2016年オリンピックへ向けてリオ五輪テストイベント閉幕

  • 23
  • Aug

 8月22日、リオ五輪テストイベント最終日。前日までに全10種目のうち7種目が終了し、残すは470級男女とナクラ17級、フィン級のメダルレースのみ。午後からおこなわれたメダルレースのフィニッシュラインは海岸ギリギリに設けられていました。こうしたコース設置も本番の予行練習のようです。(BHM編集部)

4J5A8185
メダルレースはフランスがトップフィニッシュ。前日トップのクロアチアは総合3位へ後退しました。photo by Junichi Hirai

 9位でメダルレースに進んだ470級男子の土居一斗/今村公彦は、風下一番のスタートを狙いますが、数秒前にラインを飛び出してリコール。スタートをやり直して右海面へ出し、7位まで追い上げてフィニッシュし、総合9位のままテストイベントを終えました。

 男子は日本と同じくリコールしてスタートし直したクロアチアが大きく崩し、1位でフィニッシュしたフランスが総合2位へ、着順2位のオーストラリアが逆転優勝を飾りました。クロアチアは3位へ後退。メダルレースが演出する逆転劇の魅力満載のレースとなりました。

 470級女子は、風下ピンエンドから出た吉田 愛/吉岡美帆が風上マークを2位でまわりフリートを牽引しましたが、二度目のアップウインドで風が大きく落ちて混戦に。吉田/吉岡は順位を落として6位フィニッシュ、総合10位で大会を終えました。

4J5A8115
土居一斗/今村公彦はリコール解消でリスタート。追い上げて7位フィニッシュしました。photo by Junichi Hirai

7Z7A5865
風下で好スタートした女子の吉田 愛/吉岡美帆。photo by Junichi Hirai

4J5A8543
吉田/吉岡は総合10位でテストイベントを終えました。photo by Junichi Hirai

◎リオ五輪テストイベント 日本選手の成績
470級男子 参加22艇中9位 土居一斗/今村公彦
470級女子 参加18艇中10位 吉田 愛/吉岡美帆
49er級男子 参加20艇中15位 牧野幸雄/高橋賢次
49er級FX女子 参加19艇中18位 松苗幸希/原田小夜子
レーザーラジアル級女子 参加28艇中14位 土居愛実
RS:X級男子 参加28艇中20位 富澤 慎
RS:X級女子 参加20艇中16位 須長由季

 リオ五輪テストイベントは、テストイベントらしく淡々と爽やかに閉幕しました。全日程を取材したバルクヘッドマガジンの感想は、世界と日本の差を埋めるきびしさを感じています。

 現時点の日本の実力は、メダルを争うステージに達していません。本大会で最も良い成績を残している470級でも入賞圏外なのが、いまの日本の実力と認識しなければなりません。

 日本は世界で最も470級が普及している国です。しかし、世界のトップに立つまでには強豪国との間に差があります。わずかな差ではありますが、この差を埋めることは非常にむずかしいものです。

 かつて、470は日本のお家芸、と呼ばれた時期がありましたが、いまは、そうではありません。日本選手のレベルは上がっていますが、世界のレベルはそれ以上にあがっているのです。

 リオ五輪まで残り1年、東京五輪まで5年。この短い期間で日本が結果を出すにはどうしたらよいのか。しっかり考え、行動していかなければいけないと感じました。

7Z7A5960
470女子優勝はアメリカです。アメリカ女子はウルマンセイルの創設者、デイブ・ウルマンがコーチを務めています。photo by Junichi Hirai

4J5A7716
ナクラ17級はオーストラリアが優勝。ガッツポーズでフィニッシュラインを切りました。photo by Junichi Hirai

4J5A7843
フィン級はイギリスのジルズ・スコットが逆転勝利。リオ五輪の金メダル候補筆頭です。photo by Junichi Hirai

7Z7A6056
ビーチでおこなわれたメダルセレモニー。470級男子優勝はオーストラリア、2位フランス、3位クロアチア。photo by Junichi Hirai

4J5A7611
グアナバラ湾の水質問題は残されていますが、リオの人たちはビーチでめいっぱい泳いでいます。photo by Junichi Hirai

◎ISAF Aquece Rio International Sailing Regatta 2015
http://www.sailing.org/olympics/rio2016/home
◎Aquece Rio
http://www.aquecerio.com/

470級男子 参加22艇
1. AUS Mathew Belcher / William Ryan 1-6-8-7-(23)-3-1-1-14-4 45.0p
2. FRA Sofian Bouvet / Jeremie Mion 5-3-6-3-6-9-(14)-4-9-2 47.0p
3. CRO Sime Fantela / Igor Marenic 3-7-7-1-1-2-5-(9)-8-18 52.0p
9. JPN 土居一斗/今村公彦 11-5-5-(23)-14-1-7-5-7-14 55.0p

470級女子 参加18艇
1. USA Anne Haeger / Briana Provancha 2-2-3-6-2-3-3-7-(8)-8 36.0p
2. GBR Hannah Mills / Saskia Clark 6-1-(11)-1-3-1-2-4-5-20 43.0p
3. NZL Jo Aleh / Polly Powrie 4-(12)-5-9-11-8-1-1-3-4 46.0p
10. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 (19)-10-6-4-14-4-19-6-12-12 87.0p

49er級男子 参加20艇
1. NZL Peter Burling / Blair Tuke 2-6-1-(12)-1-1-4-1-4-1-8 29.0p
2. AUT Nico Delle Karth / Nikolaus Resch 5-2-7-2-4-(11)-5-3-6-2-4 40.0p
3. GER Erik Heil / Thomas Ploessel 15-8-(18)-1-3-3-1-4-9-4-12 60.0p
15. JPN 牧野幸雄/高橋賢次 12-12-11-(14)-8-13-10-14-13-12 105.0p

フィン級 20艇
1. GBR Giles Scott 44.0p
2. FIN Tapio Nirkko 47.0p
3. NED Pieter-Jan Postma 51.0p

49er級FX女子 参加19艇
1. BRA Martine Soffiatti Grael / Kahena Kunze (20)-3-2-2-3-1-6-11-2-14-8 52.0p
2. ITA Giulia Conti / Francesca Clapcich 1-2-3-10-4-2-7-2-(20)-4-20 55.0p
3. SWE Lisa Ericson / Hanna Klinga (18)-9-9-4-1-3-4-4-3-7-16 60.0p
18. JPN 松苗幸希/原田小夜子 17-(19)-16-17-11-13-8-13-(20)-16 130.0p

ナクラ17級 参加17艇
1. AUS Jason Waterhouse / Lisa Darmanin 47.0p
2. FRA Billy Besson / Marie Riou 52.0p
3. NED Mandy Mulder / Coen de Koning 60.0p

レーザー級 参加38艇
1. ITA Francesco Marrai 64.0p
2. FRA Jean Baptiste Bernaz 70.0p
3. AUS Tom Burton 72.0p

レーザーラジアル級女子 参加28艇
1. LTU Gintare Volungeviciute Scheidt 10-3-8-1-7-1-9-(29)-6-6dpi 51.0p
2. BEL Evi Van Acker 15-13-4-4-4-(22)-2-2-3-10 57.0p
3. NED Marit Bouwmeester 2-6-10-(21)-17-12-7-4-7-4 69.0p
14. JPN 土居愛実 1-(21)-16-16-13-17-17-8-16 104.0p

RS:X級男子 参加28艇
1. CHN Aichen Wang 4-1-1-1-2-(5)-1-1-4-8 23.0p
2. GRE Byron Kokkalanis 7-(17)-6-2-6-1-10-4-2-4 42.0p
3. FRA Pierre Le Coq 1-6-5-3-3-(9)-5-8-1-14 46.0p
20. JPN 富澤 慎 20-19-19-(25)-20-25-15-16-5 139.0p

RS:X級女子 参加20艇
1. FRA Charline Picon 1-7-6-2-11-1-(13)-1-10 39.0p
2. POL Malgorzata Bialecka 3-2-3-5-4-8-4-(9)-18 47.0p
3. ESP Blanca Manchon 4-4-5-7-2-6-(21)-3-20 51.0p
16. JPN 須長由季 17-(20)-10-8-18-15-14-16 96.0p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ