8月西宮で開催、台湾・中山大学ヨット部来日記念親善レース参加者募集

  • 23
  • Jun

 大阪大ヨット部は、2014年に創部80周年を迎えました。これを期に、国際感覚をもった人材育成に力を入れています。そして、国際交流を模索していたところ、台湾の国立中山大学と連携し、大学ヨット定期戦を行う事になりました。(文・写真提供/大阪大ヨット部)

2017-06-23_01
台湾の中山大学ヨット部を招待して、スナイプを使った親善ヨットレースが開催されます。みなさん、ぜひご参加ください

 8月21日から一週間、中山大学のヨット部員10名が来日し、阪大ヨット部と交流します。また、8月26日、兵庫県新西宮ヨットハーバーで親善レースを開催します。みなさまの多くの参加をお待ちしています。

 台湾・中山大学ヨット部来日記念親善レースの詳細は、下記に掲載されています。
大阪大学ヨット部ホームページ 国際交流ページ

台湾 国立中山大学ヨット部
 台湾では、太平洋戦争以降、国内外の情勢から海岸利用が長く制限されてきました。制限解除後は台湾でも日本同様、ヨット競技を通した人材教育が始まりました。

 ジュニア選手(小中学生)の活動は徐々に拡大しています。しかしながら、ヨット部をもつ大学は4校だけに留まり、育ってきたセーラーの卵たちは、大学で競技ができず、断念するか他のスポーツに移っていくのが現状です。

 その中で最も発展の兆しがあるのが、台湾高雄市にある国立中山大学です。部員は20名ほどですが、レーザー級を使った競技を続けています。

2017-06-23_02
中山大学ヨット部のメンバー

2017-06-23_03
中山大学ヨット部の練習風景。普段はレーザー級で練習しています

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ