470ジャパン、好調の波をつかめ!マヨルカ島プリンセスソフィア杯2日目

  • 29
  • Mar

 3月28日、プリンセスソフィア杯2日目。太陽が降り注ぐパルマ・デ・マヨルカ沖は風弱く、午前中は陸上で待機。約1時間の風待ちをした後、シーブリーズに変わるのを待って出艇しました。大会2日目に爆発したのは470ジャパンです。磯崎哲也/高柳 彬のトップフィニッシュをはじめ、日本男子勢がシングルを連発。順位を一気に上げる好レースを見せました。(BHM編集部)

CH6I3706
写真右端は第3レース、1上マークをトップ回航する磯崎哲也/高柳 彬。photo by Junichi Hirai

 ワールドカップ・マイアミ大会で銀メダルを獲得した磯崎/高柳は、パルマ・デ・マヨルカでも好調です。トラピーズ・コンディションまであがった第3レースでは、第1上マークをトップ回航すると、だんだん風が落ちていく不安定な中でも冷静に後続を抑え、本大会初のトップフィニッシュを決めました。

「トラピーズに出るぐらいの風域が、いちばんスピードに自信があります。きょうは、スタートもよく理想的な展開でした。今年の目標は全ての国際大会でメダルレースに進出すること。まずは、ゴールドフリートに残り、マイアミに続く表彰台を目指したい」(磯崎哲也)

 470級男子は2レースおこなわれ、磯崎/高柳は1-6位(総合6位)、市野直毅/長谷川孝3-24位(総合12位)、小泉颯作/野田友哉は4-4位(総合20位)、今村 亮/外薗潤平6-3位(総合23位)となっています。

 470級男子は、昨日紹介したフォーマットの変更により、大会3日目6レースを終えた時点で上位20位までがゴールドフリートに進出します。日本勢はまずゴールドフリートに残留することがメダルへの条件。大会3日目の戦いが注目されます。

 また、他クラスでも日本チームは目立った活躍をみせ、470級女子のマリア・ギャレゴ/吉岡美帆は13位へ浮上。五輪代表の吉岡美帆は、クルーワークの向上を目的にリオ五輪まで活動していたスペイン人スキッパー、マリア・ギャレゴと組んでスポット参戦しています。吉岡は、レースだけでなく、船の運搬やレース準備をすべて日本人1人で担当する等、ひとまわり成長した姿をみせています。

CH6I3842
6位にあがった磯崎/高柳。昨年までは国内トレーニング中心で活動。今冬はJSAFオリンピック強化委員会による長期間の座間味合宿に参加しました。photo by Junichi Hirai

7Z7A1412
写真の今村/外薗、そして磯崎は日本経済大の卒業生で、高柳、野田は現役3年生。ハーバーや海上の雰囲気は同大学が合宿しているようです。photo by Junichi Hirai

7Z7A1213
マイアミに続いて国際大会出場2度目、プリンセスソフィア杯には初出場となる小泉颯作/野田友哉。初日45位から20位に急上昇しましたが、小泉は冷静に第4レースで順位を落としてフィニッシュしたことを悔やんでいました。photo by Junichi Hirai

7Z7A0931
吉岡美帆はスペインのマリナ・ギャレゴと臨時チームで出場しています。「今回は成績にこだわらずクルーの経験を積みたい」と吉岡美帆。photo by Junichi Hirai

7Z7A0952
49erFXに出場する最年少コンビ、山崎アンナ/高野芹奈(写真右)。初の国際シニア大会にもかからわず、物怖じすることなく暫定13位につける健闘を見せています。photo by Junichi Hirai

7Z7A1329
東京五輪を目指す新チームが登場する一方、リオからの継続組として市野/長谷川が出場しています。現在12位。photo by Junichi Hirai

7Z7A1546
プリンセスソフィア杯のシンボル、パルマ大聖堂を背景に走るRS:X級。photo by Junichi Hirai

7Z7A1739
大会2日目、微風パンピング勝負となったRS:X級男子に出場する倉持大也、池田健星。きびしい戦いが続いています。photo by Junichi Hirai

CH6I3660
プリンセスソフィア杯がW杯と違うのは、オリンピックだけを優先したソリッドなイベントでないところです。フィン級にはベテランセーラーも出場しています。これがまたかっこいい!photo by Junichi Hirai


プリンセスソフィア杯 2日目ダイジェスト。映像提供/レイラインメディア


プリンセスソフィア杯大会2日目 公式デイリー映像

第48回プリンセスソフィア杯 2日目成績
470級男子 参加56艇
1. RUS Pavel SOZYKIN / Denis GRIBANOV 5p
2. USA Stu MCNAY / Dave HUGHES 6
3. BRA Geison MENDES / Gustavo THIESEN 8p
6. 磯崎哲也/高柳 彬 13p
12. 市野直毅/長谷川孝 18p
20. 小泉颯作/野田友哉 27p
23. 今村 亮/外薗潤平 30p

470級女子 参加42艇
1. NED Afrodite ZEGERS / Anneloes VAN VEEN 6p
2. CHN Mengxi WEI / Yani XU 7p
3. ESP Silvia MAS DEPARES / Patricia CANTERO 7p
13. Marina GALLEGO / 吉岡美帆 21p

レーザーラジアル級女子 参加84艇
1. NED Maxime JONKER 4p
2. GBR Alison YOUNG 7p
3. FIN Tuula TENKANEN 8p
42. 土居愛実 52p

レーザー級男子 参加134艇
1. KOR Jeemin HA 4p
2. ESP Joel RODRIGUEZ 4p
3. GBR Nick THOMPSON 6p
29. 樋口 碧 30p
57. 瀬川和正 49p
71. 北村勇一朗 62p

49er級男子 参加59艇
1. ESP Diego BOTIN LE CHEVER / Iago LOPEZ MARRA 12p
2. GBR James PETERS / Fynn STERRITT 17p
3. BEL Yannick LEFEBVRE / Tom PELSMAEKERS 24p
48. 古谷信玄/八山慎司 96p

49erFX女子 参加30艇
1. Victoria JURCZOK / Anika LORENZ 11p
2. NOR Helene NÆSS / Marie RØNNINGEN 5p
3. SIN Kimberly LIM / Cecilia LOW 21p
13. 山崎アンナ/高野芹奈 59p

RS:X級女子 参加58艇
1. Marina ALABAU 5p
2. RUS Stefania ELFUTINA 9p
3. ITA Marta MAGGETTI 10p
35. 小嶺恵美 41p
36. 伊勢田愛 42p

RS:X級男子 参加96艇
1. POL Pawel TARNOWSKI 5p
2. ESP Ivan PASTOR LAFUENTE 9p
3. ITA Mattia CAMBONI 10p
79. 倉持大也 91p
83. 池田健星 94p

◎48 Trofeo Princesa Sofia IBEROSTAR
http://www.trofeoprincesasofia.org

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ