2019年2月開幕、AC艇によるグランプリレガッタ「SAILGP」発表

  • 05
  • Oct

 10月4日、フォイリングカタマランによるワールドツアーが発表されました。このイベント「SAILGP」はラリー・エリソン、ラッセル・クーツが手がけるワールドツアーで、第35回アメリカズカップで採用されたAC50を改良したF50で競われます。(BHM編集部)

 2019年2月に始まるSailGPは、オーストラリア、中国、フランス、イギリス、日本、アメリカから6チームが出場。アメリカズカップ艇AC50を再設計、さらに最先端の技術が投入され、F50として生まれ変わりました。

 みなさんご存知のようにエミレーツ・チームニュージーランドの勝利により、第36回アメリカズカップは2021年3月にニュージーランドで開催されることになりました。この大会で採用されるのは、新開発されている75フィート・モノハル・フォイル艇(AC75)で、すでにニュージーランド、イタリア、イギリス、アメリカがエントリーしています。

 SAILGPは前アメリカズカップの流れを継続・進化させたもので、ラリー・エリソン、ラッセル・クーツが目標にしていた興行的成功をも視野に入れたヨットレースの発展的イベントといえます。最終戦のマルセイユではトップ2チームによるマッチレースで賞金100万ドルを争います。


SAILGP 開催日程
Sydney, Australia 15-16 February
San Francisco, USA 4-5 May
New York, USA 21-22 June
Cowes, Great Britain 10-11 August
Marseille, France 20-22 September

 そして、わたしたちが気になるのは公式に発表された日本チームの参戦です。14日にロンドンでおこなわれたSAILGPのイベントでは、イギリスチームのメンバーが発表されました。日本チームの内情も近いうちに発表されるでしょう。たのしみです!


AC50よりも15%の性能向上、最高速50ノット超が期待されるワンデザイン艇F50。全長:15メートル、横幅:8.8メートル、ウイングセール:24メートル、クルー5名:ヘルムスマン・ウイングトリマー・フライトコントローラー、グラインダー(2名)。体重制限:438キロ。F50は40フィートコンテナで各地へ輸送され、48時間で組み立てられるとのこと


SAILGP プロモーション映像

◎SAILGP
https://sailgp.com/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ