森田・軽部組が初優勝。テーザーウィンターレガッタレポート

 2019年度最終イベント「テーザーウィンターレガッタ」が、12月8日に稲毛ヨットハーバーで行われ、琵琶湖、大阪北港、芦屋、江ノ島、稲毛から12艇が集まりました。(レポート・写真提供/日本テーザー協会)


東西12艇が冬の稲毛に集合。テーザーウィンターレガッタが開催されました

 前日の7日は、極寒の雨の中で練習会があり、稲毛フリートが運営艇を出して琵琶湖と江ノ島フリートの3艇でコース練習が行われました。

 8日はレース本番。前日とは打って変わって快晴の中、2~3m/sの軽風レガッタとなりました。

 第1レース、上マークはクルーが体調不良のため急造された森田・軽部組が先行するも、振れ回る風で順位が変動し、ベテラン秋山・小澤組が抜きん出てトップフィニッシュ。2位争いは森田・軽部組、軽部・関口組、植田・植田組で抜きつ抜かれつの戦いでした。

 第2レース、序盤は江ノ島フリートの村岸・堀組、伊藤・塩組が先行するも順位が大きく変動し、トップフィニッシュは軽部・関口組。

 第3レース、1上マークは山村・千村組がトップ回航。しかし上~サイド間で風がぱったりとなくなり失速、ブローに乗った後ろの艇団が追いつき全艇横一線となる混戦となりました。フィニッシュでは、トップが森田・軽部組、2位は村岸・堀組、3位は石川・村山組でした。

 第4レース、風が大きく振れるためマークを見失い間違える艇が出てくる中、トップフィニッシュは村岸・堀組でした。

 レースを終えてお腹を空かせた選手を待ち受けるのはハーバー内にあるレストランのカレー、唐揚げなど。ウィンターレガッタの名物で、とても美味しくて身体に染みました。

 結果、総合成績は森田・軽部組が初優勝、2位は秋山・小澤組、3位は軽部・関口組となりました。マスタークラス優勝は軽部・関口組、グランドマスタークラス優勝は植田・植田組、スーパーグランドマスタークラス優勝は秋山・小澤組でした。


1位 森田・軽部組


2位 秋山・小澤組


3位 軽部・関口組

 ハイクアウト艇のテーザークラスは、艇体が軽いため、470級にも劣らないスピードを感じられる上に、カートップで手軽に遠征できるのが魅力であり、老若男女問わず楽しむことができます。学生ヨットを引退してさてどうしようかといった方、ぜひ一度テーザーフリートにお越しください!

 2019年度のレースは、ウィンターレガッタで終了となりました。次年度のレーススケジュールが決まりましたら、ホームページの「イベントスケジュール」に掲載します。

 なお、テーザークラスが採用されている「ワールドマスターズゲームズ2021関西」のアーリーエントリーが2020年1月6日から始まります。ご興味がある方、下記にアクセスしてみてください。
https://www.wmg2021.jp/games/detail?id=1008


本年度最終戦ウィンターレガッタ全員集合


2019テーザーウィンターレガッタ成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

2020年に向けて始動。西宮で開催、関西学生ヨット新人選手権

 11月30、12月1日、新西宮ヨットハーバーで「関西学生ヨット新人選手権」が開催されました。中国水域から岡山大学、オープン参加も含め参加艇数は470級50艇、スナイプ級54艇、得点対象艇は両クラス30艇ほどのフリートレースでした。(レポート・写真提供/関西学連 真木孝輔)


西宮で関西学生ヨット新人戦がおこなわれました

 11月30日は、北から東にかけてのかなり振れが激しく、また、微風から一時O旗掲揚もされるほどブロー差も激しい風の下2レースを行いました。

 12月1日は、前日よりは北寄りの微風コンディションでのレースを2レース行いました。

 4レースカットなしの結果で、470優勝は岸田・岩階組(甲南大学)、スナイプ級優勝は安部・俵組(関西学院大学)でした。


2019関西学生ヨット新人選手権 470成績


2019関西学生ヨット新人選手権 スナイプ成績

関西学生ヨット連盟
http://www.kansaigakurenyacht.com/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

バルクヘッドカレンダー2020完売。申し込み受付を終了します


 バルクヘッドマガジン2020カレンダーは完売となりました。みなさん、ありがとうございます。申し込み完了されたみなさん、もうしばらくお待ち下さい。(BHM編集部)

 注文された方には、編集部から返信メールを送っています。まだメールが到着していない方は、お手数ですが編集部まで連絡ください(bulkhead.info@gmail.com)。

【お知らせ】
1. 申込は料金振込完了の時点で受付完了となります。先に振込完了された方から順番で発送いたします。【入金確認できない場合はキャンセル】させていただきますことをご了承ください。
2. 申し込んだけれど編集部から返信メールが来ない、という方はお手数ですが連絡ください。返信は申し込みされた翌々日までに送っています。

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

バルクヘッドマガジンカレンダー・ボトルは到着待ちです

 ご好評をいただいているバルクヘッドカレンダー、ボトルともに制作段階は佳境に入りました。カレンダーは印刷段階になり、編集部への到着を待っている段階です。申し込みされたみなさま、もうしばらくお待ち下さい。カレンダーの在庫は残りわずかとなりました。たぶん今回がファイナルコールです。(BHM編集部)


1月 江の島470全日本選手権

【お知らせ】
1. 申込は料金振込完了の時点で受付完了となります。先に振込完了された方から順番で発送いたします。【入金の確認できない場合はキャンセル】とさせていただきますことをご了承ください。
2. 申し込んだけれど編集部から返信メールが来ない、という方はお手数ですが連絡ください。返信は申し込み翌々日までに送っています。


2月 マヨルカ島プリンセスソフィア杯


3月 シドニーSailGP


4月 福岡オプティミストナショナルチーム選考


5月 ワールドカップシリーズ・江の島大会


6月 ナクラ17ヨーロッパ選手権・英ウエイマス


7月 江の島470全日本選手権


8月 座間味ナショナルチーム合宿


9月 葉山アウディニッポンカップ


10月 470ヨーロッパ選手権・伊サンレモ


11月 関東学生ヨット選手権・葉山


12月 葉山アウディニッポンカップ

※カレンダーは完売しました。ありがとうございます。12/11/2019


2020バルクヘッドマガジンカレンダー
写真サイズ:B6(縦128mm × 横182mm)

写真:12枚+表紙、裏表紙
価格:2000円/1部(消費税、送料別)
※送料は1〜2部120円、3〜4部180円、合計1万円以上は送料無料です。

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

2020年東京五輪49er、FX、ナクラ17日本代表選考順位発表

 日本セーリング連盟・オリンピック強化委員会発表による「東京オリンピック代表選考順位・選考得点」です(2019年12月8日現在)。オークランド世界選手権の結果から、山崎アンナ/高野芹奈が選考得点1位で49erFX日本代表に内定しました。(BHM編集部)


49erFX女子の選考結果

 49erは、オークランド世界選手権で出場国枠に入らなかったことから再選考となり、2月メルボルン世界選手権の勝負になります。再選考ではこれまで獲得した得点は無効となり、(1)五輪出場国枠内に入り、(2)日本内最上位の成績を獲得したチームが代表に選ばれます。

 また、出場国枠内のナクラ17は、梶本和歌子/川田貴章が11点(合計17点)、飯束潮吹/畑山絵里が9点(合計13点)を獲得。4点差で最終選考となるメルボルン世界選手権で対決します。

 49er、FX、ナクラ17メルボルン世界選手権は、2020年2月9〜15日までオーストラリア・メルボルン郊外ジーロングで開催されます。


49er男子、ナクラ17男女の選考結果


オークランド世界選手権の日本代表選考得点表

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

オークランド世界選手権最終日。49er、ナクラ17の代表選考はメルボルンへ

 12月8日、ニュージーランドで開催された「オークランド世界選手権」最終日は、風速20ノット超まであがるハードコンディションでおこなわれました。FX級ゴールドフリートで戦う山崎アンナ/髙野芹奈は、最終2レースを13-12位で走り、総合20位で大会を終えました。(BHM編集部)


49er金メダルはピーター・バーリング/ブレア・チューク。5回目の49erワールド優勝です

 ナクラ17は、梶本和歌子/川田貴章が、日本選手最高順位となる28位、続いて飯束潮吹/畑山絵里が30位、田中航輝/深沢瑛里が51位の結果に(選考ポイントは、のちほど日本セーリング連盟より発表されます)。

 梶本/川田が五輪出場国枠圏内(国別20カ国中16カ国)の成績をおさめたことから、日本セーリング連盟の掲げるハードルをクリア。第3回目の選考となるメルボルン世界選手権が最終選考となり日本代表候補が決定します。

 また、49erFX級の日本代表候補は、既報の通り、山崎アンナ/髙野芹奈に決定。49er級は出場国枠を獲得できず再選考となり、2月メルボルン世界選手権で決着がつくことになります。

オークランド世界選手権 6日目 最終日
49erFX 参加61艇 16R+MR実施
1. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ 96.0p
2. BRA Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE 110.0p
3. DEN Ida Marie BAAD NIELSEN / Marie THUSGAARD OLSEN 124.0p
20. 山崎アンナ/髙野芹奈
40. 原田小夜子/永松瀬羅
44. 波多江慶/板倉広佳
57. 松苗幸希/齊藤由莉

49er 参加85艇 17R+MR実施
1. NZL Peter BURLING / Blair TUKE 86.0p
2. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 92.0p
3. GBR Dylan FLETCHER-SCOTT / Stuart BITHELL 130.0p
55. 古谷信玄/八山慎司
※高橋レオ/小泉維吹は不参加

ナクラ17 参加52艇 16R+MR実施
1. ITA Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI 93.0p
2. DEN Lin CENHOLT / Cp LÜBECK 96.0p
3. AUS Jason WATERHOUSE / Lisa DARMANIN 103.0p
28. 梶本和歌子/川田貴章 154.0p
30. 飯束潮吹/畑山絵里 160.0p
51. 田中航輝/深沢瑛里 350.0p

「前半のレースで世界と戦える手応えを感じました。予選最終日はゴールドフリート進出が見えて力んでしまいました。49erに乗って4年目で力がついてきています。いまの課題もわかっているし、伸びしろもあります。最終日は安全を取ってレースをリタイアしました」(49er・八山慎司)
※すでに11点を獲得している高橋/小泉は、高橋のケガで本大会をリタイア。古谷/八山は出場国枠順位(19カ国以内)を取り、11点以上の差をつければ日本代表に内定する可能性がありましたが、11点以内の得点差の場合、不参加の高橋/小泉が代表に選ばれるため後半戦をリタイアしました。

「2日目の軽風で崩してしまいました。ゴールドフリートに行くのにUFD(失格)してしまったのが影響しました。シリーズを通して良いレースができたと思います。でも結果はいつもと同じシルバーフリートの上の方。ここに壁がある。シルバーの戦いでは(梶本艇を)意識していて、とても近くで戦っていました。次はメルボルン対決です。1月中旬から現地入りして準備します」(ナクラ17・飯束潮吹)

「世界選手権が始まる前に出場できるかどうか、、、本当に歩けなかったので心配でした。私は8月に腰の骨を折って、ケガを治すことを優先して挑んだワールドです。チームの助けがあって最後まで戦うことができました。足はだいぶ回復しています。わたしたちは思い切りやるしかない。次はゴールドフリートで2チームが戦えるようにがんばりたい」(ナクラ17・梶本和歌子)


日本代表として五輪へ出場する山崎アンナ/高野芹奈。「オリンピックに出られることになりうれしいです。それにゴールドフリートで走って手応えを感じています。いっぱい成長しないといけないこともわかりました。いまの課題はスピードを上げていくことです」(山崎)。「出場内定できてうれしい。リオ出場のときよりも準備期間があって、どうしたら勝てるかを考えて取り組んできました。そのなかでプレッシャーもありました。このワールドはハンドリング練習と体力向上を徹底して挑みました」(髙野)


FX金メダルのAnnemiek BEKKERING / Annette DUETZ(NED)


ナクラ優勝はイタリア。Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI


レース最終日は風があがり、波も悪く、メダルレースでは沈艇もでました


後位置で上マークをまわってから追い抜いていく場面が印象的だった山崎/高野。「ちゃんと走れば順位はあげられます。でもトップグループはもっと速いことがわかりました」(山崎)


ワールドは各国五輪出場国選考の場でもあります。写真はメダルレース前に五輪出場が決まり喜ぶドイツチーム


メダルレース中継をクラブハウス2階で観戦する選手や関係者。メダルレースの戦いに歓声があがります


ピーターとブレアが入れ替わってセーリングしていました。ブレアもAクラスカタマラン世界選手権2位の実力選手です

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

49erFX女子、山崎/高野上昇。オークランド世界選手権5日目成績

 12月7日、オークランド世界選手権5日目。ゴールドフリートの山崎/高野は、うまくシフトをつかんで総合20位へ順位をあげました。ナクラ17は飯束/畑山が5-4-3位を取り、8点差で梶本/川田を追い詰めます。8日最終日は午前中にフリートレース、午後にメダルレースがおこなわれる予定です。(BHM編集部)


ゴールドフリートで戦う山崎アンナ/高野芹奈。総合20位につけました

オークランド世界選手権 5日目
49erFX 参加61艇 14R実施
1. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ 76.0p
2. BRA Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE 76.0p
3. NOR Helene NÆSS / Marie RØNNINGEN 82.0p
20. 山崎アンナ/高野芹奈 178.0p
40. 波多江慶/板倉広佳
41. 原田小夜子/永松瀬羅
57. 松苗幸希/齊藤由莉

49er 参加85艇 12R終了時
1. NZL Peter BURLING / Blair TUKE 64.0p
2. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 76.0p
3. GBR Dylan FLETCHER-SCOTT / Stuart BITHELL 100.0p
55. 古谷信玄/八山慎司
※高橋レオ/小泉維吹は不参加

ナクラ17 参加52艇 14R実施
1. ITA Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI 66.0p
2. AUS Jason WATERHOUSE / Lisa DARMANIN 72.0p
3. DEN Lin CENHOLT / Cp LÜBECK 73.0p
30. 梶本和歌子/川田貴章 145.0p
31. 飯束潮吹/畑山絵里 153.0p
51. 田中航輝/深沢瑛里 308.0p


49er級の古谷信玄/八山慎司はレースをリタイア。五輪出場国別枠を獲得すると高橋レオ/小泉維吹がポイント上位で日本代表に決定してしまうため、それを回避するための策です。これで49er代表の最終選考はメルボルンへ持ち越されました


談笑する山崎/高野。海外遠征のなかで独自のネットワークを作り成長してきました


クラブハウス二階はTVモニタが3台設置され、ライブ中継を放映しています。タブレット、スマホで得点やトラッキング、他海面のTVを合わせて観戦する人も


風待ち中、FXに乗せてもらうOPセーラーとお父さん


第13レースでは上マークを3位回航。初めてのゴールドフリートの戦いで健闘しました

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

激戦ナクラ17日本。オークランド世界選手権4日目フォトレポート

 12月6日、ニュージーランド・オークランドで開催されている49er、FX、ナクラ17の3艇種合同世界選手権。大会4日目から上位下位グループに分かれて戦う決勝シリーズがはじまりました。日本勢で唯一決勝に進んだFXの山崎アンナ/高野芹奈は3レースおこない総合24位。また、49erの古谷/八山は24-20-10位で総合43位へ。3チームがシルバーフリートで戦うナクラ17は梶本/川田と飯束/畑山が僅差の戦いを繰り広げています。(BHM編集部)


オークランドで開催されている49er、FX、ナクラ17世界選手権。写真はナクラ17クラスのスタート。飯束/畑山が好スタートを決めました

49erFX 参加61艇 11R実施
1. BRA Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE 40.0p
2. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ 51.0p
3. GER Tina LUTZ / Susann BEUCKE 63.0p
24. 山崎アンナ/高野芹奈 139.0p
31. 原田小夜子/永松瀬羅
36. 波多江慶/板倉広佳
58. 松苗幸希/齊藤由莉

49er 参加85艇 12R終了時
1. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 39.0p
2. NZL Peter BURLING / Blair TUKE 27.0p
3. FRA Lucas RUAL / Emile AMOROS 71.0p
43. 古谷信玄/八山慎司 147.0p
※高橋レオ/小泉維吹は不参加

ナクラ17 参加52艇 11R終了時
1. ITA Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI 42.0p
2. AUS Jason WATERHOUSE / Lisa DARMANIN 49.0p
3. GBR John GIMSON / Anna BURNET 49.0p
31. 梶本和歌子/川田貴章 126.0p
33. 飯束潮吹/畑山絵里 141.0p
51. 田中航輝/深沢瑛里 238.0p


日本勢で唯一ゴールドフリートに進んだ山崎/高野。若干順位を落としましたが、自身初となるワールド・ゴールドフリートの戦いを経験しています


使用しているレース海面は基本4海面。遠いエリアから順番にD旗があがり出艇していきます


ニュージーランドだけでなく世界のメディアが注目しているのは、同国のスター選手、ピーター・バーリングとブレア・チュークです


49erはドイツが首位を保守。ピーター・ブレア組の追い上げを阻止しています


日本ナクラ17勢で首位に立つ梶本和歌子/川田貴章。現時点では出場国枠を獲得できる順位に位置しています


本日トップフィニッシュを含めて成績をあげた飯束潮吹/畑山絵里


フリートの前に進めず厳しい戦いが続く田中航輝/深沢瑛里


日本の初夏に近いオークランドの気候。日中のヨットクラブは気持ち良い時間を過ごせます


飯束潮吹/畑山絵里


梶本和歌子/川田貴章


日没は午後8時過ぎ。毎日美しい夕焼けが見られます

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

49erFXの山崎/高野が決勝上位フリート進出。五輪日本代表確実に

 12月5日、ニュージーランド「オークランド世界選手権」3日目。日本の決勝進出がかかる予選最終日は、軽風で49er3レース、その他のクラスは4レースおこなわれました。FX級の山崎アンナ/高野芹奈は、総合20位で上位25艇による決勝ゴールドフリート進出を決めました。(BHM編集部)


予選結果により、山崎/高野は五輪出場国枠を獲得(12月5日時点)。日本代表をほぼ確実としました。選考結果は後日日本セーリング連盟より発表されます

49erFX 参加61艇 8R実施
1. BRA Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE 23.0p
2. NOR Helene NÆSS / Marie RØNNINGEN 37.0p
3. SGP Kimberly LIM / Cecilia LOW 37.0p
20. 山崎アンナ/高野芹奈 79.0p(決勝ゴールドフリート進出)
29. 原田小夜子/永松瀬羅 94.0p
37. 波多江慶/板倉広佳 110.0p
59. 松苗幸希/齊藤由莉 175.0p

49er 参加85艇 9R終了時
1. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 26.0p
2. NZL Peter BURLING / Blair TUKE 27.0p
3. AUT Benjamin BILDSTEIN / David HUSSL 37.0p
39. 古谷信玄/八山慎司 94.0p
※高橋レオ/小泉維吹は不参加

ナクラ17 参加52艇 8R実施
1. GBR John GIMSON / Anna BURNET 20.0p
2. ITA Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI 21.0p
3. AUS Nathan OUTTERIDGE / Haylee OUTTERIDGE 23.0p
30. 梶本和歌子/川田貴章 97.0p
38. 飯束潮吹/畑山絵里 120.0p
51. 田中航輝/深沢瑛里 166.0p


予選を9-11-17-17-5-(24)-17-3位。総合20位でゴールドフリート進出を決めた山崎/高野


帰着後、サプライズ応援でやってきたお母さんと抱き合う山崎/高野

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

FX原田・永松、49er古谷・八山ともに19位へ。オークランド世界選手権2日目成績

 12月4日、オークランド世界選手権2日目は、前日に延期されたFX級、ナクラ17級を先行しておこなわれました。軽風から中風のライトコンディションで全種目4レース実施。日本勢はシフトをうまく捉えて、FXの原田/永松が、(26)-8-6-13位で総合19位。49erの古谷/八山は、第5レースで一時トップに立つ走りを見せ、総合19位へ上昇しました。明日大会3日目は予選最終日です。(BHM編集部)


艇団を引き連れて走る原田小夜子/永松瀬羅。日本代表最終選考となる本大会で日本勢トップに立ちました

49er 参加85艇 6R終了時
1. AUT Benjamin BILDSTEIN / David HUSSL 15.0p
2. NZL Peter BURLING / Blair TUKE 16.0p
3. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 17.0p
19. 古谷信玄/八山慎司 38.0p

49erFX 参加61艇 4R実施
1. USA Paris HENKEN / Anna TOBIAS 7.0p
2. DEN Ida Marie BAAD NIELSEN / Marie THUSGAARD OLSEN 7.0p
3. SGP Kimberly LIM / Cecilia LOW 14.0p
19. 原田小夜子/永松瀬羅 27.0p
29. 山崎アンナ/高野芹奈 37.0p
46. 波多江慶/板倉広佳 51.0p
52. 松苗幸希/齊藤由莉 61.0p

ナクラ17 参加52艇 4R実施
1. GBR John GIMSON / Anna BURNET 4.0p
2. GBR Ben SAXTON / Nicola BONIFACE 5.0p
3. USA Riley GIBBS / Anna WEIS 5.0p
27. 飯束潮吹/畑山絵里 38.0p
42. 梶本和歌子/川田貴章 57.0p
51. 田中航輝/深沢瑛里 72.0p


第1回、第2回の選考では怪我に見舞われて0ポイント。追う立場で最終選考へ挑む原田/永松


午後から4レースおこなわれた49er級のスタート


うまくシフトを捉えて上位へ上がってきた古谷/八山。第2上マークをトップ回航しました


ナクラ17級の川田貴章。梶本のケガでふたりの練習時間は少ないものの、他国の選手と練習を重ねてきました


夏の練習で骨折。先月から復帰しましたが左足のふくらはぎを痛めている梶本和歌子。出艇前のストレッチに余念ありません


49erFXの原田小夜子


永松瀬羅


限られた時間と予算のなかで活動を続けてきた松苗幸希/齊藤由莉。齊藤は早稲田大の学生です


ニュージーランドといえばこの人達。チームニュージーランドのピーター・バーリングとブレア・チュークです。現在総合2位


田中航輝/深沢瑛里

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

バルクヘッドマガジン・カレンダー2020の写真が決定しました!

 12月4日、選考作業が終わりバルクヘッドマガジン・カレンダー2020の写真が決定しました。今回も他のカレンダーでは見られない大迫力の写真で構成されています。編集長の意見が極めて強く反映されているので一般ウケするのか疑問ですが、今年も自信作ができあがりました。(BHM編集部)


バルクヘッドカレンダーは日本を強く意識しているのも特長です。写真はイタリア・サンレモの強風を走る470級の磯崎/高柳

 カレンダーは引き続き申し込みを受け付けています。お申込み後、編集部から返信メールが送られ、【カレンダー代金の支払いを確認した時点で予約完了】となります。いまならクリスマスに間に合いますので、お早めにお申し込みください。


2020バルクヘッドマガジンカレンダー
写真サイズ:B6(縦128mm × 横182mm)

写真:12枚+表紙、裏表紙
価格:2000円/1部(消費税、送料別)
※送料は1〜2部120円、3〜4部180円、合計1万円以上は送料無料です。
※完売した時点で受付を終了させていただきます。


2020年バルクヘッドカレンダー

宛名:「2020カレンダー申し込み」
宛先:bulkhead.info@gmail.com

============== キリトリ ==============
(1)カレンダーを希望:______部

氏名:________________
年齢:________歳(任意です)
郵便番号:〒_________
発送先住所:________________________________________
メールアドレス:______________________________
連絡の取れる電話番号:_________________________

バルクヘッドマガジンへひとこと(質問、希望、提案、近況、批判、なんでもOKです)
________________________________________
________________________________________
________________________________________
________________________________________
________________________________________

============== キリトリ ==============

【お知らせ】
1. 申込は料金振込完了の時点で受付完了となります。先に振込完了された方から順番で発送いたします。
2. 申し込んだけれど編集部から返信メールが来ない、という方はお手数ですが連絡ください。返信は申し込み翌々日までに送っています。

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

前線通過後49erのみ実施。オークランド世界選手権初日成績

 12月3日、オークランド世界選手権初日は前線通過のため陸上待機となり、一時強風と大雨に見舞われました。前線通過後、天気は急激に回復して午後3時半に49er級だけが出艇。午後7時まで2レースおこなわれました。古谷信玄/八山慎司は7-17位で総合36位。高橋レオ/小泉維吹は、大会前に怪我した高橋の病状を踏まえて出場辞退となりました。(BHM編集部)


第1レースで7位を取った古谷信玄/八山慎司。2レースを終えて総合36位に位置しました

49er 参加85艇 2R終了時
1. GER Erik HEIL / Thomas PLOESSEL 3.0p
2. FRA Kévin FISCHER / Jauvin YANN 5.0p
3. NED Bart LAMBRIEX / Pim van VUGT 7.0p
4. POL Dominik BUKSAK / Szymon WIERZBICKI 8.0p
5. FRA Erwan FISCHER / Clément PEQUIN 8.0p
6. AUS William PHILLIPS / Sam PHILLIPS 10.0p
36. 古谷信玄/八山慎司 24.0p

49erFX 参加61艇
レースなし

ナクラ17 参加52艇
レースなし


昼過ぎに前線が通過する見込みからレース初日は朝から陸上待機


突然の大雨に選手たちは走って建物に避難します


雨雲が通り過ぎて快晴に。午後4時を過ぎてレース海面へ向かいました(オークランドの日没は午後8時過ぎです)


FX、ナクラはレース延期。初日は49er級だけがおこなわれました


本大会では解説付きのライブ中継がおこなわれています


第1レースは右展開から上位で上マークを回航した古谷/八山


風は軽風から一時的に強風に。強弱のあるブローコンディションでした


八山慎司(福岡大ヨット部卒)


古谷信玄(早稲田大ヨット部卒)


大会のメインスポンサーは韓国のヒュンダイ自動車。大会会場にはスポンサーカーがずらり並んでいます


クラブハウスにはクリスマスツリーが飾られています。南半球は夏のクリスマスです


第1レース(古谷/八山が出場したクラスの)ハイライトシーン

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

キールボートで戦うフリート&マッチレース「和歌山カップ」レポート

 11月29日〜12月1日に和歌山セーリングセンターで『第2回和歌山カップ』が開催されました。昨年から始まり今回で2回目となる和歌山カップ。本大会は、フリートレースによる予選シリーズとマッチレースによる決勝シリーズが行われ、最終成績は決勝シリーズの順位で決まります。(レポート・写真提供/和歌山カップ実行委員会)

 レース艇は、J/24を使用し、初めてキールボートに乗るセーラーにとって比較的乗りやすい船となるため、若手セーラーの参加も多く見受けられました。参加チームは今年も10チームのフルエントリーとなり、活気のある大会となりました。

 レース前日となる29日には練習会とルール講習会が行われました。今回、初めてJ/24に乗る選手やマッチレース未経験の選手もいるため、レース前のトレーニングの場として海上練習とルール講習会を設けました。

 この日は若手の5チームが練習会に参加し、上下ラウンディングやスタート練習を行いました。複数艇での練習のため、参加選手はレース同様の緊張感の中練習に取り組んでいました。


練習会のワンシーン。初めてJ/24に乗る選手もメキメキと上達していました

 朝から午後過ぎまで練習した後は、アンパイアの横山氏によるルール講習会が行われ、決勝シリーズでのマッチレースについて理解を深める良き場となりました。


講師の横山氏。今回の講習は初心者向けの内容となりマッチーレースのイロハを教えてもらいました


熱心に話を聞く参加選手。この講習会でルールへの理解を深めました

 そして始まるレース1日目は、10艇によるフリートレース形式での予選シリーズが行われました。この予選シリーズのフリートレースでは『アンパイア制フリートレース』を採用しています。アンパイアによるオンザウォータージャッジとなるため、抗議の判定がレース中にすぐに下されるシステムとなっています。

 この予選シリーズの結果をもって決勝シリーズの上位5チームと下位5チームの2グループに分けられるため、5位以内に入る事が一つのボーダーとなりました。

 レースは北〜北東の8〜12ノットのコンデションの中、テンポよく進行して予定していた6レースを消化しました。レース内容は、普段からJ/24やキールボートに乗っている選手が上位を走っていましたが、そんな中、今回初めてキールボートに乗った矢野チーム〈NKKW〉が後半順位を上げて、3位に食い込む活躍をしていました。


マーク際は混戦となり、白熱したレースが繰り広げられていました

◎予選シリーズの成績
1位 吉井稀世輝〈Siesta〉
2位 牧野碧依〈Connery〉
3位 矢野伸一郎〈NKKW〉
4位 森田栄納介〈WAILEA〉
5位 北詰有斗〈紀州ヨット少年団〉
6位 三苫稔尚〈Bela Sila〉
7位 加藤琢也〈志摩XO〉
8位 平野学志〈Mullet Attack〉
9位 前田真穂〈Kobe.Univ.〉
10位 田村昴士〈近畿大学〉

 レース後は恒例のウェルカムパーティーが行われ、参加者にはおでん、豚汁、しらす丼などが振る舞われました。料理を楽しみながらも選手が集まればヨット談義で盛り上がり、チーム間を越えて楽しい時間を過ごしていました。

 パーティーでは成績発表もあり、各レースの1位のチームには和歌山名産のみかんがトップ賞として渡されました。


人気のおでんには行列ができていました

 続く2日目は、マッチレースによる決勝シリーズが行われました。先日の予選の上位5チームと下位5チームの2グループに分かれてラウンドロビンが行われます。このラウンドロビンでの順位が最終成績となるため、勝ち星をどれだけ重ねられるかが重要となります。

 この日は風軸が北東〜北西〜南と風向が変化していったため、難しい運営と進行になりましたが、タイムリミットまでに予定されていた7フライトすべてを消化する事が来ました。


一時は無風になってしまい風待ちとなりました

  結果は、先日の予選で2位だった牧野チーム(Connery)が決勝シリーズで1位となり、優勝を決めました。


優勝した牧野チーム(Connery)得意のマッチレースで優勝を掴み取りました


惜しくも2位となった北詰チーム〈紀州ヨット少年団〉

 今大会は予定していた全てのレースを消化する事ができ、参加選手にとって満足してもらえる大会となりました。閉会式の後も、「来年も出場したい」と参加表明してくれる選手が多く、大会としても大いに盛り上がったと思います。

 来年も和歌山カップは開催されるので、また新たなセーラーが参加されることを楽しみにしています。


最後に全員で記念撮影。来年も多くのセーラーを待っています

第2回和歌山カップレース 最終成績
1位 牧野碧依〈Connery〉
2位 北詰有斗〈紀州ヨット少年団〉
3位 森田栄納介〈WAILEA〉
4位 矢野伸一郎〈NKKW〉
5位 吉井稀世輝〈Siesta〉
6位 加藤琢也〈志摩XO〉
7位 三苫稔尚〈Bela Sila〉
8位 田村昴士〈近畿大学〉
9位 平野学志〈Mullet Attack〉
10位 前田真穂〈Kobe.Univ.〉

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

大会前日、ニュージーランド・オークランド世界選手権フォトレポート

 12月3〜8日までニュージーランド・オークランドで「49er、FX、ナクラ17世界選手権」が開催されます。本大会は3種目合同開催で、40カ国/207艇が出場するビッグイベントです。東京五輪代表選考を兼ねる日本からは、次の選手が出場します。(BHM編集部)

49er男子 参加89艇
高橋レオ/小泉維吹(オークランド大/早稲田大)
古谷信玄/八山慎司(エス・ピー・ネットワーク)

49erFX女子 参加61艇
山崎アンナ/高野芹奈(ノエビア・日本体育大/ノエビア・関西大)
波多江 慶/板倉広佳(豊田自動織機)
原田小夜子/永松瀬羅(豊田自動織機)
松苗幸希/齊藤由莉(無所属/早稲田大)

ナクラ17男女混合 参加52艇
梶本和歌子/川田貴章(橋本総業ホールディングス/ミキハウス)
飯束潮吹/畑山絵里(エス・ピー・ネットワーク)
田中航輝/深沢瑛里(富士通)

◎49er、FX世界選手権
https://49er.org/event/2019-world-championship/
◎ナクラ17世界選手権
https://nacra17.org/events/2019-world-championship/


最近のヨットレースを象徴する環境保全を目的としたサステナビリティ。フラッグポールはアルミやプラスチック製品ではなく竹が使われています


この世界選手権が初イベントとなるヒュンダイ・マリンスポーツセンター。1階にレストラン、計測を兼ねる倉庫。2階にミーティングルーム、メディアルームがあります


49erFXの山崎アンナ/高野芹奈。2人は現役大学生です


大会前々日には日本49erチームの計測がおこなわれました


ハーバーにはいくつも自転車置場があります(とてもシンプルな作りです)


選手が飲用水として使うウォーターステーションも多数用意されています


12月1日におこなわれたオープニングセレモニー。ニュージーランドの先住民であるマオリによるトラディショナルな儀式でした


オープニングセレモニー。マオリが選手を先導して招き入れます


開会式に出席した小泉維吹選手。鼻と鼻を合わせるのがマオリのあいさつです


49erの古谷信玄/八山慎司。やることはやりました。準備万端です


参加賞はボトルとカップです


ランチ時だけオープンするトレーラブルのキッチンカー


他チーム同様、事前に長期のオークランド合宿をおこなった波多江 慶/板倉広佳


オークランド・ハウラキ湾コース図。予選・決勝はなんと10海面、メダルレースは2海面用意されています


大会前のオセアニア選手権でケガをした高橋レオ(右から3人目)。肋骨骨折と腎臓を損傷してしまいました


BHM編集長がオークランドに行くのは20年ぶりです。さっそくウエストヘブン・ヨットハーバーにあるニュージーランド・ヨットスコードロンへ行ってきました


ニュージーランド・ヨットスコードロンの2階にアメリカズカップがおごそかに飾られています


バイアダクトハーバーにある2021年アメリカズカップのエミレーツ・チームニュージーランドの基地


前アメリカズカップの優勝艇(あのサイクリング式グラインダー)が飾られています

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ

バルクヘッドマガジン・カレンダー2020の写真選考が大詰めです

 12月1日、バルクヘッドマガジン編集長はオークランドで撮影中ですが、2020年カレンダー制作は編集部と蜜に連絡を取りながら順調に進んでいます。ただいま編集部が選考に選考を重ね、採用写真がほぼ決定したところです。2020年カレンダーも例年以上にエキサイティングな内容になりそうです。完成までもうしばらくお待ち下さい。(BHM編集部)


カレンダー写真の選考業務に余念がないバルクヘッドマガジン編集部員(小6)

 カレンダー申し込みいただいたみなさん、ありがとうございます。申し込み後、編集部から入金案内を記載した返信メールを一両日中に送っています。届いていない方はbulkhead.info@gmail.comまでご連絡ください。

 カレンダーは【ご入金を確認した時点で予約完了】となり、予約された順番で発送していきます。いならまだクリスマスに間に合いますので、お早めにお申し込みください。


2020バルクヘッドマガジンカレンダー
写真サイズ:B6(縦128mm × 横182mm)

写真:12枚+表紙、裏表紙
価格:2000円/1部(消費税、送料別)
※送料は1〜2部120円、3〜4部180円、合計1万円以上は送料無料です。
※完売した時点で受付を終了させていただきます。

宛名:「2020カレンダー申し込み」
宛先:bulkhead.info@gmail.com

============== キリトリ ==============
(1)カレンダーを希望:______部

氏名:________________
年齢:________歳(任意です)
郵便番号:〒_________
発送先住所:________________________________________
メールアドレス:______________________________
連絡の取れる電話番号:_________________________

バルクヘッドマガジンへひとこと(質問、希望、提案、近況、批判、なんでもOKです)
________________________________________
________________________________________
________________________________________
________________________________________
________________________________________

============== キリトリ ==============

【お知らせ】
1. 申込は料金振込完了の時点で受付完了となります。先に振込完了された方から順番で発送いたします。
2. 申し込んだけれど編集部から返信メールが来ない、という方はお手数ですが連絡ください。返信は申し込み翌々日までに送っています。

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ