49erFX日本の実力と期待。リオ五輪テストイベント4日目

  • 19
  • Aug

 8月18日、リオ五輪テストイベント4日目。朝から晴れ渡り、気温が上昇したリオデジャネイロは風なく陸上待機に。午後2時過ぎになって弱い南西風が入り、一部のクラスからレース海面へ。しかし、その風も長続きせず、49erFX、RS:X級男女、レーザー&ラジアルだけがレースをおこない、470級男女は海に出ることなく1日を終えました。(BHM編集部)

4J5A9531
49er級FXの松苗幸希/原田小夜子。中盤までトップに迫る快走をみせました。photo by Junichi Hirai

 本日の注目は、49er級FXの松苗幸希/原田小夜子(ガルフネット)です。スタートは出遅れたものの、逃げた右海面で伸ばし、1上マークを3位回航。さらに1下ではトップに僅差で続く2位回航で(編集長を)驚かせました。風は3〜5メートル程度、もっとも岸寄りの海面で49erFXのレースはおこなわれました。こうしたライトコンディションなら勝機があります。

 しかし、2度めのアップウインドで松苗/原田は順位を落とし、最終11位へ後退してしまいました。順位を落としたのは残念ですが、彼女たちはキラリとひかるレースを見せてくれました。

 49er級FXはロンドン五輪の後で採用が決定し、リオ五輪から実施されるあたらしい種目です。海外では470級女子から転向する選手、あらたに始める選手がこの種目に参入して、女子の花型種目になりつつあります。現在、トップを走るスキッパーのマルチーヌ・グラエル(BRA)や2位のジュリア・コンティ(ITA)は、ロンドンまで470女子で活躍していた選手です。

 オリンピックでスキフ女子を採用する流れは、ロンドン以前からありましたが、正式に採用されたことにより、各国はこぞってこの種目に挑戦するようになりました。特にデンマーク、ドイツなどは国内の戦いが熾烈で、複数チームがワールドカップの上位に名を連ねます。

 松苗/原田は日本代表としてテストイベントに出場していますが、日本国内でも数チームがリオを目指して活動を開始しました。この流れは他国に比べて1、2年遅いスロースタートといえます。6月におこなわれた江の島オリンピックウィークは、(五輪出場を本格的に目指すチームの)実質はじめてのレースとなり松苗/原田が優勝しましたが、彼女たちの実力が抜き出ているわけではありません。

 松苗/原田の順位は現在19カ国中18位。これはいまの日本の現実的で順当な成績です。きびしさを感じながらも、本日のようなレース内容をみると、豊富な伸びしろを感じたのも事実です。49er級FXは、11月にアルゼンチンで開催される世界選手権、そして来年3月アブダビのアジアカップがアジア大陸枠の最終選考になります。この2大会で五輪出場国枠を獲得できるかが勝負です。リオ、そして東京五輪へ向けた日本49erFX女子の成長を期待したいと思います。

7Z7A3762
陸上待機になったため選手たちは木陰でリラックス。風が吹くのをじっと待ちます。photo by Junichi Hirai

7Z7A3767
公式掲示板。マリーナの端にあるので「遠すぎる」という不満の声も。photo by Junichi Hirai

7Z7A3771
掲示板には地元の天気予報と潮流の資料が掲示されています。ロンドンではJOCのマルチサポート事業として海面調査していましたが、リオ五輪ではロンドンのような本格的な調査はおこなわれていません。photo by Junichi Hirai

7Z7A3778
RS:X級の富澤慎と須長由季。風待ち中、お互いに詳細なレースに関する情報を交換し合っていました。photo by Junchi Hirai

4J5A9356
他クラスに先行しておこなわれた49er級FXのスタート。photo by Junichi Hirai

4J5A9938
リオに来るのは昨年のテストイベントに続いて2度目。「RS:Xはレース海面が決まっていて外海ではやりません。でも潮がキツく陸の影響を受ける風で特徴的。レース海面の癖を読み解くのが鍵になる」と須長由季。photo by Junichi Hirai

4J5A9724
RS:X級男子のスタート。photo by Junichi Hirai

4J5A9807
リオに来て3日目に練習中に首を痛め、しばらく動けなかったという富澤 慎。パンピングに力が入らず苦戦していましたが、ようやく首の故障も回復しました。「結果よりも来年に向けてしっかり海面を調査をしたい」(富澤)

7Z7A3788
テストイベント期間中も新マリーナの建設工事が進んでいます。リオ五輪セーリング競技のメインとなる建物です。photo by Junichi Hirai

7Z7A3752
ブラジルでもニュースになっている五輪海競技の汚染問題。町や下水設備の遅れているファベーラと呼ばれる貧民街から流れ出る生活排水がグアナバラ湾に流れ込んでいます。水の巡回しないマリーナの奥は特にひどい匂いで、水に浸かりたくありません。しかし、一定の水域を過ぎ、沖に出るにつれで水は澄んでいきます。出着艇するマリーナ周辺は改善してもらいたいですが、レース海面は支障ないように思えます。photo by Junichi Hirai

4J5A3846
これは海のゴミを拾う専用船。前方についた網でざっくりとゴミを拾い上げます。1日海に出てゴミを拾っていました。「去年に比べたらゴミはかなりなくなりました。ビニール袋みたいなゴミが浮いていないわけではありませんが、この程度は日本でもあります」(須長)。「ゴミのことはレース中意識していません。北京五輪の前に大発生していた藻に比べたらマシです」(富澤)。photo by Junichi Hirai

◎ISAF Aquece Rio International Sailing Regatta 2015
http://www.sailing.org/olympics/rio2016/home
◎Aquece Rio
http://www.aquecerio.com/

470級男子 参加22艇
1. USA Stuart Mcnay / David Hughes 6-2-1-(9) 9.0p
2. SWE Anton Dahlberg / Fredrik Bergstrom 2-(11)-4-4 10.0p
3. CRO Sime Fantela / Igor Marenic 3-(7)-7-1 11.0p
9. JPN 土居一斗/今村公彦 11-5-5-(23) 21.0p

470級女子 参加18艇
1. CHN Shasha Chen / Haiyan Gao 1-3-2-(13) 6.0p
2. USA Anne Haeger / Briana Provancha 2-2-3-(6) 7.0p
3. GBR Hannah Mills / Saskia Clark 6-1-(10)-1 8.0p
7. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 (19)-10-6-4 20.0p

49er級男子 参加20艇
1. NZL Peter Burling / Blair Tuke 2-6-1-(12)-1-1 11.0p
2. AUT Nico Delle – Karth / Nikolaus Resch 5-2-7-2-4-(11) 20.0p
3. ESP Diego Botin / Iago Lopez Marra 1-4-8-5-(10)-4 22.0p
13. JPN 牧野幸雄/高橋賢次 12-12-11-(14)-8-13 56.0p

49er級FX女子 参加19艇
1. BRA Martine Soffiatti Grael / Kahena Kunze (20)-3-2-2-3-1 11.0p
2. ITA Giulia Conti / Francesca Clapcich 1-2-3-(10)-4-2 12.0p
3. ARG Victoria Travascio / Maria Sol Branz 2-(7)-4-1-5-6 18.0p
18. JPN 松苗幸希/原田小夜子 17-(19)-16-17-11-13 74.0p

レーザーラジアル級女子 参加28艇
1. LTU Gintare Volungeviciute Scheidt (10)-3-8-1-7-1 20.0p
2. USA Paige Railey 13-1-(29)-2-8-3 27.0p
3. GBR Alison Young (21)-14-3-3-14-6 40.0p
14. JPN 土居愛実 1-(21)-16-16-13-17 63.0p

RS:X級男子 参加28艇
1. CHN Aichen Wang 4-1-1-1-2-(5)-1-1 11.0p
2. FRA Pierre Le Coq 1-6-5-3-3-(9)-5-8 31.0p
3. ESP Ivan Pastor Lafuente (29)-3-3-7-4-7-3-5 32.0p
21. JPN 富澤 慎 20-19-19-(25)-20-25-15-16 134.0p

RS:X級女子 参加20艇
1. POL Malgorzata Bialecka 3-2-3-5-4-(8)-4 21.0p
2. FRA Charline Picon 1-7-6-2-11-1-13 28.0p
3. ESP Blanca Manchon 4-4-5-7-2-6-(21) 28.0p
16. JPN 須長由季 17-(20)-10-8-18-15-14 82.0p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ