3日連続ド強風、予選終了イエールSOF

  • 25
  • Apr

 4月24日、イエールSOF(フランスオリンピックウィーク)大会3日目も強風。午後にはレースができなくなるまで吹き上がると判断したレース委員会は、スタート時間をはやめ、9時スタートでおこなわれました。470級男子の原田/吉田は、トップフィニッシュも決めて総合11位へアップ。ほか男子ナショナルチームもゴールドフリートへ進出。チーム初参加となる飯束/八山は、ワールドカップの手痛い洗礼を受け、シルバーフリートへ甘んじることになりました。(BHM編集部)


81艇が参加しているレーザーラジアル級

 毎冬、沖縄・座間味特訓で鍛えてきたアビーム男女は、強風でも世界のトップと互角以上の戦いを見せています。470級女子の近藤/田畑も依然メダル圏内を保守。日本の弱点とされていた強風+サバイバルセーリングは、アテネ後からはじまった座間味トレーニングで完成された、といえそうです。小松一憲コーチの強風克服理論と取り組み方法が、あきらかな結果としてあらわれています。

 また、すでに日本代表を決めているRS:X級女子の須長は13位と健闘しています。しかし、トップ選手の参加が少ない大会でもあるため、10位以内に入り、メダルレース進出することがひとつのハードルとなるでしょう。大会3日目が終わり、明日から決勝シリーズがはじまりますが、レーザー級、レーザーラジアル級は、今年も上位グループのゴールドフリートに進むことはできませんでした。


初日の大失点がカットされ11位へアップした原田/吉田


松永/今村。今回はいまひとつ冴えません

470級女子 参加48艇
1. WESTERHOF / BERKHOUT 2-1-1-2-1-(6) 7p
2. 近藤 愛/田畑和歌子 1-2-(10)-6-3-2 14p
3. CLARK / SARAH 3-(11)-3-4-2-4 16p
12. 吉迫由香/大熊典子 13-8-21-(26)-7-10 59p

470級男子 参加82艇
11. 原田龍之介/吉田雄悟 12-(OCS)-2-9-1-6 31p
30. 前田弘樹/野呂英輔 12-9-22-13-18-(27) 74p
33. 松永鉄也/今村公彦 10-15-17-21-17-(22) 80p
63. 飯束潮吹/八山慎司 27-32-26-23-26-(34) 135p

49er級 参加56艇
45. 牧野幸雄/高橋賢次 (DNF)-11-22-23-DNF 85p

スター級 参加25艇
13. 鈴木國央/ 和田大地 10-11-17-13 51p

レーザー級男子 参加106艇
48. 安田真之助 12-1617-11-(25)-16 71p
70. ホール・イアン 21-21-19-22-(28)-20 103p

レーザーラジアル級女子 参加81艇
48. 松苗幸希 (28)-22-23-25-23-14 109p
49. 土居愛実 29-(DNF)-26-21-16-20 112p
53. 原田小夜子 32-27-(33)-22-29-19 129p

RS:X級女子
13. 須長由季 12-9-6-(14)-13-12 52p
33. 伊勢田愛 (36)-33-30-35-35-23 152p
36. 小嶺恵美 33-(DNF)-34-30-36-32 165p


レーザーラジアル級で驚異的な得点を重ねる首位のGBRのYOUNG Alison。6レースが終わっても、成績表には1位と2位しか並んでいません。ラジアル級がウィークポイントのGBRですが、五輪本番までに仕上げてきそうです


連日の強風セーリングから笑顔に疲労感がみられる日本ラジアル女子と栄樂コーチ


海外トレーニングで力をつけてきた須長


日本49erチーム(牧野/高橋)インタビューです

◎Semaine Olympique Française
http://sof.ffvoile.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ