2016年オプティミスト級世界選手権レポート・後編

  • 03
  • Aug

16.08.03_03
 6月25〜7月4日、ポルトガル・ビラモウラで開催された「オプティミスト級世界選手権」レポートの後編です。今年のワールドでは菅澤選手が18位、チームレースでも日本は活躍しました。レポートは、インターナショナル・メジャラーとして参加した荒川渡さんが、制作しました。後編も読み応えたっぷりです。前編、後編ともにダウンロードしてお読み下さい。(BHM編集部)

IODA世界選手権2016ポルトガル大会レポート(後編)ダウンロード

IODA世界選手権2016ポルトガル大会レポート(前編)ダウンロード

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ