのひとりで現在22位に甘んじています。

 日本男子は残念ながら予選突破ならず。南里研二がボーダーラインで好レースを見せましたが55位となり、大会4日目からシリバーフリートで戦うことになります。

 しかし、日本代表選考はおわったわけではありません。レーザー級の東京五輪出場国数は35カ国(予選終了時の南里選手の成績は33カ国目)。日本が35カ国以内に入れば、五輪の出場条件となる「オリンピック出場国数以内の成績を収めること」をクリアすると同時に対象選手にポイントが加算されます。

 鳥取県境港では、世界選手権に相応しい戦いが繰り広げられています。日本だけでなくオリンピック代表選考に関係している国は多いようで、選手たちのモチベーションは最高潮です。近年まれに見るハイレベルな戦いであることに間違いありません。レーザースタンダード世界選手権は、9日までおこなわれます。みなさん、ぜひご注目ください。


会場となる境港ヨットハーバー。朝から風が吹き予定どおり出艇する選手たち。photo by Junichi Hirai


2015、16年の世界王者、ニック・トンプソン(GBR)。イギリスはレーザー選手層の厚い国のひとつです。photo by Junichi Hirai


南里研二(55位)。photo by Junichi Hirai


暫定トップに立ったサム・ミーチ(NZL)。photo by Junichi Hirai


樋口碧(99位)。photo by Junichi Hirai


大きなうねりが入り、波が崩れる境港美保湾。トップ選手の華麗なスネーキングがみられます。photo by Junichi Hirai


会場に設置された大型テントは日中の休憩スペースを兼ねていて、解説付きのレースライブやトラッキングが見られます。photo by Junichi Hirai


会場には地元の食べ物や特産物を扱ったブースがたくさん出ていています。写真はお茶をもてなしてくれる女性陣。photo by Junichi Hirai


レース後のフードサービスはパスタ。選手たちはみな大食いです。photo by Junichi Hirai


狭くて低いテーブルで並んで食べる選手たち。なんだか微笑ましい。photo by Junichi Hirai


選手の多くは、マリーナからホテルまでの無料シャトルバスで行き来します。遠足みたいにゾロゾロ。photo by Junichi Hirai

レーザースタンダード世界選手権 3日目成績 参加156艇
1. Sam Meech NZL 13 pts
2. Matthew Wearn AUS 14 pts
3. Jean-Baptiste Bernaz FRA 15 pts
4. Elliot Hanson GBR 16 pts
5. Robert Scheidt BRA 17 pts
6. Tom Burton AUS 17 pts
7. George Gautrey NZL 18 pts
8. Hermann Tomasgaard NOR 19 pts
9. Ha Jeemin KOR 22 pts
10. Jesper Stalheim SWE 23 pts
55. 南里研二
99. 樋口碧
106. 鈴木義弘
117. 瀬川和正
119. 北村勇一朗
135. 藤本拳
140. 児玉洋輝
142. 杉山航一朗
145. 山下力蔵
146. 木村俊介
148. 都 茂樹
149. 久保雅敬
150. 長義晴
151. 堀田学
152. 宮田一志
153. 大川晃弘
154. 櫻井真也
156. 福田育弘

◎2019境港レーザースタンダード世界選手権
https://2019worlds.laserjapan.org/standard/

レーザースタンダード世界選手権フォトギャラリー
前日、オープニングセレモニー
レース初日
レース2日目
レース3日目

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

25年ぶりにレーザーワールドが日本で開催。境港レーザー世界選手権初日

 7月4日、鳥取県境港市で「レーザー級スタンダード世界選手権」が始まりました。この大会に世界のトップセーラー159選手(57カ国)が出場し、9日まで熱戦が繰り広げられます。(BHM編集部)


日本で開催されるのは1994年和歌山大会以来となる境港レーザー世界選手権。本大会は日本の五輪代表選考を兼ねています。photo by Junichi Hirai

 レーザー級は、みなさんご存知のように世界で最も普及するワンデザインボートです。セーラーの数が多く、選手層が厚い種目で、1996年アトランタ五輪からオリンピック種目に採用されています。

 レーザー級で世界一になることは、セーリング界の頂点に立つに等しい、といっても過言ではありません。レーザー級を制したセーラーは、どの種目でもトップに立つ実力があります。

 近年では、レーザー級からアメリカズカップの流れに進んだ、ベン・エインズリー(GBR。シドニー金)、トム・スリングスビー(AUS。ロンドン金)は、いわずとしれたセーリング界のスター選手。また、モス級で三連覇しているポール・グディソン(GBR)は北京五輪の金メダリストです。

 本大会でも世界のトップセーラーがどんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。

 また、この世界選手権は、2020年東京五輪の出場国選考(クオリファイ)になっていて、各国の国内選考にも関係しています。日本も同様にレーザー男子の「第1回東京五輪代表選考」になっています。


大会会場の境港公共マリーナ。世界選手権のためにスロープ設備も整備され準備万端です。photo by Junichi Hirai


日本男子は第1回目となる五輪代表選考です。目標はゴールドフリート進出です(写真は樋口選手)。photo by Junichi Hirai

レーザースタンダード出場日本選手(18艇)
瀬川和正(米子産業体育館)
南里研二(百五銀行)
鈴木義弘(早稲田大学)
北村勇一朗(サコス株式会社)
杉山航一朗(JA静岡中央会)
樋口碧(神奈川県セーリング連盟/エニタイムフィットネス関内)
長義晴(Fubuka-wws)
藤本拳(Murdoch University)
堀田学(佐賀県ヨット連盟)
木村俊介(株式会社筑波銀行)
児玉洋輝(Nabtesco)
久保雅敬(西宮市立西宮養護学校(教諭))
都茂樹(株式会社ルイファン・ジャパン)
宮田一志(レーザー江ノ島フリート)
大川晃弘
櫻井真也(レーザー知多 フリート)
山下力蔵(住友重機械マリンエンジニアリング株式会社)
福田育弘(日本国土開発株式会社)

 7月4日、レース初日は最大11ノットの軽風で2レースおこなわれました。成績は大会公式サイトを御覧ください。

レーザースタンダード世界選手権 初日上位成績
1. Filip Jurisic CRO 4 pts
2. George Gautrey NZL 4 pts
3. Jean-Baptiste Bernaz FRA 5 pts
4. Tonci Stipanovic CRO 8 pts
5. Benjamin Vadnai HUN 11 pts
6. Jesper Stalheim SWE 11 pts
7. Lorenzo Chiavarini GBR 11 pts
8. Marco Gallo ITA 12 pts
9. Hermann Tomasgaard NOR 14 pts
10. Christopher Barnard USA 14 pts

◎2019境港レーザースタンダード世界選手権
https://2019worlds.laserjapan.org/standard/

レーザースタンダード世界選手権フォトギャラリー

参考:レーザースタンダード世界選手権 歴代優勝選手
1974 Peter Commette (USA)
1976 John Bertrand (USA)……1
1977 John Bertrand (USA)……2
1979 Lasse Hjortnæs (DEN)
1980 Ed Baird (USA)
1982 Terry Neilson (CAN)
1983 Oscar Paulich (NED)
1985 Lawrence Crispin (GBR)
1987 Stuart Wallace (AUS)
1988 Glenn Bourke (AUS)……1
1989 Glenn Bourke (AUS)……2
1990 Glenn Bourke (AUS)……3
1991 Peter Tanscheit (BRA)
1993 Thomas Johanson (FIN)
1994 Nikolas Burfoot (NZL)
1995 Robert Scheidt (BRA)……1
1996 Robert Scheidt (BRA)……2
1997 Robert Scheidt (BRA)……3
1998 Ben Ainslie (GBR)……1
1999 Ben Ainslie (GBR)……2
2000 Robert Scheidt (BRA)……4
2001 Robert Scheidt (BRA)……5
2002 Robert Scheidt (BRA)……6
2003 Gustavo Lima (POR)
2004 Robert Scheidt (BRA)……7
2005 Robert Scheidt (BRA)……8
2006 Michael Blackburn (AUS)
2007 Tom Slingsby (AUS)……1
2008 Tom Slingsby (AUS)……2
2009 Paul Goodison (GBR)
2010 Tom Slingsby (AUS)……3
2011 Tom Slingsby (AUS)……4
2012 Tom Slingsby (AUS)……5
2013 Robert Scheidt (BRA)……9
2014 Nicholas Heiner (NED)
2015 Nick Thompson (GBR)……1
2016 Nick Thompson (GBR)……2
2017 Pavlos Kontides (CYP)……1
2018 Pavlos Kontides (CYP)……2

参考:オリンピック・レーザー級金メダリスト
1996 アトランタ Robert Scheidt (BRA)
2000 シドニー Ben Ainslie (GBR)
2004 アテネ Robert Scheidt (BRA)
2008 北京 Paul Goodison (GBR)
2012 ロンドン Tom Slingsby (AUS)
2016 リオ Tom Burton (AUS)


世界選手権で9回(!)も勝っているロバート・シェイド(BRA)。本大会に出場しています。photo by Junichi Hirai


開会式は、マリーナの近く、SANKO夢みなとタワーで盛大に開催されました。photo by Junichi Hirai


世界選手権では世界最高峰のセーリング技術が見られます。写真は初日トップのJurisic Filip(CRO)。photo by Junichi Hirai


スタンダードは9日まで。その後、一週間空けてラジアル世界選手権(19〜24日)が開催されます。photo by Junichi Hirai

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

ドイツ伝統のキールウィークでラジアル土居愛実が銀メダルを獲得

 6月30日までドイツ・キールでセールボートの祭典「キールウィーク」が開催されました。この大会に東京オリンピックを目指す日本選手も多数出場し、レーザーラジアル級の土居愛実が銀メダルを獲得しました。日本選手の成績は下記のとおりです。


キールウィークで3位と同点。タイブレイクで銀メダルを獲得した土居愛実。photo by www.segel-bilder.de

女子レーザーラジアル級 参加44艇
1. SWE Josefin OLSSON 19.0p
2. 土居愛実 35.0p
3. FIN Tuula TENKANEN 35.0p

ナクラ17級 参加22艇
1. AUT Thomas ZAJAC / Barbara MATZ 38.0p
2. ITA Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI 42.0p
3. DEN Lin CENHOLT / Cp LÜBECK 47.0p
8. 梶本和歌子/川田貴章 78.0p

49er級 参加82艇
1. NZL Logan DUNNING BECK / Oscar GUNN 47.0p
2. POL Łukasz PRZYBYTEK / Paweł KOŁODZIŃSKI 52.0p
3. GBR James PETERS / Fynn STERRITT 53.0p
19. 古谷信玄/八山慎司
35. 高橋レオ/小泉維吹

49erFX級 参加53艇
1. GER Victoria JURCZOK / Anika LORENZ 36.0p
2. NED Willemijn OFFERMAN / Elise de RUIJTER 38.0p
3. DEN Anne-Julie SCHÜTT / Iben NIELSBY 44.0p
16. 山崎アンナ/高野芹奈

フィン級 参加25艇
1. GER Phillip KASUESKE 26.0p
2. CZE Ondrej TEPLY 28.0p
3. AUS Jake LILLEY 31.0p
13. 西尾勇輝
14. 國米 創
17. 藤村裕二


キールウィークは約2週間わたって開催されるセールボートの祭典。帆船パレードもおこなわれます。photo by Lh Kiel – Bodo Quante


49er級のスタート。photo by www.segel-bilder.de


ニュージーランドのスター、バーリング/チュークは後半勢いを落として5位。photo by www.segel-bilder.de


キールウィークはクルーザーレースもおこなわれています。J/24クラスではアメリカが優勝しました。photo by www.segel-bilder.de


日本では見る機会のないムストースキフ。一人乗りトラピーズ・スキフです。photo by www.segel-bilder.de


日本で走る姿を見ることがなくなりましたが、キールウィークでは新艇も登場する505クラス。photo by www.segel-bilder.de

◎kieler woche
https://www.kieler-woche.de/de/segeln/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ