2015テーザー和歌山ワールドメモリアルレガッタ・レポート

  • 11
  • Nov

 11月8日、和歌山セーリングセンターで「テーザー和歌山ワールドメモリアルレガッタ」が開催され、全国から10艇が参加しました。今回の参加艇は10艇中7艇が男女ペアでした。(レポート・写真/日本テーザー協会)

15.11.11_DSC05867
和歌山で開催されたテーザー和歌山ワールドメモリアルレガッタ。2009年世界選手権を記念して毎年開催されている大会です


 レースは前線通過の影響を受けたコンディションの中で行われ、風の振れに加えて強弱も激しく、艇のスピード維持に苦労する難易度の高いレガッタでした。

 第1レースはスタート直後に風が弱まりましたが、南東からのブローを最初に掴んだ艇が先行して渡辺/中野組がトップフィニッシュ。

 第2レースは一番強いブローでオーバーパワーになるほど風が上がりましたが風の振れと強弱差は相変わらず激しく、上マーク付近で左右どちらの風が支配的かを見誤ると一気に順位が落ちるような状況でした。そんな中、最終上マークで有利な左サイドからアプローチした軽部/軽部組が1位でフィニッシュしました。

 第3レースはさらに強いブローが入るようになった一方で風が極端に落ちるレグも存在して不安定さが増しました。このレースのトップは山村/山村組でした。

 パフラルが激しい風の中で回航順位がめまぐるしく入れ替わりましたが、山口レース委員長からの「3レースとも200度のマーク設定でした」という講評のように風軸は意外にも安定していたようです。

 結果3レースとも大きく崩さなかった中村/岡本組、渡辺/中野組、軽部/軽部組がそれぞれ1位〜3位入賞となりました。

 来年のテーザー全日本選手権は和歌山で開催することが決まっており、遠方から来た人には「来年の全日本にまた来てほしい」という想いで地元の清酒が提供されました。

 日本テーザー協会(JTA)では「ウェルカムキャンペーン」として、テーザーを始めるにあたっての艇の準備、練習環境などの相談に乗っています。お気軽にお問合せください。
http://tasarjapan.org/

 次の公式レースは2月21日に稲毛で開催されるミッドウィンターレガッタです。前日には、練習会を開催予定です。みなさまの参加をお待ちしています!

15.11.11_DSC06002
全員集合。今年は10チームが出場しました

15.11.11_01
テーザー和歌山ワールドメモリアルレガッタ成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ