470ワールド、土居/木村が12位へ。メダルレース出場を掛け決勝シリーズ最終日へ

  • 14
  • Jul

 7月13日、ギリシア・テッサロニキ「470級世界選手権」4日目。厳しい暑さが続くテッサロニキは本日も風弱く、午後3時過ぎまで陸上待機。その後、出艇しますが、1レース目が終わると徐々に風が落ち、ゴールドフリートは1レースのみ。シルバーフリートは2レース実施しました。(BHM編集部)

CH6I7498
ワールド4日目。磯崎/高柳(SPN)は日本チームの成長を見せる見事な戦いで2位フィニッシュを決めました。「これまでは自分のミスがあった。ミス1つで10艇ぐらいに抜かれてしまう。きょうはミスなく走れました」(磯崎)。photo by Junichi Hirai

 大会4日目は日本が好レースを見せました。現役大学2年生女子コンビの田中美紗樹/工藤彩乃は、右展開からトップグループで上マークを回航。辛くも順位を保守しながら4位フィニッシュを果たしました。

 男子は、ようやく調子を取り戻した感のある磯崎哲也/高柳 彬が2位、土居一斗/木村直矢が3位と連続上位フィニッシュ。レース展開も見事で、磯崎/高柳は、全体力を消耗する激しいパンピングバトルでも世界に引けを取りません。

 土居/木村は総合12位へ上昇。今期のチームアビームはヤマハチームと協力体制にあり、複数回のオーストラリア合宿、イエール・ワールドカップ、モナコ・ヨーロッパ選手権、ドイツ・キールウィークでトレーニングを積みました。「明日も自信を持って走ります!」という木村の力強い言葉で、メダルレース進出を目指します。

 軽風シリーズとなっている本大会。男子スウェーデン、女子はポーランドが飛び出しています。14日は決勝シリーズ最終日で、ゴールドフリートは3レース予定されています。日本チームはメダルレース進出なるでしょうか? みなさん、注目しましょう!

テッサロニキ470級世界選手権成績
男子 72艇 8レース終了時
1. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTROM 12p
2. AUT David BARGEHR / Lukas MAHR 20p
3. AUS Mathew BELCHER / Will RYAN 24p
12. 土居一斗/木村直矢 65p
14. 神木 聖/疋田大晟 73p
17. 市野直毅/長谷川孝 85p
19. 磯崎哲也/高柳 彬 94p
20. 今村 亮/外薗潤平 97p
30. 高山大智/今村公彦 118p
シルバーフリート 9レース終了時
37. 出道耕輔/中川大河 72p
39. 小泉颯作/野田友哉 95p

女子 60艇 8レース終了時
1. POL Agnieszka SKRZYPULEC / Irmina MROZEK GLISZCZYNSKA 18p
2. GBR Hannah MILLS / Eilidh MCINTYRE 31p
3. SLO Tina MRAK / Veronika MACAROL 34p
21. 田中美紗樹/工藤彩乃 86p
シルバーフリート 9レース終了時
43. 宇田川真乃/関 友里恵 121p
46. 山本佑莉/斎藤由莉 138p
49. 林 優季/西代 周 155p

◎テッサロニキ470級世界選手権
http://2017worlds.470.org/
◎470世界選手権フォトギャラリー(BHMフェイスブック)
https://www.facebook.com/bulkheader

CH6I6729
トップグループで走る田中美紗樹/工藤彩乃(早稲田大/日本大)。photo by Junichi Hirai

CH6I6638
クラブハウスではビデオ映像が上映されています。photo by Junichi Hirai

CH6I7550
総合12位へ上がった土居一斗/木村直矢(チームアビーム)。photo by Junichi Hirai

CH6I7770
初めての世界選手権で決して悪い内容ではありませんが、中位置から抜け出したい今村 亮/外薗潤平(一宮グループ/九州旅客鉄道)。総合20位。photo by Junichi Hirai

CH6I7391
苦手な軽風に苦しみながらも成績を上げてきた高山大智/今村公彦(Yamaha Sailing Team Rev’s)。微軽風の戦いは今後の課題になるでしょう。photo by Junichi Hirai

CH6I7824
男子トップのスウェーデン。あきらかにボートスピードがあり、コースもテッサロニキの風にベストマッチしています。photo by Junichi Hirai

CH6I6811
総合21位の田中美紗樹/工藤彩乃。photo by Junichi Hirai

7Z7A0751
午後6時前に最終レースがスタートしましたが、途中風がなくなってノーレースに。photo by Junichi Hirai

7Z7A0804
毎日猛暑が続く470ワールド。地元ギリシア人に「この暑さは特別なの?」とに聞いたところ、「いつもこんな感じ。アテネはもっと暑い」と言われました。photo by Junichi Hirai


470世界選手権4日目ダイジェスト映像

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ